2度収穫を楽しめる!豆苗を育てるポイントと種から始める水耕栽培

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

豆苗といえばお豆のスプラウト若い葉と茎を食べる緑黄色野菜として人気です。

人気の秘訣はまず安さ。お財布に優しいだけでなく、骨の形成を助けるビタミンKなどの栄養を豊富に含むお野菜としても優秀です。種の上に若葉が直に生えている状態で店頭に並ぶため、収穫して再度栽培するリボベジができることも人気の一つです。途中で腐らせたり、変な匂いがして途中で栽培を諦めた方は次のことに注意して栽培してみてください。

 

目次

1回目の豆苗の収穫のコツ

まずは豆苗の購入から。店頭で瑞々しいものをものを選びましょう。  購入したばかりの豆苗は、工場で清潔に生産されているためサラダで食しても大丈夫!最初はサラダで豆苗をおいしく味わいましょう。

まずは豆苗の購入から。店頭で瑞々しいものをものを選びましょう。

購入したばかりの豆苗は、工場で清潔に生産されているためサラダで食しても大丈夫!最初はサラダで豆苗をおいしく味わいましょう。

収穫のコツ

最初の重要ポイントです!豆苗にはわき芽があります。このわき芽を2つ残した状態で収穫することがポイントになります。このわき芽の部分が見つからない方は、種から少し離れたところからカットしてください。

最初の重要ポイントです!豆苗にはわき芽があります。このわき芽を2つ残した状態で収穫することがポイントになります。このわき芽の部分が見つからない方は、種から少し離れたところからカットしてください。

目次に戻る≫

豆苗のリボベジ栽培スタート

この時の水の量が重要です。種に水がかからないようにこの位がベスト。水は毎日取り換えましょう。  豆の発芽適温の20℃前後が豆苗を育てるのに適した温度です。日当たりのよい室内で育てることが良いようです。

この時の水の量が重要です。種に水がかからないようにこの位がベスト。水は毎日取り換えましょう。

豆の発芽適温の20℃前後が豆苗を育てるのに適した温度です。日当たりのよい室内で育てることが良いようです。

第2回目の豆苗収穫

7~10日程で2回目の収穫になります。この時収穫した豆苗は家庭で育てているため衛生状態の整った工場と違い雑菌も繁殖していると思われますので、生食はさけ火を通した料理方法で食べましょう。  2回目以降も収穫は可能ですが、この頃になるとエンドウ豆の種自体がもつ養分を使い果たすため豆苗を全体的に収穫するには2回目が限度でしょう。

7~10日程で2回目の収穫になります。この時収穫した豆苗は家庭で育てているため衛生状態の整った工場と違い雑菌も繁殖していると思われますので、生食はさけ火を通した料理方法で食べましょう。

2回目以降も収穫は可能ですが、この頃になるとエンドウ豆の種自体がもつ養分を使い果たすため豆苗を全体的に収穫するには2回が限度でしょう。

目次に戻る≫

 

 

\種からできる水耕栽培!?/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2度収穫を楽しめる!豆苗を育てるポイントと種から始める水耕栽培」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ