ハイドロカルチャーへの植え替え方法と根腐れさせないコツ

持永久美子

持永久美子

33283views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

お家で育てている観葉植物。生長してきたからそろそろ植え替えたり株分けをしたりしないといけないな、という状態になっていませんか?

今回は、土植えから土を使わない「ハイドロボール」への植え替えの方法と「ハイドロカルチャー」の管理方法をご紹介します!

 

目次

ハイドロカルチャーとは?

ハイドロボールとは?

ハイドロボールを使った植え替え

ハイドロカルチャーの管理方法

 

ハイドロカルチャーとは?

「ハイドロ」は水という意味で、ハイドロカルチャーは水耕栽培のことを指します。水を好む植物を土を使わず、水で育てることです。その際、植物を安定させるために「ハイドロボール」と呼ばれる専用の用土がよく利用されます。
「ハイドロ」は水という意味で、ハイドロカルチャーは水耕栽培のことを指します。水を好む植物を土を使わず、水で育てることです。その際、植物を安定させるために「ハイドロボール」と呼ばれる専用の用土がよく利用されます。

 

ハイドロボールとは?

粘土を高温で焼いて発泡させたボール状の石のことです。石なので粒の中には細かい穴が沢山あります。その中に取り込まれた空気が根にとって大切な酸素の供給源になります。

ハイドロカルチャーのメリット

・ハイドロボールは無菌で匂いもないので清潔感があります。お部屋に土植えのものを置くのに抵抗がある方にもおすすめです。

・ガラスの容器なので育てるとお水の量が一目瞭然なので管理が簡単です。

・土とは違い、人工的な石なので洗って何度も繰り返し使えます。
・ハイドロボールは無菌で匂いもないので清潔感があります。お部屋に土植えのものを置くのに抵抗がある方にもおすすめです。  ・ガラスの容器なので育てるとお水の量が一目瞭然なので管理が簡単です。  ・土とは違い、人工的な石なので洗って何度も繰り返し使えます。

 

▼関連記事

 

ハイドロボールで植え替えしてみましょう!

材料

・ハイドロボール
・根腐れ防止剤(ミリオンAやゼオライト)
・ガラスなどの底穴が無い器
・観葉植物(今回はトラディスカンティア)
・ピンセットなど
・ハイドロボール ・根腐れ防止剤(ミリオンAやゼオライト) ・ガラスなどの底穴が無い器 ・観葉植物(今回はトラディスカンティア) ・ピンセットなど

 

植物の土を洗い落とします

植物の根の周りをほぐしながら余分な土を根を傷めないように注意しながらふるい落とします。
植物の根の周りをほぐしながら余分な土を根を傷めないように注意しながらふるい落とします。

 

さらに水を入れたボールやお皿などを利用し根に残った土をやさしく洗い落とします。
さらに水を入れたボールやお皿などを利用し根に残った土をやさしく洗い落とします。

 

気をつけていましたが一部枝が折れてしまいました…。そんな場合は折れた枝は水にさして水栽培で楽しみましょう。
気をつけていましたが一部枝が折れてしまいました…。そんな場合は折れた枝は水にさして水栽培で楽しみましょう。

 

根腐れ防止剤を入れます

容器の底に根腐れ防止剤を入れましょう。底が隠れる位の量を一面にひきます。
容器の底に根腐れ防止剤を入れましょう。底が隠れる位の量を一面にひきます。

 

ハイドロボールで植えていきます

ハイドロボールを使う前に軽く水洗いしておくと水の濁りが軽減されます。
ハイドロボールを使う前に軽く水洗いしておくと水の濁りが軽減されます。

 

容器の1/4位にハイドロボールを入れていきます。
容器の1/4位にハイドロボールを入れていきます。

 

植物の向きなどを確認し位置を決めたら少しずつハイドロボールを足していきます。
 植物の向きなどを確認し位置を決めたら少しずつハイドロボールを足していきます。

 

ピンセットなどで根の隙間にもハイドロボールが入るように軽くつつきながらならしていきます。ガラスベースなど外から中身が見える場合は出来るだけ根が見えないようピンセットで埋めていきます。
ピンセットなどで根の隙間にもハイドロボールが入るように軽くつつきながらならしていきます。ガラスベースなど外から中身が見える場合は出来るだけ根が見えないようピンセットで埋めていきます。

 

完成です!

さわやかな一鉢が出来上がりました。
さわやかな一鉢が出来上がりました。

目次に戻る≫

 

 

ハイドロカルチャーの管理方法

水の量が分かりやすいように家にある透明の器に植えたハイドロカルチャーの写真を使ってご説明します。水が空になった状態がこちら。
水の量が分かりやすいように家にある透明の器に植えたハイドロカルチャーの写真を使ってご説明します。水が空になった状態がこちら。

 

通常の水やりは上の写真のようにお水がなくなってから新しい水を入れるようにしましょう。お水の量の目安は容器の1/4~1/5位です。
通常の水やりは上の写真のようにお水がなくなってから新しい水を入れるようにしましょう。お水の量の目安は容器の1/4~1/5位です。

 

根は呼吸していますので水につかったままの状態が続くと酸素不足で根腐れの原因になります。必ず水がなくなってから加えるようにしましょう。水が常に溜まっている状態は根腐れ、カビ発生の原因になります。

置き場所は室内の明るい所で管理しましょう。直射日光など光が強すぎると葉焼けしたり、コケや藻が生えやすくなるので注意します。
根は呼吸していますので水につかったままの状態が続くと酸素不足で根腐れの原因になります。必ず水がなくなってから加えるようにしましょう。水が常に溜まっている状態は根腐れ、カビ発生の原因になります。  置き場所は室内の明るい所で管理しましょう。直射日光など光が強すぎると葉焼けしたり、コケや藻が生えやすくなるので注意します。

目次に戻る≫

 

今回使用したトラディスカンティア、葉の模様が絵の具で描いたような綺麗な色合いでうっとりです。これからの生長が楽しみです!
今回使用したトラディスカンティア、葉の模様が絵の具で描いたような綺麗な色合いでうっとりです。これからの生長が楽しみです!

 

いかがでしたか?

もっと気軽にお部屋で植物を取り入れてみたいけど、土はちょっと…と躊躇していた方、清潔で匂いもなく便利で簡単に植え替えが出来るハイドロボールを使ってみませんか?今が植え替えシーズンなので、ハイドロカルチャーに興味があった方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

▼関連記事

「ハイドロカルチャーへの植え替え方法と根腐れさせないコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

持永久美子
持永久美子

平田ナーセリーで園芸店勤務後、P2&Associates Inc.にてインドアプランツ専門店Plants・Plantsのマネージャーとして新店舗立ち上げ・接客・販売・在庫管理等の業務に従事。植物だけでなく、動物や雑貨も大好きです。結婚を機に東京に移り、子供と一緒に植物のある生活を楽しんでいます。LOVEGREENでは、観葉植物のおしゃれな飾り方や実践したくなるライフスタイル提案、実際に自宅で育てている植物の写真を使った記事を配信。

オススメ特集