ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の育て方|植物図鑑

植物名
ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)
学名

Trifolium incarnatum

英名
Crimson clover
和名
ベニバナツメクサ
別名・流通名
ストロベリーキャンドル
科名
マメ科
属名
シャジクソウ属(トリフォリウム属)
原産地
ヨーロッパ

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の特徴

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、クローバーの仲間で、4月~6月に赤い花を咲かせます。

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は本来は多年草ですが、暑さには弱いので日本では一年草として扱われています。マメ科の植物なので、肥料の要素のひとつである窒素分を合成できることから、緑肥植物として扱われていて土壌を豊かにする効果があります。

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 20cm~50cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色
開花時期 4月~6月

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の栽培環境

日当たり・置き場所

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、日当たりと風通しの良い場所が適しています。日光が足りないと、花付きが悪くなります。

用土

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、肥料がなくても育つくらい丈夫な草花です。特に土質を選びませんが、水はけが良い場所に植えましょう。

鉢植えのストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、市販の草花用培養土で問題ないですが、元肥が入っていると草姿が乱れるので入れる必要はありません。

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の育て方のポイント

日常の管理

終わった花がらは、茎ごと摘み取って種をつけないようにすると、たくさんの花を楽しむことができます。

水やり

地植えのストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、根付いてからは水やりの必要はありません。

鉢植えのストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、春にかけて開花する草花なので、水を与える時間帯は午前中に渇いたら鉢底から水が流れ出すくらいにたっぷりと水やりをします。午後に水を与えると、夜までに土が適度に乾かず、その日の晩に霜がおりるような気温になると、根が霜でやられてしまう可能性があるからです。

肥料

地植えのストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、肥料を与える必要はありません。

鉢植えの場合も、株が元気なら肥料はほとんど必要がありませんが、下葉が黄色くなってきたら、少なめに肥料を与えましょう。

病害虫

病害虫はほとんどありませんが、春に株が弱ると、アブラムシにやられることがあります。

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)の詳しい育て方

選び方

葉っぱが生き生きとした緑色の苗を選びましょう。

種まき

9月~10月に育苗箱かポット苗に種をまき、5mm程度覆土をします。本葉2~3枚でポット苗に移植、またはポット苗に種をまいた場合は、元気な芽を残して間引きます。

植え付け

本葉5~6枚で定植します。ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は、横に広がるように生長するので、株と株の間は30cm前後あけるとよいでしょう。

植え替え・鉢替え

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は一年草扱いのため、植え替えの必要はありません。

4月~6月に開花し、切り花としても春に流通しています。

夏越し

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)は一年草扱いのため、夏越しの必要はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

種を収穫して増やすことができます。種を採りたい場合は、終わった花を摘み取らず、そのままにしておくと種を採集することができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング