シクラメンの育て方|植物図鑑

植物名
シクラメン
学名

Cyclamen persicum

英名
Cyclamen
科名
サクラソウ科
属名
シクラメン属
原産地
地中海沿岸

シクラメンの特徴

シクラメンはサクラソウ科シクラメン属の球根植物です。鉢植えで育てられる冬の代表的な花です。青々としたハート形の葉が茂り、葉の中央に細い茎を伸ばして頂点に花を咲かせます。花色は赤やピンク、白等が多く、花びらは丸弁で反り返るようにして咲くのがスタンダード。しかし、愛好家の多いシクラメンは品種改良や新種開発も盛んで、今では数々のシクラメンが存在します。花びらの形も、ヒダの多いフリンジ咲きや八重咲きまで多様にあります。花のサイズも両手で抱える大輪もあれば、手のひらの上に乗ってしまう小さなサイズまで存在します。

シクラメンの詳細情報

園芸分類 球根
草丈・樹高 20cm~50cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 白、赤、ピンク、紫
開花時期 10月~4月頃

シクラメンの種類

ガーデンシクラメン

ガーデンシクラメンは屋外で育てられるシクラメンです。

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。シクラメンは冬に室内で楽しむ鉢花の代表ですが、ガーデンシクラメンは、耐寒性があり寒い冬も屋外で楽しむことができます。寄せ植えなどに使う冬のガーデニング植物の定番として良く用いられます。

    寒さに弱いシクラメンのウィークポイントを克服するため、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものがガーデンシクラメンです。冬から春にかけて次々に花を咲かせ、花の少ない時期のお庭を明るく盛り上げてくれます。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクなどがあります。花形もバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみが広がっています。

セレナーディア

セレナーディアはサントリーが開発した青いシクラメンです。

セレナーディア(青いシクラメン)

  • 希少なブルー系の花を咲かせるシクラメンの「セレナーディア」。恋人や大切な人のために演奏される「セレナーデ(小夜曲)」のように、 大切な人への想いを込めて、優しい青い色の花が次々と咲き誇ります。 その咲き姿は凛として、気品にあふれています。

シクラメンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
肥料
開花

シクラメンの栽培環境

日当たり・置き場所

シクラメンは冬の植物ですが、基本的に室内で育てます。ガーデンシクラメンなどの寒さに強い品種は外で育てます。

用土

シクラメンは専用の培養土が販売されています。草花用の培養土でも問題なく育ちます。また、自分で用土を整えるのなら、赤玉土、腐葉土、田土を混ぜて配合。赤玉土は小粒の物を半分以上加えると良いです。田土のほかに、パーライトや堆肥、ピートモスを合わせると、花付きを良くする成分が配合されます。

シクラメンの育て方のポイント

日常の管理

シクラメンを長く咲かせるコツは、まめに花がらを摘むことです。枯れた花をそのままにしておくと、病害虫の原因となります。

水やり

シクラメンの球根が休眠している6月~8月は水やりをほとんどしなくて良いですが、それ以外の時期は土が乾いたらたっぷりと水をやりましょう。また土を見るだけでなく、葉を見て判断することも出来ます。普段シクラメンの葉は真っ直ぐピンと伸びていますが、水が足りないと萎れてしまいます。土や葉を見ながら水やりのタイミングを計ってください。

肥料

シクラメンの球根は肥料が足りないと花数が減ってしまいます。追肥の時期は10~7月。長期に渡りますが、月に2〜3度液体肥料を施すと良いでしょう。シクラメン用肥料と言うのがあるのでそれを活用するのも良いです。花が咲く時期はどんどん栄養を必要とするので、追肥を増やしても構いません。しかし回数が多いと、栄養を取り過ぎ茎や葉のみ生長をする場合があるので、適度に調整しつつ葉が増えてしまったら剪定しましょう。

病害虫

シクラメンの葉や蕾の汁を吸ってしまうのは「ホコリダニ」。乾燥した季節に風などで飛んで付着します。また花の咲く時期に「ヨトウムシ」という虫が発生し、蕾などを食い尽くしてしまいます。どちらも発生しては手遅れになるので、殺虫剤などを撒いて防止することが良いでしょう。

シクラメンの詳しい育て方

選び方

シクラメンの球根は浅植えなので、土の表面に出ています。触ってみてしっかりと硬さのある球根の株を選びましょう。シクラメンは葉と同じ数だけ花が咲くと言われています。葉が繁っている株を選びましょう。葉の色つやが悪いものは養分を上手く摂取出来ていない為避けた方が良いでしょう。

種まき

シクラメンの種まきは9月~11月の間に行います。鉢を用意し用土を整え間隔を開けて種をまきます。寒すぎると発芽しないため、室内で管理するのが好ましいです。しかし、温度が20度を超えると発芽しないため、暖房が直接当たる場所は避けてください。

植え付け

シクラメンの球根の植え付けは9月ごろに行います。最初に用意したシクラメンの球根を入れている鉢よりも一回り大きい鉢に植え替えます。球根の頭が土より半分ほど出るようにして植え付けましょう。

剪定・切り戻し

シクラメンの花が咲く時期に栄養を取り過ぎて、葉が増えてしまったら剪定を行いましょう。混みあった葉を透かすようにそれ以外の時期では、4月~5月。花が枯れた際に行います。萎れた花を摘みとります。

植え替え・鉢替え

シクラメンの植え替え時期は9月です。新しく1回り大きな鉢に植え替えます。シクラメンの球根は浅植えを好むので、球根の1/3が土から見えるくらいに植え付けましょう。植え付け後はたっぷりと水やりをします。

シクラメンの花期は10~4月です。冬から春にかけて、長い間花を咲かせます。

夏越し

夏の暑さには弱い植物です。夏の間は水を切らして休眠させて、球根を掘り起こして涼しい場所で保管するか、休眠させずに涼しい場所で育てましょう。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

シクラメンは球根植物ですが分球しないので、球根で増やすことはできません。シクラメンを増やすなら種で増やします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング