モモ(もも・桃)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
モモ(もも・桃)
学名

Amygdalus persica,Prunus persica

英名
Peach blossom
和名
別名・流通名
実桃
科名
バラ科
属名
モモ属
原産地
中国中北部

モモ(もも・桃)の特徴

モモ(もも・桃)は、バラ科サクラ属の落葉中高木で、樹高は8mに達し花が美しく、ほのかな紅色をした果実は甘くみずみずしさがあります。植え付けから数年で成木になり大きな実を収穫できますが、病害虫が多く栽培には摘果や袋かけ、薬剤散布の手間と技術が必要です。極早生種から晩生種までさまざまですが初心者は早生種の方が栽培しやすいです。中国では3000年以上前から食用として栽培されていたといわれており、禍を避け福を招く縁起の良い木と考えられています。ヨーロッパには紀元前に伝わっておりローマ帝国の書物にも登場します。日本に伝わった時期は不明ですが縄文遺跡から種が出土しています。

モモ(もも・桃)の詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 2m~8m程度
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 ピンク~白
開花時期 3~4月

桃の種類

「白桃」や「砂子早生」は花粉がないため1本では実がつきません。「あかつき」「白鳳」「大久保」は花粉があるため1本でも実がつきます。早生~中生種の「ちよひめ」は晩生種に比べて害虫がつきにくいです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング