ハーブゼラニウム(センテッドゼラニウム)の挿し木にチャレンジ!

金子三保子

金子三保子

3386views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

秋は、夏に旺盛に伸びたハーブゼラニウムの切り戻しの時期です。ハーブゼラニウムは、簡単に増やせるハーブのひとつです。切り戻した茎を使ってハーブゼラニウムの挿し木にチャレンジしてみませんか?

 

目次

ハーブゼラニウム(センテッドゼラニウム)って?

ハーブゼラニウムの挿し穂の作り方

ハーブゼラニウムの挿し木

挿し木後、数か月後のハーブゼラニウム

ハーブゼラニウムの挿し木に向く季節

ハーブゼラニウムの冬越し

 

ハーブゼラニウム(センテッドゼラニウム)って?

一般的にゼラニウムと呼ばれている植物と仲間ですが、ハーブゼラニウムは、葉や茎に香りがあってハーブとして分類されているゼラニウムのことを言います。それ以外にペラルゴニウムと呼ばれている植物も仲間です。ゼラニウムは、四季咲き性があるものが多いのに対して、ハーブゼラニウムは春から初夏が開花時期のものが多いのが違いのひとつです。(一部四季咲き性のあるものもあります)その他の違いは、花の大きさもゼラニウムよりは、小さめのサイズです。

そのまま挿しても良いのですが、切り口を1~2日ほど日陰で乾かしてから挿すと、切り口から雑菌が入って挿し穂が枯れるのを予防することが出来ます。

たくさんの品種があるハーブゼラニウムとペラルゴニウム。

葉っぱの色、形、香りで好みのものを選びましょう!

ただし、料理やお菓子、お茶など、飲食用に使う場合は、プランツタグの用途に飲食用と書かれているものを選びましょう。

最近は、ハーブでも、用途が主に観賞用としての品種もたくさんあります。

目次に戻る≫

ハーブゼラニウムの挿し穂の作り方

ハーブゼラニウムの根が出る部分

ハーブゼラニウム、ゼラニウム、ペラルゴニウムは、茎をよく見ると節(矢印部分)が数センチ間隔であります。

根っこは、この節の部分から出てくるので、挿し木に使う挿し穂は、必ず節が何節がついている茎を用意します。

ハーブゼラニウム、ゼラニウム、ペラルゴニウムは、茎をよく見ると節(矢印部分)が数センチ間隔であります。

根っこは、この節の部分から出てくるので、挿し木に使う挿し穂は、必ず節が何節がついている茎を用意します。

その年に成長した茎を10cmほどカットします。(節があるか確認!)

・土に挿す部分の葉っぱは取り去り、2~3枚葉をつけた状態にします。

・花がついているものは、花をカットします。

ハーブゼラニウムは、古い茎は木質化してきます。挿し木に使うのは、木質化した部分ではなく、今年の新しい茎を利用しましょう。

ハーブゼラニウムは、古い茎は木質化してきます。挿し木に使うのは、木質化した部分ではなく、今年の新しい茎を利用しましょう。

目次に戻る≫

ハーブゼラニウムの挿し木

赤玉土の小粒、バーミキュライトと赤玉土の混合、もしくは種まき、挿し木用として販売されている土を使います。

挿し木に使う土

赤玉土の小粒バーミキュライトと赤玉土の混合、もしくは種まき、挿し木用として販売されている土を使います。

土に肥料が配合されているような培養土は、挿し木には向きません。

ポット苗などに挿し木用の土を入れて、最初に水をたっぷりとあげて、土を十分に湿らせておきます。

通常の挿し木は、挿し穂を水につけて吸水させてから挿し木の作業を行いますが、ハーブゼラニウムは水分が多いので、水に挿す下準備は必要はありません。

剪定した茎をそのまま挿してもほぼ成功しますが、切り口を半日から1日ほど、室内で乾燥させてから挿すと、茎の切り口から雑菌が入って枯れるのを予防することができるので挿し木の成功確率が上がります。

〇印を付けた部分が、ハーブゼラニウムの節です。必ず節がある部分を土に挿しましょう。

〇印を付けた部分が、ハーブゼラニウムの節です。必ず節がある部分を土に挿しましょう。

 

完了。あとは風通しの良い日陰で管理すると、2~3週間で発根します。その間、土に適度な湿り気があるように水やりをします。土が過湿すぎると、茎が腐るので注意しましょう。

完了。あとは風通しの良い日陰で管理すると、2~3週間で発根します。その間、土に適度な湿り気があるように水やりをします。土が過湿すぎると、茎が腐るので注意しましょう。

途中で根が出たか確認したい気持ちをぐっとこらえて、最低でも2~3週間は茎をいじらないようにしてください。3週間もすると、だいたい小さな葉っぱが出てきたり、なんらかの根付いた兆候が出てきます。

目次に戻る≫

挿し木後、数か月後のハーブゼラニウム

こちらは初夏に挿し木をしたハーブゼラニウム。

こちらは初夏に挿し木をしたハーブゼラニウム。

ポット苗の状態で管理して数か月後の秋、苗を抜いてみました。根が鉢底の方まで伸びているので植え替えをします。

 

真夏と冬以外は、ハーブゼラニウムの植え替えに適している季節です。

植え替え完了!

真夏と冬以外は、ハーブゼラニウムの植え替えに適している季節です。

目次に戻る≫

ハーブゼラニウムの挿し木に向く季節

春と秋が挿し木をするのに向く季節です。

春の開花後の梅雨前と、夏を越した9月~10月は、ハーブゼラニウムの切り戻し時期なので、切り戻した茎を使って、挿し木をするのはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

ハーブゼラニウムの冬越し

ハーブゼラニウムは、寒さと湿気が苦手なハーブです。ローズゼラニウムなどのある程度の耐寒性がある品種は、関東より西の暖地だと、露地での越冬が可能です。霜にあたらないような軒下などで管理します。ちなみに私はローズゼラニウムは、鉢植えを軒下で管理していて、問題なく越冬します。

耐寒性がない品種は、夜は室内に取り込むなどの対策が必要です。大きな鉢植えだと、昼間は外、夜は室内に取り込むという作業が無理な場合は、万が一寒さでやられてしまった場合の対策として、秋の挿し木のシーズンにポット苗を作っておくと安心です。

目次に戻る≫

いかがでしたか?ハーブゼラニウムは、性質が強いので、挿し木が簡単にできるハーブのひとつです。秋は伸びすぎた茎の剪定シーズンなので、切り戻した茎を使って挿し木にチャレンジしてみてください。

 

▼関連記事

「ハーブゼラニウム(センテッドゼラニウム)の挿し木にチャレンジ!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

オススメ特集