タアサイ(ターサイ)の育て方・栽培|植物図鑑

植物名
タアサイ(ターサイ)
学名

Brassica rapa var. rosularis

英名
Tatsoi
和名
タアサイ
別名・流通名
キサラギナ
科名
アブラナ科
属名
アブラナ属
原産地
中国

タアサイ(ターサイ)の特徴

タアサイ(ターサイ)の葉は、へら又はスプーンのような形をしており、葉脈が深く刻まれ、肉厚で、縮れがあります。アブラナ科アブラナ属の野菜なので、とう立ちすると菜の花のような黄色い花を咲かせます。

中国原産のタアサイ(ターサイ)は、耐寒性にとても優れた野菜なので、春まきよりも秋まきの方が育てる時期として適しています。。秋に種をまいたタアサイ(ターサイ)は、寒さに当たると、濃い緑色の葉が地面を這うように、葉がロゼッタ状に広がり、甘味が増します。春に種をまいたタアサイ(ターサイ)は、生育のスピードも速く、葉や茎が上に伸びた形をしています。

タアサイ(ターサイ)は、日本では静岡県で多く生産されています。癖のない味のため、さまざまな料理に活用できます。

タアサイ(ターサイ)の詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 10~25cm
耐寒性 強い
耐暑性 やや弱い
耐陰性 やや弱い
花色 黄色

タアサイ(ターサイ)の栄養

βカロテンほかビタミン類を多く含みます。油で調理することにより吸収も高まります。

タアサイ(ターサイ)はアクが少ないため、下茹での必要がありません。

タアサイ(ターサイ)の保存方法

冷蔵保存

湿らせた新聞紙やキッチンペーパーで包み、乾燥しないようにビニール袋に入れ、上むきに冷蔵庫の野菜室で保存します。

冷凍保存

タアサイ(ターサイ)は、シャキシャキとした食感が失われてしまうので、冷凍保存にはあまり向いていないようです。

日持ちさせることを考えるなら、漬物、塩付けなどにしましょう。

タアサイ(ターサイ)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
収穫

タアサイ(ターサイ)の栽培環境

日当たり・置き場所

日当たりを好みます。風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は15~25℃です。耐暑性があまりないため、高温に弱く、低温に強い傾向があります。

用土

プランター栽培の場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

タアサイ(ターサイ)の育て方のポイント

水やり

生育初期のころは、葉と根にしっかりと水を与えましょう。

肥料

3回目の間引き後、1本立ちになった頃から、2週間に1度肥料を与えます。
施肥が多いと、病害虫が発生しやすくなるため、施す量には注意しましょう。
外葉から長く収穫する場合、葉が黄色くなったら肥料切れの合図です。

病害虫

害虫はアブラムシや、アブラナ科の野菜を好んで食べるコナガが発生します。
種まきの段階から、寒冷紗などをかけて栽培すると、ある程度防ぐことができます。

タアサイ(ターサイ)の詳しい育て方

選び方

主に種から育てます。お好みの品種の種をお選びください。

種まき

1か所に5~6粒ほど点播きします。最終的な株間は、葉や茎が上に伸びる春まきは10~15cm、葉がロゼッタ状に広がる秋まきは15~25cmほどの間隔をあけます。

間引き

タアサイ(ターサイ)の葉の生長に合わせて、順次間引いていきましょう。目安として、発芽が揃ったら3本立ち、本葉2~3枚の頃に2本立ちに、本葉5~6枚の頃に1本立ちに間引きます。

とう立ちすると、アブラナ科特有の黄色い花が咲きます。

収穫

春まきのタアサイ(ターサイ)は、種まき後35~40日位、秋まきのタアサイ(ターサイ)は、45~60日位で収穫時期になります。草丈が10~20cm、又は直径20~40cm位に葉が広がったら収穫しましょう。
また、長い期間外葉から順次収穫することもできます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング