ハゴロモジャスミンの育て方|植物図鑑

植物名
ハゴロモジャスミン
学名

Jasminum polyanthum

科名
モクセイ科
属名
ソケイ属
原産地
中国

ハゴロモジャスミンの特徴

ハゴロモジャスミンは、モクセイ科ソケイ属の半常緑性つる植物です。花の外側はピンク、内側は白のコントラストが美しく、強い芳香を持ちます。葉を楽しむ斑入りのハゴロモジャスミンも流通しています。薄黄色の斑が入った葉が美しい観賞用のハゴロモジャスミンです。

ハゴロモジャスミンの他にもジャスミンと呼ばれる花は何種類もあります。ジャスミンティーに使用されているのは、マツリカ( Jasminum sambac) という別な植物です。

ハゴロモジャスミンは半常緑性なので、冬には多少葉を落としますが緑豊かな姿で越冬します。関東以西ではハゴロモジャスミンの半常緑である特性を活かして、フェンスやトレリスに絡ませる等、目隠しに用いることができます。鉢植えのハゴロモジャスミンは支柱を立てあんどん仕立てにしたり、そのまま近くのトレリスなどに絡ませても楽しめます。

ハゴロモジャスミンは秋には翌年の花芽を付け始めます。剪定は開花後から遅くても夏の終わりくらいまでに済ませましょう。

ハゴロモジャスミンの詳細情報

園芸分類 庭木
草丈・樹高 2~3m
耐寒性 強い
耐暑性 強い
花色 白(外側はピンク)
開花時期 4~5月

ハゴロモジャスミンの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
植え替え
剪定
開花

ハゴロモジャスミンの栽培環境

日当たり・置き場所

ハゴロモジャスミンは日当たりの良い場所を好みます。

用土

ハゴロモジャスミンは保水性、水はけ共に良い土壌を好みます。

鉢植えのハゴロモジャスミンは市販の園芸用培養土で問題なく育ちます。

ハゴロモジャスミンの育て方のポイント

日常の管理

ハゴロモジャスミンは生長が早く、色々な場所に絡み付いていきます。好みの形に仕立てたい場合は、こまめな誘引が必要です。

水やり

地植えのハゴロモジャスミンは根付いてからは特に水やりの必要はありません。鉢植えのハゴロモジャスミンは表土が乾いたら、鉢底から水が出てくるくらいたっぷりと与えます。地植え鉢植え共に、乾燥が続いた時には様子を見て水やりを行ってください。

肥料

秋頃有機肥料を漉き込みます。ハゴロモジャスミンは肥沃な土壌の方が花付きが良くなります。

病害虫

目立った病害虫の被害はありません。

ハゴロモジャスミンの詳しい育て方

選び方

ハゴロモジャスミンの苗は、グリーンが明るくきれいで徒長していないものを選びます。花芽がたくさん上がっている株を選べば、購入後すぐに花を楽しめます。

植え付け

ハゴロモジャスミンの植え付けは真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。常緑でよく茂るので、植える場所に気を付けましょう。

仕立て方

ハゴロモジャスミンは常緑つる性植物です。フェンスやトレリスなどに誘引して仕立てます。放っておくと風に吹かれて自由に絡みついていきます。好みの形仕立てるには様子を見てこまめに誘引する必要があります。

鉢植えのハゴロモジャスミンは鉢に直接支柱やトレリスを立てて誘引する行灯仕立ての他、フェンスなどのそばに置いて絡ませていくこともできます。

剪定・切り戻し

ハゴロモジャスミンは生長が早く、よく茂ります。花後、夏くらいまでに大きく切り戻します。ハゴロモジャスミンは秋に翌年の花芽を作り始めます。剪定が遅いと翌春に花が咲かない原因となりますので、気を付けましょう。

植え替え・鉢替え

ハゴロモジャスミンの植え替えは、2~3年に1度鉢底を確認し、根が見えているようであれば植え替えのタイミングです。

植え替えは真夏と真冬を避けた、春か秋の暖かい日に行います。植え替えの際は、1~2回り大きな鉢に植え替え、植え付け後はたっぷりと水やりを行います。

ハゴロモジャスミンの花が咲くのはは4~5月です。強い芳香のある白い花を枝一面に咲かせます。枝を覆いつくすように咲く満開のハゴロモジャスミンは香りも相まって、とても見事です。

夏越し

ハゴロモジャスミンは、特に必要な夏越しの作業はありません。

冬越し

ハゴロモジャスミンは常緑です。特に必要な冬越しの作業はありません。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ハゴロモジャスミンは挿し木で増やせます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング