シモツケの育て方|植物図鑑

植物名
シモツケ
学名

Spiraea japonica

 

英名
Japanese Spiraea
和名
下野(シモツケ)
科名
バラ科
属名
シモツケ属
原産地
日本、朝鮮半島、中国

シモツケの特徴

シモツケは日本、中国、朝鮮半島原産の耐寒性落葉低木。5月~6月頃、枝先に小さな花が集まってふんわり丸く咲きます。蕾の時は丸い粒の状態ですが、それがはじけるように咲き進みます。花色は、赤、紫、ピンク、白などがあり、葉は長めの楕円形でやや尖り、細かいギザギザが特徴的です。華やかな雰囲気はありませんが、楚々とした美しさと風情があります。最近はカラフルな葉色の品種が登場し、花が咲いていない時期もカラーリーフとして庭や花壇を明るく演出してくれます。

シモツケは暑さや寒さに強く、性質が丈夫で育てやすい樹木です。日当たりが良く、乾燥しすぎない場所を好みます。明るい日陰くらいであれば耐陰性があり育ちます。ただ、光が足りないと花付きが悪くなります。株がこんもりとやや大きく育つので、どちらかと言えば地植えが向いていますが、コンテナでも育てられます。

シモツケの詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 50~100㎝
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 赤、紫、ピンク、白
開花時期 5月~6月

シモツケの種類

シロバナシモツケ

白い花が咲く品種。

ゲンペイシモツケ

一株から白とピンク色の花を咲き分ける品種。「源平咲きシモツケ」とも呼ばれています。

ホザキシモツケ

小さな花が集まって円錐状の穂になって咲く品種。花色はピンクです。

ゴールドフレーム

芽吹きは濃いオレンジ色で、暖かくなるとライム色の葉が美しい品種。秋には赤く紅葉します。

ゴールドマウンド

芽吹きの新芽から黄金葉で、秋に紅葉する品種。

シモツケの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け・植え替え
開花
肥料

シモツケの栽培環境

日当たり・置き場所

シモツケは日当たりが良く、乾燥しすぎない場所を好みます。半日陰でも育ちますが、光が足りないと花付きは悪くなります。

用土

鉢植えの場合は、市販の草花用の培養土で問題なく育ちます。

地植えの場合は、事前に植える場所を掘り起こして、腐葉土や元肥を混ぜ込んでおきましょう。

シモツケの育て方のポイント

水やり

鉢植えの場合は、土の表面が乾いたら鉢底から水が流れ出るくらい与えます。

地植えの場合は、根付いてからは真夏に日照りが続く時以外は特に水やりの必要がありません。

肥料

4月に緩効性肥料を適量与えましょう。

病害虫

シモツケは葉や枝が伸びる頃にアブラムシがつくことがあります。アブラムシは木酢酢などで予防できます。

風通しが悪いとカイガラムシがつきやすいので、風通しの良い所で管理しましょう。

シモツケの詳しい育て方

植え付け

11月~12月または、3月~4月頃に植え付けます。

剪定・切り戻し

放任しても樹形はまとまりますが、株は年々大きくなるので1年おきくらいに刈り込むとよいです。剪定の適期は2月頃です。

植え替え・鉢替え

鉢植えの場合、鉢が窮屈になったら新しい土を使ってひとまわり大きい鉢に植え替えます。

花は5月~6月頃に咲きます。

花が終わった後、枝先に残った花がらをハサミでカットします。花がらを切ると、脇から花芽を伸ばして2番花を咲かせます。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

シモツケは、挿し木と株分けで増やすことができます。挿し木の適期は6月下旬から7月中旬頃です。1月~12月または、3月~4月頃には株分けができます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る
植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

人気の植物ランキング