カレックスの育て方|植物図鑑

植物名
カレックス
学名

Carex

英名
Carex
和名
スゲ
科名
カヤツリグサ科
属名
スゲ属
原産地
日本、東アジアなど

カレックスの特徴

カレックスは園芸品種も含め、とてもたくさんの種類があります。日本原産の品種も多く、気付かないうちに目にしていることの多い植物です。カンスゲやヒゲスゲ、オオカサスゲなど日本の山野でもよく見かけます。細く長い葉が印象的なグラス類です。グリーンの濃さにもいろいろあり、深く濃い緑から明るいグリーン、斑入りまでと多様です。湿地を好む種類から乾燥気味が好きなものまでいろいろです。株で大きくなるので、グラウンドカバーにも適しています。

カレックスの詳細情報

園芸分類 芝・グラス
草丈・樹高 10~30㎝程度
耐寒性
耐暑性
耐陰性

カレックスの種類

カレックス・バリエガータ

斑入りの長い葉が特徴的なカレックスの仲間です。葉の両外側に白い斑が入ります。

カレックス・エバーゴールド

斑入りのカレックスです。葉の両外側にグリーンの斑が入ります。カレックス・バリエガータと斑の入り方が逆になります。

カレックス類は非常に強健で、場所や土壌を選ばずに育つものが多くあります。乾燥気味の土壌や半日陰でも育ちます。細く長い葉が垂れるように伸びる姿が特徴的で、グラウンドカバーにも向いています。印象的な斑入り種などもありますので、オーナメンタルグラスとしても活躍してくれます。

育て方を見る >>

人気の植物ランキング