ニチニチソウ(日々草)の育て方!長く楽しむための剪定や水やりなど管理のコツ

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ニチニチソウ(日々草)の花を長く楽しむための育て方をご紹介します。

ニチニチソウ(日々草)は、本来は多年草ですが、寒いのは苦手で日本では一年草として扱われています。ニチニチソウ(日々草)は花の開花が5月~10月と、半年近くも咲き続ける上に、暑さにも強い光にもとても強いこと、さほど手入れをしなくても咲き続けることなどから夏の花壇の定番の草花です。

ニチニチソウ(日々草)の定番カラーは、ピンク系濃淡、白、赤などですが、最近は黒に近いシックな色あいや、咲き方もカクタス咲きや小輪種など、種類がとても豊富になってきました。

ニチニチソウ(日々草)の育て方・目次

ニチニチソウ(日々草)とは?

ニチニチソウ(日々草)は、本来は多年草ですが、耐寒性がないため、日本では一年草として扱われることの多い草花です。花の開花が5月~10月と、半年近くも咲き続ける上に、暑さや強い光にもとても強いこと、さほど手入れをしなくても咲き続けることなどから夏の寄せ植えや花壇の定番の草花です。

学名:Catharanthus roseus
科名:キョウチクトウ
属名:ニチニチソウ
分類:草花(多年草・日本では一年草扱い)

ニチニチソウ(日々草)は、本来は多年草ですが、耐寒性がないため、日本では一年草として扱われることの多い草花です。花の開花が5月~10月と、半年近くも咲き続ける上に、暑さや強い光にもとても強いこと、さほど手入れをしなくても咲き続けることなどから夏の寄せ植えや花壇の定番の草花です。

ニチニチソウ(日々草)の入手方法

ニチニチソウ(日々草)は、苗で購入するか、種まきをするかになります。

ニチニチソウ(日々草)の種まき

スペースや欲しい苗数によって何に蒔くかを決めます。

1.育苗トレーなどの箱に蒔き、本葉が4~6枚くらいになったら移植する

2.ポット苗に2~3粒ずつ蒔いて、本葉2~3枚くらいで元気なもの以外を間引く

ニチニチソウ(日々草)の発芽適温は、20~25度と高めです。気温が高くならないと発芽しないので、東京だと4月中旬以降くらいになります。20~25度の発芽適温は、目安としては八重桜が咲くころを目安にします。ニチニチソウ(日々草)は嫌光性なので、種を蒔いたら必ず土をかけましょう。嫌光性とは、発芽に光を必要としない性質のことです。また、発芽までに10日ほどかかるので、その間、土を乾かさないように注意します。

摘芯

ニチニチソウ(日々草)の本葉が6~8枚くらいになったら、芽先を摘芯(芽先を摘むこと)すると、そこから脇芽が成長して茎の数が増えて、低めでしっかりとしたバランスのよい苗になります。

ニチニチソウ(日々草)の流通

日々草(ニチニチソウ)の苗は4月ごろから出回り始めます。葉っぱが生き生きとした緑で、茎が間延びしていないしっかりとした苗を選びます。

ニチニチソウ(日々草)の苗は4月ごろから出回り始めます。葉っぱが生き生きとした緑で、茎が間延びしていないしっかりとした苗を選びます。

目次に戻る≫

ニチニチソウ(日々草)の植え付けと育てる場所

ニチニチソウ(日々草)は、日当たりがよく、風通しのよい場所に植えましょう。明るめな半日陰なら栽培可能ですが、日照不足になると花付きが悪くなり、茎も間延びします。熱帯が原産の植物なので、強い光と高い気温が大好きな植物です。

ニチニチソウ(日々草)の性質で覚えておいた方がいい性質があります。それは、ニチニチソウ(日々草)は直根性の根の性質であることです。移植を嫌うので、何度も植え替えたりすることはできないと思った方がよいでしょう。ポット苗から植え替える時は、根を触らないように注意して植え替えます。

直根性とは・・・

根っこが地中深く枝分かれすることなく、まっすぐに伸びていく性質のことをいいます。地中深く伸びた後に分岐するものもありますが、基本的には太い根が下に伸びていく性質です。そのため直根性の植物は、太い根を少しでも痛めてしまうと植物のダメージが大きく、うまく根付きません。このことから植え替えの時に注意が必要な植物と言えます。買ってきた苗を植え付ける際には、根をほぐさず、そのまま土に埋める感じで植え替えましょう。

目次に戻る≫

ニチニチソウ(日々草)の土と肥料

地植えのニチニチソウ(日々草)は、水はけの良い土を好みます。また、酸性の土を嫌うので有機石灰を入れて中和するのも対策のひとつです。連作障害が起きやすいので、同じ場所に植えないようにしましょう。鉢植えのニチニチソウ(日々草)は、水はけのよい土に植えましょう。花用の培養土で問題なく育ちます。

肥料

ニチニチソウ(日々草)は、花が次々と咲く分、肥料を必要とする植物なので、肥料は定期的に与えましょう。ただし、肥料は多すぎてもよくないので、使用している肥料の説明書に使用頻度より少なめにあげてみて、咲き方の様子を見ながら適量を把握していきます。

目次に戻る≫

ニチニチソウ(日々草)の日々の管理はどうしたらいい?

水やり

ニチニチソウ(日々草)は、原産が熱帯なだけあって、乾燥に強い草花です。ジメジメした土を嫌うので、ニチニチソウ(日々草)の水やりは、土の表面をよく見て、乾いたらたっぷりとあげるようにします。

ニチニチソウ(日々草)って花がら摘みは必要?・・・花後の処理

日々草(ニチニチソウ)は、咲き終わると、ぽろっと自然に取れます。そのため普通の花のような、花がらつみは必要ありません。ただし、落ちた花がらをそのままにしておくと、水やりや雨水で葉っぱに花がくっついてしまい、そこからカビが発生してしまうこともあります。落ちた花は、こまめに取ると病気の予防になります。日々草(ニチニチソウ)の花が取れた後の茎にさやが残っていると種をつけるので、さやができたらカットします。

ニチニチソウ(日々草)は、咲き終わるとぽろっと自然に取れます。そのため普通の花のような、花がらつみは必要ありません。ただし、落ちた花がらをそのままにしておくと、水やりや雨水で葉っぱに花がくっついてしまい、そこからカビが発生してしまうこともあります。落ちた花は、こまめに取ると病気の予防になります。ニチニチソウ(日々草)の花が取れた後の茎にさやが残っていると種をつけるので、さやができたらカットします。

ニチニチソウ(日々草)の切り戻し

日々草(ニチニチソウ)は、茎が全体的に伸びすぎて姿が乱れてきたら切り戻しをします。定期的に切り戻しをすると、切った部分から脇芽が出て、きれいな姿を保ちます。この切り戻しを夏まで繰り返すと、たくさんの花がついた、姿のよい日々草(ニチニチソウ)に生長します。

ニチニチソウ(日々草)は、茎が全体的に伸びすぎて姿が乱れてきたら切り戻しをします。定期的に切り戻しをすると、切った部分から脇芽が出て、きれいな姿を保ちます。この切り戻しを夏まで繰り返すと、たくさんの花がついた、姿のよいニチニチソウ(日々草)に生長します。

ニチニチソウ(日々草)を剪定する位置

線の下に小さな脇芽ができています。切り戻すときは、線の部分で剪定します。

線の下に小さな脇芽ができています。切り戻すときは、線の部分で剪定します。

目次に戻る≫

 

\次はニチニチソウ(日々草)によくある立ち枯れ病についてです!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ニチニチソウ(日々草)の育て方!長く楽しむための剪定や水やりなど管理のコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ