家庭菜園特集

キュウリの育て方 〜摘花・摘果編〜

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

ウリ科の野菜であるキュウリをはじめ、スイカ、ズッキーニ、ゴーヤなどの花をよく見ると、雄花と雌花の2種類の花がついています。

じっくり見てみて下さい!ミニキュウリがついている雌花は、とっても可愛いんですよ♪

目次

キュウリの花

キュウリの摘花・摘果

キュウリの花

ウリ科の野菜の特徴として、1つの苗に雄花と雌花それぞれがついているのをご存知ですか?

まずは、キュウリの雄花と雌花の違いをご覧ください。

雌花

小さいミニキュウリがついているのが目印です。

小さいミニキュウリがついているのが目印です。

 

雄花

花の根元に、ミニキュウリがついていないものが雄花になります。  このように、一つの株に雌花と雄花がついています。  同じウリ科のズッキーニやスイカは、雌花と雄花を受粉させて実を作りますが、キュウリの花は受粉しなくても、実が大きくなる性質があります。  キュウリのように受粉せずに実をつけることを単為結果性(たんいけっかせい)といいます。  ※単為結果性(たんいけっかせい)…一般的に、受精せずに実ができることを単為結果性(たんいけっかせい)といいます。キュウリは自動的に実ができる性質があります。

花の根元に、ミニキュウリがついていないものが雄花になります。

このように、キュウリには一つの株に雌花と雄花がついています。

同じウリ科のズッキーニやスイカは、雌花と雄花を受粉させて実を作りますが、キュウリの花は受粉しなくても、実が大きくなる性質があります。

キュウリのように受粉せずに実をつけることを単為結果性(たんいけっかせい)といいます。

※単為結果性(たんいけっかせい)…一般的に、受精せずに実ができることを単為結果性(たんいけっかせい)といいます。キュウリは自動的に実ができる性質があります。

目次に戻る≫

キュウリの摘花・摘果

摘花

小さくて可愛いキュウリの雌花ですが、小さい苗の状態でキュウリの実をつけてしまうと、苗が体力を消費してしまい、生長に遅れが出てしまいます。そのため一番に咲いた花(一番花)を取り除きます。これを摘花といいます。

摘果

もし、花が実になってしまっても大丈夫。一番最初になった実を一番果といって、大きくしないうちに取り除くことを摘果といいます。  野菜の場合は、摘花よりも摘果の方が一般的です。キュウリの苗の状態をみながら、摘花もしくは摘果をして、幼い苗に負担をかけないように心がけましょう。  一番果以外にも、苗の草勢(そうせい)が衰えているようでしたら、小さいうちにきゅうりを収穫して、勢いが出てから通常の収穫を開始するなど、様子を見守りながら、適宜摘果収穫をしましょう。

もし、花が実になってしまっても大丈夫。一番最初になった実を一番果といって、大きくしないうちに取り除くことを摘果といいます。

野菜の場合は、摘花よりも摘果の方が一般的です。キュウリの苗の状態をみながら、摘花もしくは摘果を行い、幼い苗に負担をかけないように心がけましょう。

一番果以外にも、苗の草勢(そうせい)が衰えているようでしたら、小さいうちにきゅうりを収穫して、勢いが出てから通常の収穫を開始するなど、様子を見守りながら、適宜摘果収穫をしましょう。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

 

関連ワード

「キュウリの育て方 〜摘花・摘果編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ