ケールの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
ケール
学名

Brassica oleracea

英名
Kale
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
地中海沿岸

ケールの特徴

ケールの和名は、羽衣甘藍(はごろもかんらん)といいます。甘藍(かんらん)とはキャベツの別名です。つまり、ケールはキャベツの原型ともいわれ、結球しないキャベツの一種です。

原産地は南ヨーロッパの地中海沿岸です。

ケールは、「ヤセイカンラン」といってキャベツやブロッコリーなどの原種に当たる地中海沿岸に自生する植物と、とても良く似た形をしています。そのため、私たちの食生活に馴染みのあるキャベツよりもケールは歴史のある野菜です。

黒キャベツと同じように、上に向かって生長し、大きく育った葉を順にかき取るように収穫していきますので、一発採りのキャベツの収穫と違い、長い間収穫できます。

葉の形も様々で、キャベツのように丸い葉で、縮れのない葉もあれば、パセリのように葉が縮れて、カール状のケールもあります。また、黒キャベツもケールの仲間としてひとくくりにされることもあります。

日本でケールといえば、青汁や野菜のスムージーの材料として有名ですが、海外ではキャベツのように、サラダや煮込み料理、炒め物、パスタの材料に使われます。

ケールの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 30~80cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

ケールの歴史

ケールはブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、コールラビ、黒キャベツなどのキャベツの原種で、紀元前から自生していたともいわれています。古くからケルト人がケールの栽培を始め、広まったといわれています。

ケールが初めて日本に伝えられたのは、18世紀の江戸時代初期頃ですが、野菜としてのケールではなく、園芸用として品種改良された葉ぼたんが広まり、食用として利用されませんでした。

食用としての歴史は、戦後間もない日本の栄養補給を目的とした「青汁」の原料として普及していったのが最初です。

ケールの保存方法

ケールは乾燥に弱いので、必ず保存するときは、湿らせたキッチンペーパーに包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存します。保存も長い期間はできないので、収穫後すぐに調理したほうが美味しくいただけます。

よく店頭で青汁が冷凍保存されて販売されているのを見かけます。これと同じように、ご家庭でもケールをミキサーにかけ、家庭用青汁として冷凍保存することができます。解凍後鮮度がすぐ落ちますので、早めに飲み切りましょう。

ケールの栄養

青汁の代表的な材料として知られるケールの栄養素は、優れた抗酸化作用にあります。ベータカロチンやビタミンCなどが豊富に含まれています。

青汁のCMで良く知られる「まずい!」というフレーズの元となる苦味も、この抗酸化作用の成分の味です。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング