秋型多肉って知ってる?季節を楽しめるおすすめの多肉植物10選

大曽根百代

大曽根百代

このライターの記事一覧

公開日 :

涼しくなる秋は、多くの多肉植物にも快適な時期。色つやが格段に変わったり紅葉し始めたり… 特に外で管理をすると、その変化を実感することができます。また朝と昼の気温差が大きいことも、紅葉や葉の色がより良くなる理由です。

秋から楽しめる多肉植物をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

目次

代表品種は黒法師!つやっつやの葉【アエオニウム】

多肉の中で人気の【エケベリア】紅葉する種類

虹の玉など紅葉が楽しめる【セダム】

紅葉祭りなど真っ赤に色づく【クラッスラ】

寒いほうが魅力を発揮【センペルビウム】

11月頃から開花し始める【リトープス・コノフィツム】

まん丸の葉っぱが可愛い【パキフィツム】

葉の色もきれいな多肉【グラプトペタルム】

熊の手のような形【コチレドン・熊童子】

きらきらした葉が美しい【ハオルシア】

 

代表品種は黒法師!つやっつやの葉の【アエオニウム

夏が苦手なアエオニウムはこれからの時期が生育期。夏弱っていた品種も、涼しくなるにつれ元気を取り戻して綺麗な色に輝きます。

【黒法師】

黒光りした葉がぐんぐん生長します。

 

【サンバースト】

斑入りの葉っぱは寒さが増すごとに葉の淵がピンク色に…

 

【夕映え】

よく見ると斑の入り方がサンバーストとは異なり、こちらは葉の淵が真っ赤に。名前も素敵なのが魅力的

目次に戻る≫ 

多肉の中で人気の【エケベリア】紅葉する品種

エケベリアは「春・秋型品種」なのでこれから一番美しい姿となります。紅葉する品種は真っ赤に、紅葉しない品種も肉厚なきれいな葉っぱへと成長していきます。

【錦晃星】

細かい毛の生えた葉っぱの淵が寒くなるにつれ真っ赤に色づいてきます。

 

【花うらら】

エケベリアの中でも丈夫な品種で、葉の淵がピンク色に色づきます。

 

【パーティードレス】

名前の通り、ドレスのようにフリルがかった葉が特徴です。気温が落ちると全体的にピンクに色づいてきます。

目次に戻る≫

虹の玉など紅葉が楽しめる【セダム】

育てやすく手軽な多肉植物として人気のセダムも紅葉します。夏の時期は真緑だった品種も真っ赤になったり、寒暖差に反応して実は変化を楽しめる植物なんです。

虹の玉

暖かくなると緑色に戻ってしまいますが、寒くなればなるほど真っ赤に。赤くなる理由は色々あるようですが、気温差も大きく関係してきます。

 

【乙女心】

丸い葉先が赤く染まり、とてもかわいらしいセダムです。

 

【八千代】

オレンジ色に染まります。秋冬以外は緑色に。

目次に戻る≫

紅葉祭りなど真っ赤に色づく【クラッスラ

赤くなる多肉で有名な植物。寒くなるほど綺麗な真っ赤に染まります。他には葉が細めの【火祭り】という品種があります。

【紅葉祭り】

 

【紅葉祭り錦】

 

【紅稚児】

細かい葉っぱが赤く染まり、白い小花が咲きます。赤い葉に白い花の色合いが可愛い植物です。

 

【星の王子】

星がつく品種シリーズがあり、そのうちの一つ。少々暑さが苦手なため、夏より秋からのほうが元気な姿に。ほんのりピンクに色づきます。

目次に戻る≫

寒いほうが魅力を発揮する【センペルビウム

外に植えられる多肉植物として、日本だけでなく欧米でも人気な植物です。センペルが本当にきれいな時期はグッと気温が落ちる頃。耐寒性はかなり強く、植えっぱなしでも元気に育ちます。種類もたくさんあり、コレクションするのも楽しくなりそうですね。

目次に戻る≫

11月頃から開花【リトープス・コノフィツム】

ユニークな姿で人気が出ているメセン系の多肉植物。予想外な場所から開花し、脱皮をする変わったこの植物は11月頃から可愛らしい花が咲きます。真夏以外は外で管理された方が花が咲きやすいかも?

リトープス

石に見せかけたその姿は宝石のよう。色もたくさんあり、コレクションしたくなりますね。

 

【コノフィッツム】

リトープスよりまん丸の葉をしています。品種によってはおしりのように見える品種も。

目次に戻る≫

まん丸の葉っぱが可愛い【パキフィツム】

まん丸のぷっくりとした姿の品種が多く、葉の表面はブルームがかっています。強く触ると指紋がつくので注意です。

【星美人】

 

お花も咲きます。真っ白く丸みをおびた葉はとても美しく、つい見とれてしまいます。「美人」とつく品種が多く響きも素敵ですね。

 

【青星美人】

葉の先端がポイント的にピンクになります。葉はほんの少しブルームがかりピンクとグリーンの色合いが綺麗な植物です。

目次に戻る≫

葉の色もきれいな多肉【グラプトペタルム

【ブロンズ姫】

丈夫で育てやすいうえ、秋になると色も濃くなり「ブロンズ色」に。

 

【秋麗】

名前から季節感を感じられると思い選びました。こちらも丈夫で育てやすい品種です。寒くなると葉先はほんのりピンクに。

目次に戻る≫

熊の手のような形【コチレドン・熊童子】

【熊童子】

クマの手のようにぷっくりとした姿が可愛く、人気の多肉です。暑さが苦手なので秋から元気になっていき、葉の先端は茶色く染まってまるで爪のよう。斑入りの品種は、葉先がピンク色になるのでマニキュアを塗ったみたいになります。

目次に戻る≫

 

きらきらした葉が美しい【ハオルシア】

きらきらと透き通った葉が美しい多肉植物「ハオルシア」。

 

オブツーサ、十二の巻、毛蟹、ニグラ、万象(まんぞう)、玉扇(ぎょくせん)など人気の種類がたくさんあります。ハオルシアは、葉が柔らかい軟葉系とかたい葉の硬葉系があります。

目次に戻る≫

 

 いかがでしたか?変化がないと思われがちな多肉植物ですがちゃんと季節ごとに色々な表情を見せてくれます。最も秋は成長期の多肉植物が多いので、楽しんでみてください。

 

エケベリア

  • エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属の春秋型種の植物。原産地はメキシコ・中米など。5、6cmの小型から40cm近くにもなる大型種まで、葉の形も様々あり種類は豊富です。正面から見た時の美しいロゼット型の姿は花のようで華やかな印象があります。そのため、フラワーアレンジやブーケに使われることも。葉挿しや株分けで増やすことが出来ます。

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋型多肉って知ってる?季節を楽しめるおすすめの多肉植物10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。

このライターの記事一覧

『多肉植物・サボテン』デイリーアクセスランキング

おすすめ