パキラの生長点って? 剪定した枝を挿し木にして増やす方法

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

パキラの剪定をする際に知っておきたい「生長点」という言葉。間違えるとしばらく新芽が出てこないなんてことも…。パキラを剪定後、その枝を挿し木にして増やす方法と注意したい「生長点」についてご紹介します。

目次

パキラを剪定するタイミング

パキラの成長期は、初夏(7月頃)ですので、剪定はその前の5~6月に行うといいそうです。新芽がぐんぐん生えてきます!5月~6月以外でも生命力のあるパキラですので、春~秋の暖かい時期に剪定をしても大丈夫です。

パキラの生長期は初夏(7月頃)です。剪定はその前の5~6月に行いましょう。新芽がぐんぐん生えてきます!生命力のあるパキラですので、5月~6月以外でももちろん問題はありません。その場合は、真夏と真冬をさけた春か秋の暖かい時期に剪定しましょう。真夏と真冬は、生育旺盛なパキラと言えども、株に負担がかかってしまいます。

パキラ

  • パキラは原産地では熱帯の日当たりが良い場所に生育する常緑高木です。その高さは20mにもおよびます。大きく育った樹木には果実が実り、その種子は焼いて食用にされています。手を広げた様に放射状に広がる葉は5~7枚くらいのボート型をしており、つやがあります。棍棒状に肥大する幹がポイントで、観葉植物として流通するパキラは実生繁殖による細い幹のものと、挿し木による太い幹のものがあります。複数のパキラをよじって仕立てたものなど樹形のバリエーションも豊富です。

目次に戻る≫

パキラを剪定しよう!

パキラを剪定するタイミング

  • 葉が混み合って日光が当たらない枝がある。風通しも悪い。
  • 日当たりが悪い環境に置いておいたら、ヒョロヒョロの枝ができてしまった(徒長してしまった)。
  • 小さく仕立てたい。
  • 全体の樹形を整えたい。

パキラの剪定

今回は、剪定した枝を挿し木にして増やしたかったので、鋭くスパッと切れる剪定ハサミを準備しました!

今回は、剪定したパキラの枝を挿し木にして増やしたかったので、切れ味の良い剪定ハサミを準備しました。

 

徒長している枝があり、バランスが悪かったこともあり剪定することにしました。

徒長している枝があり、バランスも崩れてきていたので剪定することにしました。

 

徒長がさらにひどくなるとこんな姿になってしまいます。

徒長がさらにひどくなるとこんな姿になってしまいます。節と節の間が妙に間延びしたようになります。

 

パキラはガジュマルと同じように丸坊主にしても新芽が出てきますので、どこを切るかなどはあまり気にしなくても大丈夫ですが、成長点というものを知っておくと良いでしょう。赤丸の部分がパキラの成長点になります。

パキラはガジュマルと同じように丸坊主にしても新芽が出てくるくらい強健な観葉植物ですが、植物を剪定する前に生長点というものを知っておくと良いでしょう。赤丸の部分がパキラの生長点になります。

新しい枝や葉は生長点から出てきます!パキラを剪定するときに生長点を全て落としてしまうと、新芽が出てこなくなるので注意しましょう。

 

こんなふうに新しい小さな枝が出てきます。

こんなふうに新芽が出てきます。新芽のうちからパキラの葉の形をしています。

たとえ生長点を切り落としてしまってもパキラの生命力は強いので、より大きくなると生長点が再度形成されてきます。もしあまりに上の写真のように不格好な形になってしまったら、生長点は無視して、ばっさりと剪定してしまってもいいです。

 

今回は成長点の上からカットしました。

今回は生長点の上からカットしました。

 

他にも剪定したのは、葉が混み合っている箇所。

他にも剪定したのは、葉が混み合っている箇所。

 

うまく葉が隠れすぎないように剪定しましょう!

全体のバランスを見て、下の方の葉にも日光が当たるように考えながら剪定しましょう。

目次に戻る≫

 

 

\次はパキラを挿し木にしましょう!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「パキラの生長点って? 剪定した枝を挿し木にして増やす方法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ