オジギソウ(おじぎそう・おじぎ草)の育て方|植物図鑑

植物名
オジギソウ(おじぎそう・おじぎ草)
学名

Mimosa pudica

英名
Sensitive plant、Sleeping grass
和名
おじぎ草
科名
マメ科
属名
オジギソウ属
原産地
南アメリカ・ブラジル

オジギソウ(おじぎそう・おじぎ草)の特徴

オジギソウは多年草ですが日本の環境では冬の寒さに耐えられないので一年草として扱われています。オジギソウの草丈は30cm~50cmで暑さには強い植物です。種はサヤ状になっています。オジギソウの花はポンポンのような形のかわいいピンク色です。葉は小さい葉がたくさん集まって一つの葉の形になっています。オジギソウは触ると葉の一つ一つが閉じる特徴があります。

オジギソウは日当たりと暖かい気候を好みますので沖縄では自生していますが、その他の地域では寒さに耐えられないようです。地震を予知する草ともいわれて、地震の前に葉が閉じる現象が起こるといわれていますが真偽のほどはわかっていません。おじぎをするのは鳥や虫から葉を守ったり、風や雨で弱るのを防いだり、夏の暑さに耐えるため光合成の必要がない夜にできるだけ水分の蒸発を防ぐ役割があるといわれています。

オジギソウ(おじぎそう・おじぎ草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 30cm~50cm程度
耐寒性 やや弱い
耐暑性 強い
花色 ピンク
開花時期 6月‘~10月

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング