キキョウ(桔梗)の育て方|植物図鑑

植物名
キキョウ(桔梗)
学名

Platycodon grandiflorus

英名
Balloon flower
和名
桔梗
別名・流通名
紫花(ムラサキバナ) 岡止々岐
科名
キキョウ
属名
キキョウ
原産地
日本,中国,東アジア

キキョウ(桔梗)の特徴

キキョウ(桔梗)は、毎年夏の時期に花を咲かせる宿根草で、万葉集にも登場し古くから日本で愛される植物の一つです。また、キキョウ(桔梗)は秋の七草で知られ秋の花のイメージですが、真夏の暑い時期でも涼しげに咲き続ける丈夫な花です。キキョウ(桔梗)は強い霜に当たらなければ越冬しますので、関東では地植えにしたままで翌年また花を咲かせることが出来ます。

キキョウ(桔梗)の花の色は青の他に白、ピンク、絞りの入った色などがあります。次々と咲き続け、一通り咲き終えた時に切り戻しを行うと再び秋に開花します。またキキョウ(桔梗)の英名の「Balloon flower」は蕾が風船のように膨らんでいるところから名がつきました。

キキョウ(桔梗)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~150cm
耐寒性 強い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 紫、青、白、ピンク、複色
開花時期 6月~10月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング