セロリの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
セロリ
学名

Apium graveolens

英名
Celery
和名
セロリ
別名・流通名
セルリー、オランダミツバ
科名
セリ科
属名
オランダミツバ属
原産地
地中海沿岸

セロリの特徴

セロリはヨーロッパ原産のセリ科の淡色野菜で草丈は30~75cmほどになります。各地で改良された黄色種、緑色種、緑と黄色の交雑種、中国で芹菜と呼ばれる東洋在来種があります。別名オランダミツバと呼ばれており、セルリーと呼ばれることもあります。

涼しい気候を好み栽培適温は15~20℃です。10℃以下になると花芽ができて、とう立ちします。

葉、茎、根、実のほぼすべての部分を食用にでき、栄養的にはビタミンB1、B2、カルシウムを多く含みます。独特の香りを楽しむように炒め物やサラダ、スープなどさまざまな洋風料理に広く利用されています。

セロリの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 30~75cm
耐寒性 やや強い
耐暑性 弱い
耐陰性 やや強い
花色 白色

セロリの選び方と保存方法

セロリは茎の部分が太くてハリがあり肉厚なものがおススメです。葉はしゃきっとしてつやがあり緑色が濃いものがベスト。セロリを長く保存するには、葉が茎の水分や養分を吸い上げてしまうので葉と茎を分けて切りおとしておきましょう。葉は刻んでから冷凍しておくと日持ちがしますし薬味として重宝します。茎の部分は新聞紙で包んでから冷蔵庫の野菜室に立てておくと長持ちします。

軟白栽培したセロリの作りかた

スーパーで見かけるような根もとの白い軟白栽培したセロリは家庭菜園でも簡単につくることができます。収穫予定の3~4週間ほど前に株全体を厚手の段ボール紙などでまき、株元にあたる光をさえぎるだけです。収穫までこのように光を当てなければ株元の部分は白くなり香りがマイルドで柔らかく、食べやすくなります。ただし栄養価は緑のものよりも低くなります。

セロリの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
収穫

セロリの栽培環境

日当たり・置き場所

夏の直射日光を避け、風通しの良い場所で育てましょう。

温度

生育適温は15~20℃です。

用土

セロリをプランターで栽培する場合は、野菜用の培養土で育てましょう。
畑栽培の場合は、堆肥や元肥を入れる2週間前位には石灰を入れ耕しましょう。その後堆肥と元肥を入れ土になじませましょう。

セロリの育て方のポイント

水やり

セロリは乾燥を嫌いますので、種まき後はもちろん、育苗中も乾きすぎないように1日に1回は必ず水をやりましょう。植え付け後も水が切れるとよく育たないので注意しましょう。

肥料

セロリの苗の植え付け後、月に2回ほど肥料を施しましょう。

病害虫

アブラムシは3月から5月に多く発生する害虫です。新芽や茎、若い葉や葉の裏にくっついて吸汁して株を弱らせます。春から秋に発生するので見つけ次第、駆除しましょう。
ハダニは気温が高いところや乾燥している場所に発生します。暖かい時期に発生しやすく植物の葉から栄養を吸収して弱らせます。また、弱った植物はハダニの被害に遭いやすく、被害も大きくなりやすいです。数が増えて被害が大きくなってくると、葉緑素の不足によって光合成ができなくなり、生長不良になったり、植物自体が枯れていきます。
病気は軟腐病、葉枯病、斑点病、ウイルス病が発生する事があります。

セロリの詳しい育て方

選び方

本葉が7~8枚程度で茎が充実していて、根元がよく育っている苗を選び、病気や虫が付いていないかどうか確認しましょう。

種まき

セロリは育苗期間が長いので直播ではなく、ビニールポットに5~6粒ずつまくか育苗箱にすじまきするのがおすすめです。種がとても細かいので二つ折りにした紙に種をのせてまくと均等にまくことができます。
セロリは好光性種子なので種まき後は薄く土をかけ、半日陰の風通しの良い場所で乾燥させないように注意しながら育苗しましょう。育苗箱で発芽させてから本葉が3枚ほどになったらビニールポットに鉢上げするのがおすすめです。

植え付け

育苗ポットから根を崩さないようにして株間が30cm程度になるようにセロリを植え付け、十分に水やりをします。夏の高温に弱いので直射日光を遮るように、遮光ネットを利用するとよいでしょう。

収穫

セロリの株が大きく育ったら根元から切り取って収穫するか、外側の葉から使う分だけ切り取るように収穫すると長く楽しめます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング