古くから愛されていた桔梗(キキョウ)の花言葉と種類

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

17975views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

万葉集や家紋に使われ古くから日本人に愛される日本の花、桔梗(キキョウ)。桔梗の花言葉と種類についてご紹介。

 

桔梗(キキョウ)の花言葉

桔梗の花言葉は「永遠の愛」「気品」「深い愛情」。

古くから日本で愛されてきた桔梗。桔梗の凛と咲くその花姿と、花色である落ち着いた紫色と爽やかな白やピンクから日本人のしとやかさが連想され、「気品」という花言葉になったのでしょう。

 

桔梗(キキョウ)について 

科・属  キキョウ科・キキョウ属
和名 桔梗(キキョウ)
英名  Balloon flower
学名  Platycodon grandiflorus
原産地  日本、中国
出回り期 5月~10月  

 

桔梗(キキョウ)の特徴

桔梗は、キキョウ科の宿根草で、花期は6月~9月です。万葉集のなかで秋の七草と歌われている「朝貌の花」は本種であると言われています。

また、古くから日本人にとって馴染みの深い桔梗は、近年個体数が減少してしまい、絶滅危惧種に指定されています。

 

桔梗(キキョウ)の種類

 

桔梗の野生の品種は絶滅危惧種に指定されていますが、園芸品種には多くの種類が出回っています。花の色は紫や青の他にピンクや白もあり、咲き方は良く見る一重咲きのものの他に、八重咲きの品種、大輪の花が咲く品種や、花が最後まで開かない袋咲きの品種もあります。 江戸時代から品種改良が重ねられ、現在までたくさんの品種が生み出されてきました。

桔梗(キキョウ)の咲き方と花色

絞りの入った品種。

 

紫色の八重咲きの品種。

 

ピンク色の一重咲きの品種。

 

ピンク色の八重咲きの品種。

 

ウズキキキョウ

縮れた葉の先端がカールして渦が巻いたように見えます。

 

花びらの先も少しカールしている変わった品種です。

 

扇キキョウ

複数の茎がくっつき帯状になります。(せっかとも言います)

 

秋の七草

秋の七草は、秋を代表する7つの草花を指します。このうちいくつかは他の種類ではないか、という説もありますが、以下の7種が一般的に知られている「秋の七草」。桔梗は秋の七草のうちの1種です。

秋の七草

・女郎花(オミナエシ)
・薄(ススキ)
・桔梗(キキョウ)
・撫子(ナデシコ)
・藤袴(フジバカマ)
・葛(クズ)
・萩(ハギ)

上から頭の文字をつなげて「お好きな服は(おすきなふくは)」という覚え方が一般的に広まっています。

秋の七草と同じく知られているのが「春の七草」。こちらは七草粥として使用されることもあり、秋の七草よりも認知されているようです。

春の七草

・せり
・なずな
・ごぎょう
・はこべら
・ほとけのざ
・すずな
・すずしろ

「古くから愛されていた桔梗(キキョウ)の花言葉と種類」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。