はじめての多肉植物! 種類ごとの育て方や植え替え、増やし方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

多肉植物はぷにぷにとした多肉質な葉、独特なフォルムで人気の植物。かわいいいセダムやエケベリア、マニアックな塊根植物までたくさんの種類がある多肉植物。人気の多肉の寄せ植えアレンジや詳しい育て方などをご紹介。

多肉植物は、種類ごとに生長期とそれに合わせ管理方法が異なります。はじめて多肉植物を育てる方にも分かりやすく、多肉植物の水やりや植え替え、増やし方などをご紹介します。

目次

多肉植物(たにくしょくぶつ)とは

たくさんいるよ! 多肉植物の種類をご紹介

多肉の寄せ植えやアレンジ

多肉植物の増やし方

気をつけたい! 多肉植物の病害虫

春秋型種の多肉植物

夏型種の多肉植物

冬型種の多肉植物

多肉植物の植え替える前に

多肉植物を植え替えてみよう!

珍しい多肉植物の「錦」「綴化」

多肉植物の育て方まとめ

 

多肉植物(たにくしょくぶつ)とは

見た目も可愛らしく個性的な多肉植物 多肉植物は、北アフリカや南アフリカ、その付近の島々など世界の様々な場所で暮らしています。歴史も非常に深く、日本に渡来したのが1760年代頃のようです。ぷっくりとした葉や根にたくさんの水分をたくわえることで、乾燥地帯で生育することができる多肉植物。昼間は蒸散を防ぐために気孔を閉じていて、夕方から夜に気孔を開き呼吸を始めます。ぷっくりとした多肉質な葉を持つ種類から根部分を肥大させ、水を貯蓄している塊根植物など多肉植物には様々な種類がいます。

見た目も可愛らしく個性的な多肉植物

多肉植物は、北アフリカや南アフリカ、その付近の島々など世界の様々な場所で暮らしています。多肉植物の日本での歴史は非常に昔にさかのぼり、日本に渡来したのが1760年代頃のようです。ぷっくりとした葉や根にたくさんの水分をたくわえることで、乾燥地帯で生育することができる多肉植物。昼間は蒸散を防ぐために気孔を閉じていて、夕方から夜に気孔を開き呼吸を始めます。ぷっくりとした多肉質な葉を持つ種類から根部分を肥大させ、水を貯蓄している塊根植物など多肉植物には様々な種類がいます。

種類が豊富! 多肉植物の種類をご紹介

多肉植物の種類は、とてもたくさんあります。ロゼット状に葉を広げる姿が可愛らしいエケベリアや多肉植物の寄せ植えにも人気なセダム。個性的な姿のユーフォルビア、根部分が肥大した塊根植物などなど、初心者の方からマニアの方までファンが多い植物です。

多肉植物の種類は、とてもたくさんあります。ロゼット状に葉を広げる姿が可愛らしいエケベリアや多肉植物の寄せ植えにも人気なセダム。個性的な姿のユーフォルビア、根部分が肥大した塊根植物などなど、初心者の方からマニアの方までファンが多い植物です。

 

はじめて育てる方におすすめの多肉植物 <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/succulent-plants/echeveria/p88864/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">エケベリア</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/succulent-plants" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">多肉植物</a><a href="/library/type/echeveria" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">エケベリア</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/49-300x171.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属の春秋型種の植物。原産地はメキシコ・中米など。5、6cmの小型から40cm近くにもなる大型種まで、葉の形も様々あり種類は豊富です。正面から見た時の美しいロゼット型の姿は花のようで華やかな印象があります。そのため、フラワーアレンジやブーケに使われることも。葉挿しや株分けで増やすことが出来ます。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ・エケベリア    <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/succulent-plants/succulents/p113827/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">セダム</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/succulent-plants" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">多肉植物</a><a href="/library/type/succulents" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">セダム</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/08/1503358_761570873938753_9069674862717657479_n-300x170.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>セダムは北半球に広く分布し、500種類以上もの品種が確認されています。中には日本原産の品種も存在しており、一番身近な多肉植物です。グランドカバーとして使える品種や「虹の玉」のようにぷっくりとしたもの、枝垂れるものなどタイプも色々あり、葉の形や大きさ花の色もそれぞれ異なります。また、葉っぱの形だけでなく紅葉も楽しめます。</p>
<p> </p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ・セダム    <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/succulent-plants/kalanchoe/p88888/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">カランコエ</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/succulent-plants" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">多肉植物</a><a href="/library/type/kalanchoe" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">カランコエ</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/04/IMG_7655-1-300x173.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>カランコエはベンケイソウ科カランコエ属の夏型の多肉植物。原産地は南アフリカ、東アフリカ、東南アジアなどで生息し、葉がふわふわとしたものから、ギザギザしたもの、、丸く艶があるものなど種類も豊富で、紅葉する品種もあり、豊富にあるのが魅力です。花も鑑賞でき、色はピンクやオレンジ、赤など彩が鮮やかな品種が多くあります。葉挿し、挿し木、株分けで増やすことが出来ます。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ・カランコエ    <div class="posttype-library shortcode"><div id="postMain" class="full"><article class="library-list-tax"><a href="https://lovegreen.net/library/succulent-plants/sempervivum/p91350/" class="clickable"></a>
   <div class="library-list-ttl clearfix">
   <h2 class="library-list-ttl-text"><span class="library-list-ttl-text-inner">センペルビウム</span></h2>
    <div class="library-list-types">
    <a href="/library/type/succulent-plants" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">多肉植物</a><a href="/library/type/sempervivum" class="library-list-type <?php echo $slug; ?>">センペルビウム</a>    </div>
 </div>
  <div class="thumbnail" style="background:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/4d7bd57576811360af556fb7e100daed-300x199.jpg) no-repeat center/cover;"></div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
          <ul class="library-list-list">
          <li class="library-list-item"><p>センペルビウムはベンケイソウ科センペルビウム属の春秋型種の植物。ラテン語で「semper」(常に)と「vivum」(生きています)が由来。「常に生きています」という名の通り、とても強い品種のため育てやすいです。高山性の多肉植物なので耐寒性に富んでいます。</p>
</li>
      </ul>
      </div>
</article></div></div>  ・センペルビウム

▼はじめて多肉植物を育てる方におすすめの種類はこちら!

エケベリア

  • エケベリアはベンケイソウ科エケベリア属の春秋型種の植物。原産地はメキシコ・中米など。5、6cmの小型から40cm近くにもなる大型種まで、葉の形も様々あり種類は豊富です。正面から見た時の美しいロゼット型の姿は花のようで華やかな印象があります。そのため、フラワーアレンジやブーケに使われることも。葉挿しや株分けで増やすことが出来ます。

  • セダムは北半球に広く分布し、500種類以上もの品種が確認されています。中には日本原産の品種も存在しており、一番身近な多肉植物です。グランドカバーとして使える品種や「虹の玉」のようにぷっくりとしたもの、枝垂れるものなどタイプも色々あり、葉の形や大きさ花の色もそれぞれ異なります。また、葉っぱの形だけでなく紅葉も楽しめます。

     

カランコエ

  • カランコエはベンケイソウ科カランコエ属の夏型の多肉植物。原産地は南アフリカ、東アフリカ、東南アジアなどで生息し、葉がふわふわとしたものから、ギザギザしたもの、、丸く艶があるものなど種類も豊富で、紅葉する品種もあり、豊富にあるのが魅力です。花も鑑賞でき、色はピンクやオレンジ、赤など彩が鮮やかな品種が多くあります。葉挿し、挿し木、株分けで増やすことが出来ます。

センペルビウム

  • センペルビウムはベンケイソウ科センペルビウム属の春秋型種の植物。ラテン語で「semper」(常に)と「vivum」(生きています)が由来。「常に生きています」という名の通り、とても強い品種のため育てやすいです。高山性の多肉植物なので耐寒性に富んでいます。

 

多肉植物は種類によって生息地が異なるため、生長期も違います。多肉植物を育てるときに注意したいポイントのひとつとして、自分が買った多肉植物の生長期がいつなのか知ることが大切。多肉植物の生長期は、春秋のあたたかい時期に生長する春秋型種、夏に生長を迎える夏型種、寒い冬に動きを見せる冬型種の3つに分けられます。

多肉植物の種類によって生長する時期が違う!

多肉植物は種類によって生息地が異なるため、生長期も違います。多肉植物を育てるときに注意したいポイントのひとつとして、自分が買った多肉植物の生長期がいつなのか知ることが大切。多肉植物の生長期は、春秋のあたたかい時期に生長する春秋型種、夏に生長を迎える夏型種、寒い冬に動きを見せる冬型種の3つに分けられます。

 

多肉植物の寄せ植えやアレンジ

いろいろな種類のある多肉植物。寄せ植えやアレンジして楽しめるのも人気のポイント。こんな多肉植物のアレンジやってみたい! アイデアをご紹介します。多肉植物が増えてきたら、寄せ植えするのもおすすめです。

いろいろな種類のある多肉植物は寄せ植えやアレンジして楽しめるのも人気のポイント。こんな多肉植物のアレンジをやってみたい! そんなアイデアをご紹介します。多肉植物が増えてきたら、寄せ植えするのもおすすめです。

 

おしゃれに多肉植物を飾ろう! 3つのおすすめアレンジ 多肉植物をガラスの器に寄せ植えしたアレンジからウォールグリーン風アレンジ、そのほか苔玉アレンジまでご紹介します。  ▼詳しくはこちら  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/succulents/p85505/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2017/05/main-e1493715208731.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/succulents/p85505/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/succulents/p85505/">おしゃれに多肉植物を飾ろう! 3つのおすすめアレンジ</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/succulents/p85505/">多肉植物は育てるだけではなく、いろいろなアレンジができることも人気の理由のひとつ。育てて大きくなった多肉植物…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2017-11-06">2017.11.06</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/succulents/">多肉植物・サボテン</a></span>  </div>
</article></div></div>

おしゃれに多肉植物を飾ろう!  3つのおすすめアレンジ

多肉植物をガラスの器に寄せ植えしたアレンジからウォールグリーン風アレンジ、そのほか苔玉アレンジまでご紹介します。

▼多肉植物のおしゃれな飾り方アイデアをご紹介しています。

 

100均のざるで作る! 多肉植物のリース  ぷっくりとした姿が可愛い多肉植物のリースを作ってみたい! だけど、リース作りは難しそう…。そんな方、必見です。100均で購入したキッチン道具の水切りざるを使って、簡単に作れる多肉植物のリースをご紹介。

100均のざるで作る! 多肉植物のリース

ぷっくりとした姿が可愛い多肉植物のリースを作ってみたい! だけど、リース作りは難しそう…。そんな方、必見です。100均で購入したキッチン道具の水切りざるを使って、簡単に作れる多肉植物のリースをご紹介します。

▼ざるを使って作る多肉植物のリースの作り方

 

流木を使った多肉植物の寄せ植え  ナチュラルな雰囲気になること間違いなし! 流木と多肉植物の相性は抜群です。

流木を使った多肉植物の寄せ植え

ナチュラルな雰囲気になること間違いなし! 流木と多肉植物の相性は抜群です。

▼立木をコンテナにした多肉植物の作り方

 

多肉植物の増やし方

多肉植物は、葉を使う「葉挿し(はざし)」、株を切って増やす「挿し木(さしき)」、株を分けて増やす「株分け(かぶわけ)」の3つの手段があります。多肉植物の種類によって増やし方が異なります。

多肉植物の増やし方は、葉を使う「葉挿し(はざし)」、株を切って増やす「挿し木(さしき)」、株を分けて増やす「株分け(かぶわけ)」の3つの手段があります。多肉植物の種類によって増やし方が異なります。

多肉植物の葉挿し 葉挿しに使う多肉植物の葉は、植え替え時や普段の管理で取れてしまったものも使うことができます。水分不足などでカラッカラのものなどは避けましょう。全ての葉が発根して増えるとは限りません。発根するもの、しないものはあります。  葉挿しの葉を土に置きます。土は大粒ではなく小粒のもののほうが向いてます。写真上くらいに葉挿しする葉を付け根が軽く土に埋まるように置きます。写真下は埋めすぎの場合の例。すぐにはお水は与えないで、根がでるまではこのままで。いつ出るのか気になるとは思いますが、気長に待つのが一番です。

多肉植物の葉挿し

葉挿しに使う多肉植物の葉は、植え替え時や普段の管理で取れてしまったものも使うことができます。水分不足などでカラッカラのものなどは避けましょう。全ての葉が発根して増えるとは限りません。発根するもの、しないものはあります。

葉挿しの葉を土に置きます。土は大粒ではなく小粒のもののほうが向いてます。写真上くらいに葉挿しする葉を付け根が軽く土に埋まるように置きます。写真下は埋めすぎの場合の例。すぐにはお水は与えないで、根がでるまではこのままで。いつ出るのか気になるとは思いますが、気長に待つのが一番です。

 

葉から発根した状態。様子を見て、お水を与えます。葉には水分があるのでたっぷり与えなくても大丈夫です。  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/succulents/p38968/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/06/fb1c3968ac4b08c30e662319ad1bbd2f.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/succulents/p38968/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/succulents/p38968/">多肉植物を葉挿し(はざし)で増やしてみよう。</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/succulents/p38968/">多肉植物は寄せ植えしたり、好きな鉢や器に植えて飾るだけではなく、増やして楽しむこともできます。今回は、ぽろっ…</a></p>
    <p class="top-post-name">LOVEGREEN編集部</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2017-11-04">2017.11.04</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/succulents/">多肉植物・サボテン</a></span>  </div>
</article></div></div>

葉から発根した状態。様子を見て、お水を与えます。葉には水分があるのでたっぷり与えなくても大丈夫です。

>>>葉挿しで増やす方法はこちら

 

挿し木に使う部分は、植え替え時や普段の管理で折れてしまったものでもよいです。挿し木は成長して伸びてしまったときや脇芽が伸びたときなどに行ってもよいでしょう。

多肉植物の挿し木

挿し木に使う多肉植物は、植え替え時や普段の管理で折れてしまったものを使うことができます。挿し木は生長して伸びてしまったときや脇芽が伸びたときなどに行ってもよいでしょう。

カットした多肉植物は下に葉が付いているものは葉を取ります。葉を取り、挿す状態に整えた状態を「挿し穂」と言います。葉が付いたまま土に挿すと葉が土の中で腐ってしまう場合があるのでおすすめできません。3,4日くらい切り口を乾燥させてから、土に挿します。風通しのよい明るい日陰で管理しましょう。お水はすぐには与えないで、1週間から10日後にたっぷりと与えましょう。

 

Q.発根しないの多肉があるのはなぜ?

挿し木も葉挿しと同じで全て必ず発根するとは限りません。多肉植物の挿し木にも向いている時期があります。多肉植物の生長期に行うほうが確率が高くなります。春秋型、夏型のものは冬は休眠期で生育は鈍っています。

>>>挿し木で増やす方法はこちら

 

多肉植物の株分け

多肉植物の株分けは土が乾いている状態で行いましょう。土が湿っている状態は避けたほうがよいので、株分けをする1,2週間前から水やりは控えておきましょう。

>>>株分けで増やす方法はこちら

目次に戻る≫

気をつけたい! 多肉植物の病害虫

アブラムシ・カイガラムシ・ハダニ・コナカイガラムシ・ナメクジ・ネジラミなど。花芽や、新芽など柔らかいところは害を受けやすいので気をつけましょう。   ・ハダニ  気温が高いところや乾燥している場所に発生します。暖かい時期に発生しやすく植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。  ・アブラムシ  3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。

アブラムシ・カイガラムシ・ハダニ・コナカイガラムシ・ナメクジ・ネジラミなど。花芽や、新芽など柔らかいところは害を受けやすいので気をつけましょう。 

・ハダニ

気温が高いところや乾燥している場所に発生します。暖かい時期に発生しやすく植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。

・アブラムシ

3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。

 

・カイガラムシ  多肉植物、サボテンにとって厄介な害虫。動く様子もなさそうな姿ですが、ちゃんとした昆虫です。分類学上はカメムシの親戚でこれまでに国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々。カイガラがあるのと、ないのもいます。様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。植物によって、種類は異なりますが、どれも吸汁加害です。カイガラムシはすす病菌が付着したり、様々な病気の原因にもなります。風通しが悪いと発生しやすいです。  除去方法  見つけたら、ピンセットなどで除去します。たくさんついてしまった場合は使い古した歯ブラシなどを使って除去しても。その場合は捕ったカイガラムシが飛散しないように気を付けて行いましょう。  ・コナカイガラムシ  体長は2mm~3mmくらいのサイズ。綿に包まれたようなフワフワとした見た目をしています。葉と葉の隙間や葉の裏に発生。乾燥した条件を好みます。柔らかい新芽や成長点も要注意です。同じくピンセットなどで除去してください。  ・ナメクジ  主に夜間に出てきます。上を這われると跡になり株の美観が損なわれる原因に。這った跡があったら、ナメクジがどこかに潜んでいます。ナメクジがいると食害も。見つけ次第捕殺しましょう。  ・ネジラミ  乾燥している土の根につきやすいです。白い粒状のもので根が覆われています。吸汁性の害虫で生育を阻害します。  ・根腐れ  高温多湿、休眠期での水やりが原因になります。水やりは乾燥してからと、休眠期はほぼ断水して過ごしましょう。  ▼多肉植物の害虫予防や対策はこちら  <div class="posttype-post shortcode"><div id="posts" class="default-posts"><article><a href="https://lovegreen.net/succulents/p50887/" class="clickable"></a>
    <div class="thumbnail" style="background-image:url(https://lovegreen.net/wp-content/uploads/2016/09/IMG_1884.jpg);">
        <a href="https://lovegreen.net/succulents/p50887/"></a>
  </div>
  <div class="top-post-ttl-extext">
    <h2><a href="https://lovegreen.net/succulents/p50887/">知っておきたい「多肉植物」の害虫って?予防と対策</a></h2>
    <p><a href="https://lovegreen.net/succulents/p50887/">なんだか大事に育てていた多肉植物の元気がない…、見覚えのない点々がついている、そんな時は害虫の被害にあってい…</a></p>
    <p class="top-post-name">松本卓</p>
    <time class="top-post-date" datetime="2017-09-26">2017.09.26</time>
    <span class="post-cat"><a href="https://lovegreen.net/succulents/">多肉植物・サボテン</a></span>  </div>
</article></div></div>

・カイガラムシ

多肉植物、サボテンにとって厄介な害虫。動く様子もなさそうな姿ですが、ちゃんとした昆虫です。分類学上はカメムシの親戚でこれまでに国内で約400種が発見されており、大きさや形なども様々。カイガラがあるのと、ないのもいます。様々な植物に発生し、吸汁(きゅうじゅう)します。植物によって、種類は異なりますが、どれも吸汁加害です。カイガラムシはすす病菌が付着したり、様々な病気の原因にもなります。風通しが悪いと発生しやすいです。

除去方法

見つけたら、ピンセットなどで除去します。たくさんついてしまった場合は使い古した歯ブラシなどを使って除去しても。その場合は捕ったカイガラムシが飛散しないように気を付けて行いましょう。

・コナカイガラムシ

体長は2mm~3mmくらいのサイズ。綿に包まれたようなフワフワとした見た目をしています。葉と葉の隙間や葉の裏に発生。乾燥した条件を好みます。柔らかい新芽や成長点も要注意です。同じくピンセットなどで除去してください。

・ナメクジ

主に夜間に出てきます。上を這われると跡になり株の美観が損なわれる原因に。這った跡があったら、ナメクジがどこかに潜んでいます。ナメクジがいると食害も。見つけ次第捕殺しましょう。

・ネジラミ

乾燥している土の根につきやすいです。白い粒状のもので根が覆われています。吸汁性の害虫で生育を阻害します。

・根腐れ

高温多湿、休眠期での水やりが原因になります。水やりは乾燥してからと、休眠期はほぼ断水して過ごしましょう。

▼多肉植物の害虫予防や対策はこちら

 

育てている多肉植物の生長時期はいつ?
生長時期別の詳しい育て方は次ページで確認

続きを読む

Pages: 1 2

▼関連ワード

「はじめての多肉植物! 種類ごとの育て方や植え替え、増やし方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ