10月11日の誕生花|コリウス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey-e1480498673143

10月11日の誕生花は「コリウス」です。「コリウス」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

10月11日の誕生花

10月11日の誕生花は「コリウス」。

「コリウス」の花言葉は「かなわぬ恋」「健康」。

 

コリウスについて

科・属  シソ科・ソレノステモン属
和名  コリウス
英名  flame nettle、painted leaves
学名  Solenostemon scutellarioides
原産地  アジアの熱帯、亜熱帯、アフリカ
開花期  5月~10月

 

コリウスの特徴

コリウスの生長期は4月~6月と9月~10月。鮮やかな色彩の葉を楽しむコリウスは花に負けない華やかな株姿で初夏から秋にかけて花壇に欠かせない存在です。花を咲かせずに育てれば、初夏から秋まで長く楽しむことができます。葉摘芯を行って好みの形に仕立てることもできます。

コリウスは暑さに強く観賞期間が長いこと、群植すると特に見栄えがするので公共花壇などによく利用されます。耐寒性がないので園芸的には一年草扱いにしています。

コリウスという名前はラテン語で「鞘(さや)」を意味する言葉コリウスからとられた説、ギリシャ語で「管」を意味するコレオスからつけられた説があります。

 

コリウスの種類

形や葉色、葉の大きさ、性質ともに変化が大きくコリウスの園芸品種は100種類を超えています。一般にはコリウス・ブルメイを中心に作出された園芸品種で種子繁殖の実生系が多いのですが栄養繁殖系も近年多く流通しています。栄養繁殖系のコリウスの方が花が咲きにくい性質があるので株が大きくなりやすいのが特徴です。

▼コリウスの育て方など詳しい情報はこちら

コリウス

  • 成長期は4月~6月と9月~10月。鮮やかな色彩の葉を楽しむコリウスは花に負けない華やかな株姿で初夏から秋にかけて花壇に欠かせない存在です。葉形や葉色、葉の大きさ、性質ともに変化が大きく園芸品種は100種類を超えています。一般にはコリウス・ブルメイを中心に作出された園芸品種で種子繁殖の実生系が多いのですが栄養繁殖系も近年多く流通しています。栄養繁殖系の方が花が咲きにくい性質があるので株が大きくなりやすいのが特徴です。摘芯を行って好みの形に仕立てることもできます。暑さに強く観賞期間が長いこと、群植すると特に見栄えがするので公共花壇などによく利用されます。耐寒性がないので園芸的には一年草扱いにしています。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「10月11日の誕生花|コリウス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ