コケモモ(リンゴンベリー)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
コケモモ(リンゴンベリー)
学名

Vaccinium vitis-idaea

英名
Cowberry,Lingonberry,Lowbrush cranberry,Foxberry
和名
苔桃(こけもも)
科名
ツツジ科
属名
スノキ属
原産地
北アメリカ、北欧などユーラシア半島北部

コケモモ(リンゴンベリー)の特徴

コケモモ(リンゴンベリー)は、北米や北欧の森林地帯に自生する、常緑低木です。高さは10~40㎝程度、低い位置で枝葉を密集させて広がって行くところから、苔桃(こけもも)という名が付きました。初夏に白い花を咲かせ、秋に直径1㎝程度の可愛らしい赤い丸い果実を付けます。耐寒性が非常に高く、冬も緑の葉を落としません。酸性土壌を好み、痩せ地でも良く育ちます。夏の高温多湿に弱いので、日本の平野部で地植えにするのは難しい植物です。鉢植えで管理し、冬は日当たり良く、夏は風通しの良い半日陰に移動させるといいでしょう。

同じツツジ科のツルコケモモ(クランベリー)と混同されがちですが、別種です。見分け方は、コケモモ(リンゴンベリー)の花は、ブルーベリーやドウダンツツジのような釣鐘型の花を咲かせます。ツルコケモモ(クランベリー)の花は、花びらが後ろに反り返ったように咲くので咲き方が違います。

北米や北欧では、コケモモ(リンゴンベリー)をジャムにしたものを、パンケーキやトースト、肉料理や魚料理の付け合わせ等、伝統料理で広く利用します。

 

コケモモ(リンゴンベリー)の詳細情報

園芸分類 果樹
草丈・樹高 10~40cm程度
耐寒性 強い
耐暑性 弱い
耐陰性 強い
花色 白、ピンク
開花時期 6月~7月

コケモモ(リンゴンベリー)とツルコケモモ(クランベリー)の違いって?

コケモモ(リンゴベリー)もツルコケモモ(クランベリー)も、ツツジ科スノキ属の植物なので、非常に近縁種の植物と言えます。両種とも高温多湿が苦手で、酸性土壌を好み、痩せ地でも良く育ちます。初夏に花を咲かせ、秋に直径1㎝程度の赤い実を付けるところも良く似ています。

大きな違いは、コケモモ(リンゴベリー)は匍匐(ほふく)するように枝葉を広げて伸びていくのに対し、ツルコケモモ(クランベリー)はツルを伸ばして生長していきます。もう一つの大きな違いは花の形状です。コケモモ(リンゴベリー)はブルーベリーのような釣鐘型の花を咲かせるのに対し、ツルコケモモ(クランベリー)は花びらを後ろに反り返らせるような形状の花を咲かせます。

コケモモ(リンゴベリー)もツルコケモモ(クランベリー)も、生食には向いておらず、ジャムなどに加工して利用されます。どちらも、北米や北欧の野菜や果物が不足しがちな長く寒い冬に、大切な栄養源として食卓を賑わせてきました。

 

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング