パンジーの育て方|植物図鑑

植物名
パンジー
学名

Viola x wittrockiana

英名
Pansy
和名
パンジー
科名
スミレ科
属名
スミレ属
原産地
ヨーロッパ

パンジーの特徴

パンジーは春に咲く一年草。最近ではパンジーの流通は10月ごろから始まるため、上手に育てれば半年以上も開花する草花です。寄せ植え、花壇など、いろいろな用途で春の園芸には欠かせない草花のひとつです。

パンジーとビオラの違いは、見た目の大きさで判断出来ます。パンジーは花が小輪から大輪まで。小輪は4cm~5cm、中輪は5cm~7cm、大輪は7cm~10cm。10cm以上のものも存在します。

現在は品種改良が進み、何百種ものパンジーが存在していて、毎年新品種が出ています。色合いも豊富ですが、咲き方もフリル咲き、八重咲きなど、変わった咲き方のパンジーも流通するようになりました。

現在は品種改良が進み、何百種ものパンジーが存在していて、毎年新品種が出ています。色合いも豊富ですが、咲き方もフリル咲き、八重咲きなど、変わった咲き方のパンジーも流通するようになりました。

パンジーの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15cm~20cm
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
花色 紫、白、ピンク、オレンジ、黄色 複色 他
開花時期 10月~5月

食べられるお花~エディブルフラワーとしてのパンジー

最近食べられるお花「エディブルフラワー」としても人気のあるパンジー。実際に食べてみると、香りと味はごく繊細で、際立った主張もないため、食べやすいお花として、お料理にもスイーツにもどちらにも合うお花です。栄養も野菜と同じようにあります。繊維質が豊富でβカロテンはなんとトマトの4倍もあるそうです。可愛らしくて、栄養も豊富とあれば、是非食卓に取り入れたいですね。

パンジーの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
肥料
開花

パンジーの栽培環境

日当たり・置き場所

パンジーは地植えでも鉢植えでも栽培可能です。パンジーは太陽が大好きな草花です。風通しがよく日当たりのよい所で育てます。日当たりはパンジーの花数にも影響します。また、必要な光が足りないとヒョロヒョロと徒長してきて病害虫の被害にあいやすくなります。

温度

パンジーは寒さには強いので、寒冷地以外では露地で越冬可能です。

用土

パンジーを植え付ける土は、少ない苗数なら花用の培養土を利用しましょう。水はけがよいながらも保水性も適度にある土が適しています。

パンジーの育て方のポイント

水やり

パンジーは冬から春にかけて開花する草花なので、水やりは午前中に「渇いたら鉢底から水が出てくるくらいたっぷりと」を目安に水やりをします。これは午後に水をやると夜までに土が適度に乾かず、その日の晩に霜がおりるような気温になった場合、パンジーの根が霜でやられてしまう可能性があるからです。

肥料

パンジーは半年以上咲き続けるので、その分栄養が沢山必要です。花が咲いている間、定期的に追肥します。肥料はやりすぎも良くないので、使っている肥料の説明書きに書いてある使用頻度を確認して、追肥頻度、量を調整しましょう。

病害虫

パンジーは水やりや雨水で葉がいつまでも乾かないと、灰色かび病になることがあります。基本的に水やりは午前中に行って、夜まで葉が濡れていない状態にするとよいでしょう。

蒸れや肥料の与えすぎで苗が弱ると、アブラムシがつくことがあります。

パンジーの病害中の予防は、日々の花がらをまめに摘み、葉っぱが密集してきたら少しすきこみ剪定をして風通しの良い状態で管理するのが大切です。また、苗の状態をまめにチェックして発見したら早めに対処しましょう。

パンジーの詳しい育て方

選び方

葉っぱの色がきれいな緑で徒長していない、しっかりとしたパンジーを選びましょう。咲いている花の多さより、つぼみがたくさんついている苗を選びましょう。

葉っぱの色がきれいな緑で徒長していない、しっかりとしたパンジーを選びましょう。咲いている花の多さより、つぼみがたくさんついている苗を選びましょう。

パンジーの流通時期

パンジーの花が一番咲き誇るのは春ですが、パンジーの苗の流通は10月ごろから始まり、多くの品種やレア品種が出回るのは1月くらいまでです。その後も苗が出回りますが、少しずつ流通量、種類が減っていきます。こだわりの品種や色合い、咲き方のパンジーが欲しい方は早めに園芸店で購入するようにしましょう。

種まき

種を購入したら、種まきの時期まで冷蔵庫の野菜室に入れて保管します。一度寒さを感じさせると、それぞれの種の発芽がそろいやすくなる効果があります。

パンジーの種まきはいつ?

1.8月後半から9月中旬までに種をまく

種まきに慣れた中級ガーデナー向きです。早くにまくので、10月ごろに一番花が開花します。ただし、そもそものパンジーの発芽の適温より高い時期にまくため、発芽するまで冷房の効いた部屋で管理したり、発芽率自体にもバラつきがあったり、病気も出やすいので管理には工夫が必要です。

2.9月中旬ごろから下旬までに種をまく

一番スタンダードなパンジーの種まきシーズンです。一番発芽率がよいので、はじめてパンジーを種からまく方は、この時期にまくのがおすすめです。早ければ一番花が年内に咲き始めます。

10月以降でも気温が下がりすぎなければ種をまくことは可能ですが、開花は年明けになります。

パンジーの種はどうやってまく?

たくさんの苗が必要な方は、育苗トレーなどの箱状のものやピートバンなどの種まき専用の商品にまいてから、本葉が2~4枚になったらポット苗に移植します。少しの苗数でよい方はポット苗やポット苗の形状で、そのまま土に埋められる種まき専用商品などに種をまいて、よい芽を残して間引いてから定植まで育てる方が移植の手間がないので簡単です。

パンジーの種まきで注意すること

パンジーに限らず種は清潔な土にまきましょう。種まき専用の土も販売されています。ポット苗のポットを使いまわす場合は、きれいに洗ってから使用しましょう。ポットの代わりに紙コップに穴をあけたものでも代用可能です。

植え付け

パンジーは地植えでも鉢植えでも栽培可能です。パンジーは太陽が大好きな草花です。風通しがよく、日当たりのよい所で育てます。日当たりは花の数にも影響します。また、必要な光が足りないとヒョロヒョロと徒長してきて病害虫の被害にあってしまう可能性が高くなります。

パンジーを1株で植えるなら、もともとのポット苗より、ひと回り大きい鉢を選びましょう。土は自分で配合するという方法もありますが、ひと鉢だけなら花用の培養土として販売されているものがおすすめです。パンジーは開花期間が長い草花なので肥料が必ず必要な草花です。必ず元肥を入れて植え付けましょう。

パンジーの植え付けのポイント

植え付ける時に注意するのは、パンジーの苗を植える深さです。ポット苗に植わっているパンジーの土とちょうど同じくらいの深さに土を掘って植え付けます。鉢植えのパンジーは、いつでも植え付けが可能ですが、地植えのパンジーは霜が降りる季節より前か、霜が降りなくなってからのどちらかに植え付けましょう。

剪定・切り戻し

パンジーは一年草なので大幅な剪定は必要ありません。葉っぱが混みあいすぎたら、風通しのよい苗にするために少し透かし剪定をしてもよいでしょう。パンジーは開花後半に大幅に剪定すると花芽がなくなってしまうので注意しましょう。基本的には花がらをまめに摘むことが大切です。

パンジーの花がら

パンジーは花が終わり気味になると、花びらがくるんとカールし、しわしわになります。このような状態になったら花茎ごと摘み取りましょう。

パンジーに切り戻しは必要?

株全体を三分の一~半分くらいに、ばっさりと剪定をすることを切り戻しといいます。このような大胆な株の切り戻しは、基本的にはパンジーには必要ありません。

十分に太陽に当てて適切な水やりをしながら、終わった花(花がら)をまめに摘み取るのが長くたくさんのパンジーを楽しむコツです。

植え替え・鉢替え

パンジーは一年草のため植え替えの必要はありません。

パンジーは秋から春まで非常に長い期間、開花します。パンジーの花を長くたくさん咲かせるために大切なことは、花がら摘みをまめにすることです。

パンジーは秋から春まで非常に長い期間、開花します。パンジーの花を長くたくさん咲かせるために大切なことは、花がら摘みをまめにすることです。

花がらをそのままにしておくと、植物としては花を咲かすことより次の世代を残すことが重要ミッションのため、種をつけることにエネルギーが回ります。それを避けるため、花がらを摘んで次の花を咲かせていきます。この花がら摘みをするのとしないのとでは、花数と花の開花期間にかなりの差が出てきます。

パンジーは切り花として楽しむこともできます。最近は切り花用に改良された花茎の長いパンジーもあります。

夏越し

パンジーは暑さには弱いので、梅雨前くらいまでの寿命のため、夏越しの必要はありません。

冬越し

パンジーは寒冷地以外は外で越冬可能です。

冬の低温期のパンジー

花数が少ないけれど、ひとつの花が咲いている期間が長いのが特徴です。外の気温が冷蔵庫のような気温なので、花を冷蔵保存しているようなものです。買ったときはたくさん花が咲いていたのに、しばらくすると花が咲かなくなったと心配になるのもこの季節ですが、適切な管理をしているのなら問題がありません。冬に花が少ないのは自然なことです。春暖かくなると続々と咲いてきます。その分、花がら摘みは忙しくなります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

パンジーは種で増やすことができます。種を収穫したいなら、花がらを摘まずに種になるまで管理します。種を付けたい茎以外は摘み取ってしまうと十分な種が生育します。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング