食べられる多肉植物「アロマティカス」の活用法

大曽根百代

大曽根百代

25532views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

logo getty

良い香りがする多肉質のハーブで有名な「アロマティカス」。香りを楽しむだけでなく食べることもできます。もふもふの手触りも見た目もかわいい、そんなアロマティカスをより楽しめる活用法を紹介いたします。

 

目次

アロマティカスについて

アロマティカスの活用法

 

アロマティカスについて

ミントの仲間ですが、ミントよりも柔らかい香りです。寒さには弱いので、冬はお部屋の中で管理するのをおすすめします。

株立ちでどんどん上に伸びてくるので、葉っぱがある節でカットしてミントのように使えば、伸びすぎも防げて一石二鳥です。

どんどん伸びて株もとに葉っぱがなくなってしまうので、こまめに切るとそこから二股に枝を伸ばし、株のバランスがよくなります。

 

アロマティカスの活用法

デトックスウォーター

最近美容にいいと話題のレモン水にアロマティカスを。さらにさわやかがプラスされて、飲みやすくなります。

ハーブティー

寒い季節にはホットでアロマティカスを楽しみましょう。

細かくちぎると青臭さが出てしまうので、粗めがおすすめ。ジャンピングさせると尚いいですよ。

モヒート

香りが強いのでミントより葉っぱの量は控えめに。

ラムを入れないでソーダで楽しむのもいいですね。

他にもレモネードにプラスすると、アロマティカスの柔らかい香りで程よく酸っぱさを抑えられます。寒い日は温めてホットレモネードに。

料理

トマトソースとも、オムレツの卵液の中にアロマティカスを刻んで入れて、ケチャップやトマトソースをかけてもおいしくいただけます。

他にはアイスやデザートのトッピングにも爽やかに使えそう。

 

魅力的なアロマティカス。他にはお気に入りの小瓶に挿して飾ると、他のお部屋でも香りを楽しむことができますよ。

お料理に観賞用に、それぞれ楽しんでみてください♪

「食べられる多肉植物「アロマティカス」の活用法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
大曽根百代
大曽根百代

千葉大学園芸学部を卒業後、園芸店に勤め、販売だけなく植物をきちんと理解したいと思い、千葉大の苗生産部にて植物の生産業(花苗)に従事。その後、多肉植物の生産を経験。現在は多肉植物の販売サポートやバラの管理業務をしています。多肉だけでなく植物全般好きで、宿根草なども育てています。最近はマイクロ胡蝶蘭とバンダにも挑戦中。より植物の魅力を感じ、皆様にもその魅力と生産者情報を記事としてこれからも発信していきます。

オススメ特集