パプリカの育て方・栽培|植物図鑑

植物名
パプリカ
学名

Capsicum annuum

英名
Bell pepper
科名
ナス科
属名
トウガラシ属
原産地
中・南アメリカ

パプリカの特徴

果実の色がライムグリーンからオレンジ、レッドへと変化するパプリカですが、どの段階で食しても甘みがあり、そのままでも美味しく食べられるパプリカは、見た目も鮮やかでとても美しい野菜のひとつです(色の変化は品種にもよります)。

果肉が厚くジューシーな食感で、苦味や青臭さがないので生のままでもおいしく食べられます。サラダはもちろん、炒め物やマリネにしても美味しくいただけます。

パプリカに似たピーマンも同じ甘味種のトウガラシです。

パプリカの詳細情報

園芸分類 野菜
草丈・樹高 60~80cm
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
耐陰性 弱い
花色 白色
開花時期 6~10月

パプリカの今と昔

高級な西洋野菜のイメージが強く昔は1玉600円程もしたパプリカですが、今ではスーパ-で手軽に手に入るお野菜になりました。

パプリカは年間を通して流通していますが、比較的多く出回るのは7月頃で、中でも最も多いのは韓国産で、全体の半分以上を占めています。続いてニュージーランド産、オランダ産となっています。

日本で手軽にパプリカが食べられるようになった背景には韓国でパプリカの栽培が行われるようになったことにあります。韓国は日本に近いためパプリカを輸送することが他の国に比べ容易にでき、しかも、夏の産地と冬の産地があり、一年中美味しいパプリカを供給することができます。

韓国でパプリカが栽培されるようになるまでは、オランダ産のパプリカが主流でした。世界的にもオランダはハンガリーやスペインに次いで大きなパプリカ栽培国です。次に、南半球にあるニュージーランド。韓国と夏冬が逆のため、韓国が真冬で収穫が少ない時期には安定した供給をするために、ニュージーランドからパプリカを輸入しているようです。

育て方を見る >>

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング