植物のヒョロっとした姿「徒長(とちょう)」とは?

REI

REI

97118views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

植物を育てていると耳にすることがある「徒長(とちょう)」。聞いたことはあるけど、どういうことかいまいち良くわからないという方も多いのでは?徒長とはどういった状態で、何がよくないのかを見ていきましょう。

徒長とは?

「徒長」は、茎が細く葉の間隔が長く間伸びした状態を言います。

1番の原因は日照不足ですが、水や肥料の与え過ぎ、風通しの悪さも原因になります。
tocyo2

 

徒長するとどうなるの?

徒長は見た目がヒョロヒョロと締まりがなく、だらしなくなります。
imgp9095

 

徒長してしまうと正常に育っている植物と比べると病気や害虫に対する抵抗力が弱まってしまいます。

どれだけ違うか見比べてみよう

右は通常の成長で左が徒長してしまった姿。先が細く伸びてしまっています。こちらは日照不足が原因です。

日光を求めてとにかく伸びよう!としている感じがします。
IMG_9220

 

徒長しないためには?

植物の成長期は特に注意

特に気をつけたいのが季節の変わり目。

冬の寒い時期は植物を室内に入れて管理することも多いでしょう。さらに日照時間も短く植物も休眠する種類も多い時期。

春が近づき、暖かくなるにつれ植物も活発になりはじめます。それなのに、日当たりが悪い場所に置いている・・・ここが注意のところ。

一度徒長して、その後日当たりのよい場所へ移動させて育てているサボテン・紫太陽。赤い〇の部分が徒長してしまった部分です。

春先から日当たりのよい場所にしたので上は太く元気に成長したのがわかりますね。
2IMG_9221

 

水や肥料の与え過ぎも注意

成長期だからといって必要以上に水や肥料を与えてしまうと、栄養過多になってしまい、徒長の原因になります。

早く成長させようとは考えずじっくり育てましょう。
tani8

 

もし、徒長してしまったら?

一度徒長してしまったら、その部分は太くなることはありません。切り戻しや挿し木をして仕立て直しましょう。
多肉植物 セダム

 

日にはあてているつもりでも日照時間が思っているほど長くない場合もあります。植物の様子を見て管理する場所を変えてみたり、水やりを見直すなどご自宅の環境にあったやり方を見つけることが大事です。たっぷりと日の光にあてて徒長を予防しましょう。

 

 

「植物のヒョロっとした姿「徒長(とちょう)」とは?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

REI
REI

10年程前からガーデニングを始め、多肉植物・サボテン・エアプランツをメインに様々な植物を栽培中。現在はLOVEGREEN編集部ディレクターの他に多肉植物・サボテン業者販売スタッフ、フラワーアート制作ユニットのワークショップ・教室のアシスタントも務める。

 

オススメ特集