キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)の育て方|植物図鑑

植物名
キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)
学名

Osmanthus fragrans var.aurantiacus

英名
Fragrant orange
和名
金木犀
科名
モクセイ科
属名
モクセイ属
原産地
中国

キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)の特徴

キンモクセイ(金木犀)はジンチョウゲ、クチナシと並ぶ「三香木」のひとつ。公園樹、生け垣、記念樹や鉢植えなどいろいろなシーンで利用されています。キンモクセイ(金木犀)は芳香剤としてもおなじみの強い香りを放つ花が特長。遠くまで香りが届くことから古くは「千里香」とも呼ばれていました。オレンジ色の小花をいっぱいにつけた姿は、日差しを受けると名前の通り金色に輝いて見え、秋の風物詩となっています。食用にもなり原産地・中国では花を砂糖漬けにしたり、リキュールにしています。鹿児島ではキンモクセイの葉をお茶にします。

キンモクセイ(金木犀・きんもくせい)の詳細情報

園芸分類 庭木、常緑
草丈・樹高 5~6m
耐寒性 やや弱い
耐暑性 普通
花色 オレンジ
開花時期 9~10月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング