ツワブキ(石蕗)の育て方|植物図鑑

植物名
ツワブキ(石蕗)
学名

Farfugium japonicum

英名
Leopard plant、Green leopard plant
別名・流通名
イシブキ、イワブキ
科名
キク科
属名
ツワブキ属
原産地
日本、東アジア

ツワブキ(石蕗)の特徴

ツワブキ(石蕗)は、関東以南の海岸部や山林に自生するキク科の多年草です。秋になるとキクに似た黄色い花を咲かせます。花の盛りが長く日陰でも良く育つので公園や庭園でよく見かけます。タンポポのように綿毛をつけた種子が風に飛んでいくさまもまた風情があります。 岩の上など厳しい環境でもたくましく育つことから、「石蕗」と書いてツワブキと読ませます。日本原産だけに育てやすく、塩害や日陰にも強い丈夫さが特長。

ツワブキ(石蕗)は斑入り種や八重咲種もあり、盆栽として愛でられている他、樹木の下草やグランドカバーにもよく用いられています。 九州を中心に山菜として広く食用になっており、宮崎県・日南市では市の花に指定されています。

ツワブキ(石蕗)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~50㎝程度
耐寒性 強い
耐陰性 強い
花色 黄、白
開花時期 10月~12月頃

ツワブキ(石蕗)とフキ(蕗)の見分け方

ツワブキ(石蕗)はフキ(蕗)と同じ、キク科の植物です。ツワブキ(石蕗)とフキ(蕗)は一見良く似ています。見分け方は、フキ(蕗)に比べツワブキ(石蕗)の方が葉に厚みがあり、しっかりとしていること。さらにツワブキ(石蕗)は葉の色も濃い緑で光沢があり、表面に産毛のような毛が生えています。

九州など地方によってはフキ(蕗)と同じように、ツワブキ(石蕗)の茎を食用とします。食用にする場合は、ツワブキ(石蕗)は大変アクが強いので、アク抜き等の下処理を行ってからにしましょう。

ツワブキ(石蕗)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
開花

ツワブキ(石蕗)の栽培環境

日当たり・置き場所

ツワブキ(石蕗)は耐陰性が強い植物です。日陰の庭でも良く育ちます。一日数時間は日が当たるような半日陰でも花を楽しめます。

用土

ツワブキ(石蕗)は、土質を選ばない強健な植物ですが、有機質の土壌に植えると花付きが良くなります。あらかじめ堆肥など元肥をよく混ぜ込んでおきましょう。

ツワブキ(石蕗)の育て方のポイント

水やり

鉢植えは表土が乾いたらたっぷりと与えます。地植えの場合は基本的に必要ありません。

肥料

葉の大きさやつやが少し物足りないと感じたら、油かすや固形肥料を足すとよいでしょう。

病害虫

キクスイカミキリの被害があります。茎の中を伝って地下で食害するので見つけにくく、被害の疑われる株を引き抜く程度しか対策がありません。予防として周辺に同じキク科の雑草を生やさないようにします。

ツワブキ(石蕗)の詳しい育て方

選び方

ツワブキ(石蕗)は、葉の形や色の入り方でさまざまな品種があります。葉にツヤがあり、茎がしっかりとしているものを選びましょう。

種まき

ツワブキ(石蕗)の種は市販されていません。秋に採取した綿毛のついた種を翌春の2月~3月にまきます。

植え付け

ツワブキ(石蕗)の植え付けは、新芽が出てくる前の3月に行います。基本的に強健種ですが、真夏と真冬は根に負担がかかるので、植え付けは避けた方がいいでしょう。

剪定・切り戻し

ツワブキ(石蕗)は、ほとんど剪定の世話がかかりません。枯れた葉は茎の付け根からカットします。鉢に合わせてコンパクトにまとまる性質があるので、ミニ観葉や盆栽にぴったりです。

植え替え・鉢替え

ツワブキ(石蕗)の植え替えは、真夏と真冬を避けた気候のいい時に行います。

ツワブキ(石蕗)の花は秋から冬にかけて開花します。葉の中心部から花茎を伸ばし、その先に黄色や白の花が咲きます。花後はタンポポのような綿毛になります。

収穫

種でツワブキ(石蕗)を増やしたい場合は、花後に綿毛を取って置いて、春に植え付けます。

冬越し

ツワブキ(石蕗)は常緑多年草です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ツワブキ(石蕗)は株分けで増やすことが出来ます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング