せり(芹・セリ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
せり(芹・セリ)
学名

Oenanthe javanica

英名
Japanese parsley
科名
セリ科
属名
セリ属
原産地
日本

せり(芹・セリ)の特徴

セリ科で20~40cm位まで草丈に伸びる多年草です。せりの別名は、根白草(ねじろぐさ)ともいい、春の七草のひとつです。水田や湿地などで自生しています。

春から夏にかけて、茎の根の際から這うようにランナーが出て、各節から根が出てきます。花の季節は7月で、小さくて白い花が咲きます。耐寒性があり、多年草のため毎年収穫できる、育てやすい野菜です。

田の畔(あぜ)で摘むせりを田芹(たぜり)、野生のせりを野芹(のぜり)といいます。

種の発芽率が悪いため、苗から育てることが多いようです。スーパーで売っている根がついているせりを植えても、良く育つ日本原産の野菜です。

自生しているため、野生のせりを収穫して食したいところですが、大変有毒なドクゼリとの区別は初心者にとっては、難しいかもしれません。ちなみに、ドクゼリは草丈が食用のせりと比べて大きく、1m位まで達します。地下茎は緑色で、節間がタケノコのように中が空洞になっています。誤食すると、嘔吐、下痢、けいれん、呼吸困難などの症状があらわれるため、判断できな場合は食用として採取しないようにしましょう。

せりは春に若い茎や柔らかい若葉を収穫します。別名根白草(ねじろぐさ)ともいうせりの根は、泥をしっかり落とすと、真っ白で、シャキシャキとした味わいです。仙台のせり鍋は、そのせりの根まで使用するお鍋です。

せり(芹・セリ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 20~40cm
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや強い
花色 白色
開花時期 7~8月

せり(芹・セリ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
植え付け
収穫

せり(芹・セリ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりの良い環境、または半日陰の湿度の高い土質を好みます。

温度

耐寒性には優れているが、10 ℃以下になると生長が鈍ります。暑さにはやや弱いです。

用土

肥沃な土壌が好まれます。元肥を施し、しっかり耕うんしましょう。

せり(芹・セリ)の育て方のポイント

水やり

乾燥には弱いので、水やりは土が乾かないようにたっぷりと与えましょう。

肥料

元肥重視で、特に追肥は必要ありませんが、葉が黄色くなったり、草勢が落ちているときに追肥をしましょう。

病害虫

他の野菜と比べて、あまり心配ありません。

せり(芹・セリ)の詳しい育て方

選び方

葉柄が緑色のものを選びましょう。

種まき

種の発芽率が他の野菜と比べてあまりよくないため、種ぜりといって、ランナーを1、2節の長さに切断したものか、苗を植え付けます。

植え付け

種ぜりを畝の上に、均一にばらまいていきます。その上から軽く覆土し、乾燥しないようにたっぷり水をかけます。

植え替え・鉢替え

せりの根は直根性のため、移植を嫌います。

白くて小さな花を咲かせます。

収穫

草丈が25~30cm位になったら株ごと抜き取り収穫します。
または、根元を残して外葉から収穫すると、長い間収穫することができます。
せりは耐寒性に優れていますが、10 ℃以下になると生長が鈍りやすいため、冬はビニールや寒冷紗などで覆い、保護すると良いでしょう。

リボベジ

せりは、畑栽培だけでなく、ベランダでも簡単にプランターで育てることができます。

もっと気軽な栽培方法は、買ってきた根の付いたせりで「リボベジ(再生野菜)」として水耕栽培することも可能です。キッチンガーデンの第一歩として、簡単に育てられますのでお試しください。

方法

1 せりの根元を5cmほど残します(新芽を残しましょう)。

2 器にせりの根元を入れ、水を注ぎます。その際、せりが水に浸かりすぎると、腐りやすくなります。せりの根が水に浸る程度の水の量を心がけましょう。

3 水は毎日取り換えましょう。特に夏場は水が腐りやすく、菌が繁殖しやすいため、こまめに取り換えましょう。

4 容器やせりの根元にぬめりがないように、綺麗に洗いましょう。

5 腐ってしまったせりは、すぐに破棄しましょう。

6 菌の繁殖に注意し、薬味のような生食は避け、必ず火を通しましょう。

7 引き続き育てたい場合は、土に植えて栽培することをおすすめします。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング