ゼラニウムの育て方|植物図鑑

植物名
ゼラニウム
学名

Pelargonium

英名
Geranium,Pelargonium
和名
天竺葵
別名・流通名
ペラルゴニウム
科名
フウロソウ科
属名
ペラルゴニウム(テンジクアオイ)属
原産地
南アフリカ

ゼラニウムの特徴

ゼラニウムはフウロソウ科ペラルゴニウム(テンジクアオイ)属の半耐寒性多年草です。品種により日本では越冬できないものもありますが、緑の葉を残し越冬する品種も多くあります。少し厚みのある葉と瑞々しい太さのある茎を持ち、乾燥に強いのが特徴です。

ゼラニウムの花は春から初夏にかけて開花する一季咲きの種類と、環境さえ合えばほぼ一年中開花する四季咲きの種類があります。ゼラニウムには数百種の品種が存在すると言われていて、その花は色も咲き方も多様です。大きな花びらを平たく開かせる咲き方のものや、スミレを思わせるような華奢な花びらを立てるように咲かせるものなどがあります。花色も赤やピンク、白などのほかに複色の複雑な表情を見せるものなど、バリエーションが豊富です。総じて一つの花茎に対して複数の花を毬のように咲かせます。

ヨーロッパの街並みの風景写真で、窓辺に赤やピンクの花の鉢植えが飾られている様子があります。この花の多くはゼラニウムです。ヨーロッパでは、ゼラニウムの中でも香りが強い品種には虫除け効果があると言い、窓辺に飾る習慣がありました。日本でもハーブゼラニウムと呼ばれ、香りを楽しむタイプのゼラニウムは人気があります。

ゼラニウムの詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 50~100㎝程度
耐寒性 品種による
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 赤、ピンク、白、その他複色
開花時期 一季咲き種:4~6月、四季咲き種:4~7月、9~11月

ゼラニウムとペラルゴニウムの違いって?

ゼラニウムの学名はPelargonium、でも園芸店などに行くとペラルゴニウムという名前で店頭に並んでいるものとは別にゼラニウムという名前で並んでいるものがあります。両者は見た目もよく似ているし、ゼラニウムの学名はペラルゴニウムの筈…と少し混乱した方も多いのではないでしょうか。

この名称の混乱はゼラニウムの学名の由縁にあります。かつてゼラニウムはフウロソウ属Geraniumに分類されていました。後年分類の見直しにより、現在のペラルゴニウム(テンジクアオイ)属Pelargoniumに変更されました。この時の名残でゼラニウムという呼び名がそのまま植物名として残っています。

つまり、ゼラニウムと呼ばれているものも、ペラルゴニウムの名で流通しているものも、同じペラルゴニウム(テンジクアオイ)属Pelargoniumということになります。同じ植物だという解釈で間違っていません。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング