パプリカの育て方 〜仕立て方編〜

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

みなさんの育てているパプリカは順調ですか?

じつは…LOVEGREEN編集部のパプリカの調子がとても悪いのです。

元々の苗の状態に加え、土日で水が足りなかったのか…

これから復活させるべく、しっかり仕立てていきたいと思います。

目次

パプリカのわき芽とは

パプリカの仕立て方

パプリカの支柱の仕方

パプリカのわき芽とは

パプリカの仕立て方の前に、パプリカの「わき芽」という部分について説明します。

わき芽とは葉と茎の付け根から出てくる芽の部分のことをいいます。

このわき芽を放置してしまうと、主枝の栄養分も奪ってしまい、充実した実が収穫できません。そのため、仕立てる時に不要なわき芽を取り除いていきます。

目次に戻る≫

パプリカの仕立て方

LOVEGREEN編集部で育てているパプリカ  一番花が黄色くなり、枯れ落ちています。5~6月の生育初期に花や実を付けてから新芽があまり生長せず、草勢が落ちているパプリカの苗です。  次回ご紹介する「パプリカの育て方~お手入れ編~」で追肥などを与えて元気に生育していきたいと思います。

LOVEGREEN編集部で育てているパプリカ

一番花が黄色くなり、枯れ落ちています。5~6月の生育初期に花や実を付けてから新芽があまり生長せず、草勢が落ちているパプリカの苗です。

次回ご紹介する「パプリカの育て方~お手入れ編~」で追肥などを与えて元気に生育していきたいと思います。

一般的なパプリカの仕立て方

編集部のパプリカは草勢が落ちているので、生育の良い2本仕立てで育てていきたいと思います。

一般的なパプリカの仕立て方はピーマンのほぼ一緒なので、ピーマンの画像を使ってパプリカの仕立て方を説明したいと思います。

ピーマンと同じように、パプリカの苗も節ごとにわき芽が出てきます。そのままにしておくと葉が茂りすぎて、風通しも悪くなるので、残す枝を決めてわき芽を摘んでいきます。

3本仕立て

その目安となるのが一番最初に咲いた花です。一番花を起点に3本に仕立てていきます。

その目安となるのが一番最初に咲いた花です。一番花を起点に3本に仕立てていきます。

 

主茎と一番花の下の勢いのあるわき芽を2本伸ばし、それより下のわき芽は取り除きましょう。

主茎と一番花の下の勢いのあるわき芽を2本伸ばし、それより下のわき芽は取り除きましょう。

 

こちらのもう一つのわき芽はまだ小さめですね。

こちらのもう一つのわき芽はまだ小さめですね。

 

残して育てる主茎と、2本のわき芽より下の不要なわき芽を取り除いていきます。

残して育てる主茎と、2本のわき芽より下の不要なわき芽を取り除いていきます。

目次に戻る≫

パプリカの支柱の仕方

パプリカの主茎1本とわき芽(側枝)2本を合わせて、3本に仕立てにした後は、それらの枝に添わせるように支柱を3本用意します。  上の画像のように、アスタリスク状(*)に支柱を土にさして苗を支えましょう。  育てているスペースが狭い場合は、主茎とわき芽を1本だけ伸ばす「2本仕立て」にすると、少しコンパクトにまとまりますよ。

パプリカの主茎1本とわき芽(側枝)2本を合わせて、3本に仕立てにした後は、それらの枝に添わせるように支柱を3本用意します。

上の画像のように、アスタリスク状(*)に支柱を土にさして苗を支えましょう

育てているスペースが狭い場合は、主茎とわき芽を1本だけ伸ばす「2本仕立て」にすると、少しコンパクトにまとまりますよ。

 

苗を支柱に誘引するときは、節の下に麻ひもを固定します。交差させることで、ズレずに固定することができます。  また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱側で結びましょう。 

苗を支柱に誘引するときは、節の下に麻ひもを固定します。交差させることで、ズレずに固定することができます。

また、苗を痛めつけないように緩く結び、支柱側で結びましょう。

 

いかがでしたか?

初めてパプリカを育てると、不要な枝を取り除くことって、結構勇気が要りますよね。

勢いのある枝が一番花の下のわき芽であることが多いことから、花を目印にして仕立てるんですね。

残して育てる枝をどれにして良いのか分からなくなったら、主茎と勢いのある枝を残せば大丈夫!!

野菜を育てると、野菜が私たちを導いてくれますよ♪

▼関連記事

パプリカ

  • 果実の色がライムグリーンからオレンジ、レッドへと変化するパプリカですが、どの段階で食しても甘みがあり、そのままでも美味しく食べられるパプリカは、見た目も鮮やかでとても美しい野菜のひとつです(色の変化は品種にもよります)。

    果肉が厚くジューシーな食感で、苦味や青臭さがないので生のままでもおいしく食べられます。サラダはもちろん、炒め物やマリネにしても美味しくいただけます。

    パプリカに似たピーマンも同じ甘味種のトウガラシです。

 

目次に戻る≫

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「パプリカの育て方 〜仕立て方編〜」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ