ツワブキ(石蕗)の育て方|植物図鑑

植物名
ツワブキ(石蕗)
学名

Farfugium japonicum

英名
Leopard plant、Green leopard plant
別名・流通名
イシブキ、イワブキ
科名
キク科
属名
ツワブキ属
原産地
日本、東アジア

ツワブキ(石蕗)の特徴

ツワブキ(石蕗)は、関東以南の海岸部や山林に自生するキク科の多年草です。秋になるとキクに似た黄色い花を咲かせます。花の盛りが長く日陰でも良く育つので公園や庭園でよく見かけます。タンポポのように綿毛をつけた種子が風に飛んでいくさまもまた風情があります。 岩の上など厳しい環境でもたくましく育つことから、「石蕗」と書いてツワブキと読ませます。日本原産だけに育てやすく、塩害や日陰にも強い丈夫さが特長。

ツワブキ(石蕗)は斑入り種や八重咲種もあり、盆栽として愛でられている他、樹木の下草やグランドカバーにもよく用いられています。 九州を中心に山菜として広く食用になっており、宮崎県・日南市では市の花に指定されています。

ツワブキ(石蕗)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 ~50㎝程度
耐寒性 強い
耐陰性 強い
花色 黄、白
開花時期 10月~12月頃

ツワブキ(石蕗)とフキ(蕗)の見分け方

ツワブキ(石蕗)はフキ(蕗)と同じ、キク科の植物です。ツワブキ(石蕗)とフキ(蕗)は一見良く似ています。見分け方は、フキ(蕗)に比べツワブキ(石蕗)の方が葉に厚みがあり、しっかりとしていること。さらにツワブキ(石蕗)は葉の色も濃い緑で光沢があり、表面に産毛のような毛が生えています。

九州など地方によってはフキ(蕗)と同じように、ツワブキ(石蕗)の茎を食用とします。食用にする場合は、ツワブキ(石蕗)は大変アクが強いので、アク抜き等の下処理を行ってからにしましょう。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング