キュウリ(胡瓜)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

キュウリ(胡瓜)の花言葉や種類、特徴をご紹介!キュウリ(胡瓜)は、未熟の緑色の実を食用とするおなじみの野菜。育てやすく、家庭菜園でも人気があります。

 

キュウリ(胡瓜)の花言葉

キュウリ(胡瓜)の花言葉は、「洒落」。

 

キュウリ(胡瓜)について

科・属 ウリ科・キュウリ属
和名 胡瓜
英名 Cucumber
学名 Cucumis sativus
原産地 インド北部のヒマラヤ山麓
開花期

6月~8月頃

 

キュウリ(胡瓜)の特徴

キュウリはつる性の植物で、支柱やフェンスなどに巻き付くように伸びて生長していきます。キュウリは熟す前に緑色の状態で収穫する野菜。関東地方では5月初旬に植え付けると、6月には収穫でき、代表的な春夏野菜の中で一番最初に収穫できる野菜と言えます。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月位しかかかりません。

キュウリはつる性の植物で、支柱やフェンスなどに巻き付くように伸びて生長していきます。キュウリは熟す前に緑色の状態で収穫する野菜。関東地方では5月初旬に植え付けると、6月には収穫でき、代表的な春夏野菜の中で一番最初に収穫できる野菜と言えます。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月位しかかかりません。

 

キュウリの実の生長はとても速く、1日で3cm以上も大きくなるため、収穫が遅れると巨大化してしまいます。次々収穫できるので、サラダ、漬物、炒め物、みそ汁の具としてなど様々な食べ方を知っておくと飽きずに美味しくいただけます。  キュウリの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからキュウリを守るために自然にでてくる物質です。最近のキュウリは、ブルームがあまりない艶々のキュウリが市場に多く出回っています。  キュウリの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培とのこと。そんな歴史あるキュウリは、切り口が徳川家の葵の紋に似ていることから、それを食べるのは徳川家を見下すことになるとされ、輪切りで食べないようにしていた人もいたとか。  キュウリは水を好む性質があります。日頃から乾燥させないように管理しましょう。雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために株元に敷きわらなどを敷くと安心です。

キュウリの実の生長はとても速く、1日で3cm以上も大きくなるため、収穫が遅れると巨大化してしまいます。次々収穫できるので、サラダ、漬物、炒め物、みそ汁の具としてなど様々な食べ方を知っておくと飽きずに美味しくいただけます。

キュウリの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからキュウリを守るために自然にでてくる物質です。最近のキュウリは、ブルームがあまりない艶々のキュウリが市場に多く出回っています。

キュウリの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培とのこと。そんな歴史あるキュウリは、切り口が徳川家の葵の紋に似ていることから、それを食べるのは徳川家を見下すことになるとされ、輪切りで食べないようにしていた人もいたとか。

キュウリは水を好む性質があります。日頃から乾燥させないように管理しましょう。雨のはね返りによる病害虫を防いだり、夏の乾燥を防ぐために株元に敷きわらなどを敷くと安心です。

 

キュウリには一つの株に雌花と雄花がついています。キュウリの雌花は、花の根元に小さいミニキュウリがついているのが目印です。黄色い花が開花してから7日間ほどで長さ18~20cmくらいの実に育ちます。花の根元にミニキュウリがついていないものが雄花です。  同じウリ科のズッキーニやスイカは、雌花と雄花が受粉して実ができますが、キュウリの花は受粉しなくても実が大きくなる性質があります。  キュウリの花言葉は「洒落」ですが、どんな由来があるのでしょうか。キュウリには雌花と雄花があり、雄花はすぐに落ちてしまいます。雌花は花が咲いてから実が大きくなるまでの日数がとても短く、すぐに食べられる状態まで生長します。花がさっと散り、すぐに美味しい実をつけるところが気が利いているイメージになったのではないかという説や、江戸などの中心部で流行った洒落た食べ物であったからなど、諸説あります。

キュウリには一つの株に雌花と雄花がついています。キュウリの雌花は、花の根元に小さいミニキュウリがついているのが目印です。黄色い花が開花してから7日間ほどで長さ18~20cmくらいの実に育ちます。花の根元にミニキュウリがついていないものが雄花です。

同じウリ科のズッキーニやスイカは、雌花と雄花が受粉して実ができますが、キュウリの花は受粉しなくても実が大きくなる性質があります。

キュウリの花言葉は「洒落」ですが、どんな由来があるのでしょうか。キュウリには雌花と雄花があり、雄花はすぐに落ちてしまいます。雌花は花が咲いてから実が大きくなるまでの日数がとても短く、すぐに食べられる状態まで生長します。花がさっと散り、すぐに美味しい実をつけるところが気が利いているイメージになったのではないかという説や、江戸などの中心部で流行った洒落た食べ物であったからなど、諸説あります。

 

キュウリ(胡瓜)の種類

イボなしキュウリ

食べやすさのために品種改良されたイボイボが無いキュウリです。

白イボキュウリ

白いイボイボがあるキュウリ。イボなしキュウリとともに、スーパーや八百屋さんなどで多く販売されています。

四川キュウリ

中国から伝わったキュウリを品種改良して誕生した品種。シワが多く、表面にはイボイボがあります。サクサクとした食感を楽しめます。

キュウリ

全体が白いものや、先端や半分白いキュウリです。

ミニキュウリ

小さく育つように品種改良されたものや、大きくなる前に収穫して小さい状態で出荷したものなど、さまざまな品種が出回っています。

 

▼キュウリ(胡瓜)の詳しい育て方はこちら

キュウリ(胡瓜)

  • キュウリはつる性の植物で、そばにあるものに巻き付くように伸びて生長していきます。 キュウリは未熟果を収穫する野菜のため、関東地方では5月初旬に植えつけると、6月には収穫時期を迎え、代表的な春夏野菜の中では一番最初に収穫できる野菜です。種から育てても、収穫するまでの日数は2か月間位しかかかりません。 キュウリの果実の生長は著しく、1日で3cm以上も大きくなるため、採り遅れると巨大化してしまいます。 キュウリの外側の表面の白い粉のようなものは、ブルームといって乾燥や雨などからキュウリを守るために自然にできた物質です。最近のキュウリの品種は、このブルームがあまりない、艶々のキュウリが市場に多く出回っています。 キュウリの歴史は3000年ほど前と言われており、日本では1000年前から栽培されていたとされています。そんな歴史あるキュウリも、切り口が徳川家の葵の紋に似ていたことから江戸時代には大変不人気の野菜だったそうです。


▼キュウリ(胡瓜)の関連記事はこちら


 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「キュウリ(胡瓜)の花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【事前予約・11月上旬発送】宿根草 ブローディア(トリテレイア)コリーナ 球根 10球入り

販売価格:550円(税込)

【省スペースで手軽に飾ろう】おしゃれなワゴン ストアおすすめセット DRAW A LINE ムーブロッド (Move Rod)+トレー×2

販売価格:20,020円(税込)

【シンプルでおしゃれな花瓶】フラワーベースM(円筒)

販売価格:3,960円(税込)

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A