香りも楽しめる!簡単・金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

金木犀(キンモクセイ)は三大香木とも呼ばれ、庭木や公園の樹木として広く愛されている植物。9月下旬から10月上旬、町を歩いているとどこからともなくいい香りが漂ってきますよね。あの特徴のある甘い香りは金木犀(キンモクセイ)の花が発する香りです。おうちに植えている方も多いと思います。

今回は、お庭で収穫した金木犀(キンモクセイ)のいい香りをそのまま閉じ込めたシロップの作り方をご紹介。ほんの短い時間しかもたない人気の秋の花の香りを、一年中楽しめるように保存してみましょう!

目次

金木犀(キンモクセイ)ってどんな植物?

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの材料

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの作り方

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けのポイントとアレンジレシピ

金木犀(キンモクセイ)ってどんな植物?

金木犀(キンモクセイ)はジンチョウゲ、クチナシと並ぶ「三大香木」のひとつ。公園樹、生け垣、記念樹や鉢植えなどいろいろなシーンで利用されています。芳香剤としてもおなじみの強い香りを放つ花が特長。遠くまで香りが届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていました。

オレンジ色の小花をいっぱいにつけた姿は、日差しを受けると名前の通り金色に輝いて見え、秋の風物詩となっています。食用にもなり原産地・中国では花を砂糖漬けにしたり、リキュールにしています。鹿児島では金木犀(キンモクセイ)の葉をお茶にします。

キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)

  • キンモクセイ(金木犀)はジンチョウゲ、クチナシと並ぶ「三香木」のひとつ。公園樹、生け垣、記念樹や鉢植えなどいろいろなシーンで利用されています。キンモクセイ(金木犀)は芳香剤としてもおなじみの強い香りを放つ花が特長。遠くまで香りが届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていました。オレンジ色の小花をいっぱいにつけた姿は、日差しを受けると名前の通り金色に輝いて見え、秋の風物詩となっています。食用にもなり原産地・中国では花を砂糖漬けにしたり、リキュールにしています。鹿児島ではキンモクセイの葉をお茶にします。

 

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの材料

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの材料は以下の通り。種類も少なく、家庭でそろえられるものばかりです。

材料

・金木犀(キンモクセイ)の花〜50g  完全に開いたお花は香りが飛んでしまっているので、なるべく咲きかけのお花を集めましょう。また、この段階でゴミが入らないように気を付けておくと、あとあとの作業が楽になります。  ・砂糖〜100g  集めた金木犀(キンモクセイ)のお花の2~3倍の重量必要です。  上白糖でもグラニュー糖でも作れます。味の好みで選んでください。  ・白ワイン〜100cc  集めた金木犀(キンモクセイ)の2倍程度の重量必要です。安いものでかまいません。  もしある方は、桂花陳酒(けいかちんしゅ・白ワインに金木犀(キンモクセイ)の香りを付けた中国酒)を使うとより香り高くなります。桂花陳酒は甘いので、味はお好みで調節してください。

・金木犀(キンモクセイ)の花〜50g

完全に開いたお花は香りが飛んでしまっているので、なるべく咲きかけのお花を集めましょう。また、この段階でゴミが入らないように気を付けておくと、あとあとの作業が楽になります。

砂糖〜100g

集めた金木犀(キンモクセイ)のお花の2~3倍の重量必要です。

上白糖でもグラニュー糖でも作れます。味の好みで選んでください。

・白ワイン〜100cc

集めた金木犀(キンモクセイ)の2倍程度の重量必要です。安いものでかまいません。

もしある方は、桂花陳酒(けいかちんしゅ・白ワインに金木犀(キンモクセイ)の香りを付けた中国酒)を使うとより香り高くなります。桂花陳酒は甘いので、味はお好みで調節してください。

道具

また道具は、以下のものが便利です。  ・はかり  ・ミルクパン  ・ざる  ・広口瓶  ・ボウル

また道具は、以下のものが便利です。

・はかり

・ミルクパン

・ざる

・広口瓶

・ボウル

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの作り方

金木犀(キンモクセイ)シロップを作りながら、秋の香りをお楽しみください。

1.金木犀(キンモクセイ)の花のゴミをとる 

金木犀(キンモクセイ)のお花を集めたら、一度キッチンペーパーなどの上などに広げゴミをとりましょう。このときに花の軸(写真の花の緑色の部分)をとっておくと口当たりがよくなります。 

金木犀(キンモクセイ)のお花を集めたら、一度キッチンペーパーなどの上などに広げゴミをとりましょう。このときに花の軸(写真の花の緑色の部分)をとっておくと口当たりがよくなります。 

 

ここが一番根気のいる作業です。

ここが一番根気のいる作業です。

 

目の細かいざるでふるうと、ゴミが取りやすいです。

目の細かいざるでふるうと、ゴミが取りやすいです。

2.金木犀(キンモクセイ)の花を洗う

大きめのボウルに水を張り、金木犀(キンモクセイ)の花を浮かべます。やさしくかき混ぜるとゴミが沈殿するので、取り除きます。

これを数回繰り返し、花がきれいになれば水を切ります。

3.シロップを作る

鍋に白ワイン(100cc)と砂糖(100g)を入れ、煮立たせます。

鍋に白ワイン(100cc)と砂糖(100g)を入れ、煮立たせます。

4.金木犀(キンモクセイ)を加えて煮る

鍋の砂糖が煮溶けたら、金木犀(キンモクセイ)の花を加えて弱火で煮ます。長く煮込むと香りが飛ぶので、沸騰後3分程度で火を消しましょう。

鍋の砂糖が煮溶けたら、金木犀(キンモクセイ)の花を加えて弱火で煮ます。長く煮込むと香りが飛ぶので、沸騰後3分程度で火を消しましょう。

 

煮えたら熱いうちに保存瓶に入れ、フタをします。粗熱がとれれば、冷蔵庫に入れましょう。

煮えたら熱いうちに保存瓶に入れ、フタをします。粗熱がとれれば、冷蔵庫に入れましょう。

保存瓶の作り方

ジャムなどを長期保存するための保存瓶の作り方です。

1.広口瓶を煮る

鍋にたっぷりの水を張り、沸騰したら広口瓶を入れます。そのまま2分以上煮て消毒します。

鍋にたっぷりの水を張り、沸騰したら広口瓶を入れます。そのまま2分以上煮て消毒します。

2.乾かす

鍋から引きあげ、自然乾燥させます。やけどしないように要注意!

鍋から引きあげ、自然乾燥させます。やけどしないように要注意!

 5.できあがり

冷蔵庫で2週間ほどは保存できます。もっと長期に楽しみたい場合は、小分けして冷凍庫で保存しましょう。  ※今回は、キンモクセイ20g、砂糖75g、白ワイン60ccで作りました。砂糖・白ワインに対してお花が少し足りなかったので白ワインの風味が強めに残ってしまいましたが、キンモクセイの甘い香りもしっかり感じることができました!

冷蔵庫で2週間ほどは保存できます。もっと長期に楽しみたい場合は、小分けして冷凍庫で保存しましょう。

※今回は、金木犀(キンモクセイ)20g、砂糖75g、白ワイン60ccで作りました。砂糖・白ワインに対してお花が少し足りなかったので白ワインの風味が強めに残ってしまいましたが、金木犀(キンモクセイ)の甘い香りもしっかり感じることができました!

目次に戻る≫

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けのポイントとアレンジレシピ

簡単にできる金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けですが、やはり手間ひまを惜しまないことがきれいに作る最大のポイントです。

きれいなシロップ漬けを作るポイント

最初に金木犀(キンモクセイ)の花とゴミをきちんと分けたかどうかが出来上がりを左右します。キラキラ光る美しい金木犀(キンモクセイ)シロップ作りのために頑張りましょう!

最初に金木犀(キンモクセイ)の花とゴミをきちんと分けたかどうかが出来上がりを左右します。キラキラ光る美しい金木犀(キンモクセイ)シロップ作りのために頑張りましょう!

金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けのアレンジレシピ

金木犀(キンモクセイ)の独特の甘い香りは、杏仁豆腐のシロップにぴったり! 出来上がったシロップ漬けを好みで水で割って使いましょう。杏仁豆腐のかわりに白玉を浮かべてもいいかもしれません。  またケーキに混ぜて焼いたり、紅茶の甘みに使ったり利用方法はたくさんあります。

金木犀(キンモクセイ)の独特の甘い香りは、杏仁豆腐のシロップにぴったり! 出来上がったシロップ漬けを好みで水で割って使いましょう。杏仁豆腐のかわりに白玉を浮かべてもいいかもしれません。

またケーキに混ぜて焼いたり、紅茶の甘みに使ったり利用方法はたくさんあります。

 

いかがでしたか?

お花の下ごしらえがちょっと手間ですが、難しい作業はないと思います。いい香りのシロップ漬けで秋らしいティータイムを楽しんではいかがでしょうか。

▼金木犀(キンモクセイ)についてもっと知りたいかたはこちら!

目次に戻る≫

▼関連ワード

「香りも楽しめる!簡単・金木犀(キンモクセイ)のシロップ漬けの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ