コリウスの育て方|植物図鑑

植物名
コリウス
学名

Solenostemon scutellarioides

英名
flame nettle、painted leaves
科名
シソ科
属名
ソレノステモン属
原産地
アジアの熱帯、亜熱帯、アフリカ

コリウスの特徴

成長期は4月~6月と9月~10月。鮮やかな色彩の葉を楽しむコリウスは花に負けない華やかな株姿で初夏から秋にかけて花壇に欠かせない存在です。葉形や葉色、葉の大きさ、性質ともに変化が大きく園芸品種は100種類を超えています。一般にはコリウス・ブルメイを中心に作出された園芸品種で種子繁殖の実生系が多いのですが栄養繁殖系も近年多く流通しています。栄養繁殖系の方が花が咲きにくい性質があるので株が大きくなりやすいのが特徴です。摘芯を行って好みの形に仕立てることもできます。暑さに強く観賞期間が長いこと、群植すると特に見栄えがするので公共花壇などによく利用されます。耐寒性がないので園芸的には一年草扱いにしています。

コリウスの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~50cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 青、白、紫など
開花時期 5月~10月頃

コリウスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
肥料
開花

コリウスの栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。短期間であれば日陰でも耐えます。

用土

水はけが良く保水性が適度にある用土が適しています。市販の草花用培養土を使用してもいいですし、赤玉土と腐葉土、たい肥を混ぜてもよいでしょう。

コリウスの育て方のポイント

水やり

乾燥には比較的強いですが、極端に乾くと葉がしおれたり下葉が落ちたりします。表面が乾いたらたっぷりと与えましょう。秋の気温が低下してくる頃には水のやりすぎに注意しましょう。

肥料

成長期の4月~6月と9月~10月に薄めた液体肥料を月に1回施すか化成肥料を株元にばらまくように施しましょう。

病害虫

気はあまり発生しません。害虫はヨトウムシアブラムシハダニナメクジがつくことがあります。発生したらすぐ駆除しましょう。ハダニは高温乾燥期に発生するので葉裏にもしっかりと水をかけてやることで予防できます。

コリウスの詳しい育て方

選び方

下葉が黄ばんでいたり茶色く変色していないもの、茎が太くよく枝分かれしていて全体的にがっしりとしたもの、花が咲いていないものを選びましょう。

植え付け

5月頃に日当たりと風通しの良い場所を選んで、根鉢を崩さないようにして植え付けます。植木鉢で栽培する場合は最初は5号鉢に植えて、成長したら鉢のサイズを大きくするようにしましょう。

剪定・切り戻し

形を仕立てて楽しむ場合以外にも高さを抑えたい場合や株全体の姿を整えたい場合に1週間から2週間に1回ほど摘芯を行いましょう。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング