イタリアンパセリの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
イタリアンパセリ
学名

Petroselinum neapolitanum

英名
Italian parsley
科名
セリ科
属名
オランダゼリ属
原産地
地中海

イタリアンパセリの特徴

イタリアンパセリは、ヨーロッパ地中海原産のセリ科のハーブ。2年草のハーブです。

(※2年草とは、種まきした翌年になってから花が咲くというように、生育のサイクルが2年にわたるもの。)

パセリの中でも、イタリアンパセリは葉が縮れていない平葉種になります。

イタリアンパセリの詳細情報

園芸分類 ハーブ
草丈・樹高 20~30cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや強い
花色 白色
開花時期 6~7月

イタリアンパセリは、ビタミンA、B、C、鉄分、カルシウムが豊富です。色鮮やかなグリーンの葉は料理の彩りにも活躍します。肉料理、魚料理から、スープ、生葉はサラダなど様々な料理にも使いやすく、美味しくいただくことができます。

たくさん収穫できた時は、綺麗に洗って水気を切りそのまま冷凍保存します。イタリアンパセリが凍ったら、密封した袋ごと揉んで粉々にすることができます。使いたい時に使う分だけ取り出せて、とても便利なハーブです。

ちなみに、イタリアンパセリは、モスカールドパセリに比べて苦味も少ないようです。

イタリアンパセリの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

イタリアンパセリの栽培環境

日当たり・置き場所

日が強すぎると枯れる原因になります。夏の直射日光は避けて、適度に日が当たる、風通しのよい場所で管理しましょう。

温度

生育適温は15~20℃です。

用土

ハーブ用土や野菜用の土でしたら問題なく使用できます。ご自身で土を配合する時は多湿を嫌うので、水はけのよい土に調合してください。
また、イタリアンパセリはpH6~6.5位の弱酸性土壌を好みます。適切な酸度調整を行いましょう。
イタリアンパセリの根は土の中に深く伸びますので、植え付ける土はしっかり耕しましょう。

イタリアンパセリの育て方のポイント

水やり

水やりは土の表面が乾いてきたら水をたっぷりと与えましょう。水切れは風味が落ちる原因になります。
冬場は少し控えめにして乾燥気味に管理します。

肥料

植え付け後は2~3週間に1度の追肥をしましょう。 種をまいた後は、株がしっかり大きくなってきたら、2~3週間に1度の追肥をします。肥料不足になると葉が黄色っぽくなってきますので目安にしましょう。

病害虫

ハダニは特に梅雨の終わった頃に発生します。植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。日ごろから木酢液ニームなどの希釈液を葉の表裏に吹き付けるとハダニ予防にもなり、イタリアンパセリの生育も良くなるため効果的です。
植物の葉などに粉をまぶしたように白くなるのがうどんこ病です。最初は少し白く粉をふいているように見えますが、悪化してくると葉の全面が真っ白になります。そのうち、茎や果実にも発生し、やがて植物全体に蔓延します。うどん粉病を見つけたら早めに対応しましょう。
アブラムシは新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。また、アブラムシは窒素肥料を与えすぎると発生しやすくなります。肥料の分量は適量を守りましょう。

イタリアンパセリの詳しい育て方

選び方

葉の色が緑色で、見た目にも元気で健康な株を選びましょう。

種まき

すじまき・点まきいずれかの方法で種をまきます。種をまいたら軽く覆土し、たっぷりと水をかけましょう。
本葉が出てきて込み合ってきたら、間引きをします。間引き菜はベビーリーフとして召し上がってください。順次間引きをして、葉が込み合わない程度に株間を取ります。目安として20~30cmほど株間をとってあげるといいでしょう。

植え付け

イタリアンパセリの根は土の中に深く伸びますので、移植するときは根を傷つけないように優しく行いましょう。植えつけ後に鉢底からお水がでるくらいたっぷりとお水を与えます。根が新しい土に活着するまで乾燥させないように管理しましょう。

剪定・切り戻し

特に必要ありません。

植え替え・鉢替え

特に必要ありません。

6~7月に白い小さな花を咲かせます。

収穫

イタリアンパセリは2年草のため、葉がある間は常に収穫ができます。春と秋、種まきの時期を増やすと 一年中収穫が楽しめます。

夏越し

耐暑性に優れているので、夏越しします。

冬越し

耐寒性に優れているので、冬越しします。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

主に種で増やします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング