日陰の庭のグランドカバー!ラナンキュラス・ゴールドコイン

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

Ranunculus repens ‘Gold coin’

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「ラナンキュラス・ゴールドコイン」。

一般的なラナンキュラスは球根植物ですが、ラナンキュラス・ゴールドコインは、キンポウゲ科の宿根草。4月~5月に小さな黄色い花が無数に開花し、地面一面が黄色のカーペットのような状態になります。

ラナンキュラス・ゴールドコイン

花は親指の爪くらいのとてもかわいいサイズ。ゴールドコインは八重咲き、一重咲きはゴールドカップという名で流通しています。

とても丈夫で植えっぱなしで特別な手入れは必要なく、どんどんランナーを出しながら広がります。隣の植物との間隔は十分にとって植え付けるのがポイントです。

環境は、半日陰~明るめの日陰を好みます。花が咲く頃の春は、日当たりの良い場所でも問題ありませんが、真夏に日差しが強い場所に植えるのは不向きです。

 

ラナンキュラス・ゴールドコイン

ラナンキュラス・ゴールドコインは、伸びたランナーが土に接地したそれぞれの節(葉が出ているところ)から根を出して増えていきます。

増やしたい場合は、ポット苗に土を入れ、ランナーの節を土に接地させておくと根を下ろします。接地した節から、写真のように新芽が芽吹いたら根付いた合図。元株から切り離すことができます。

 

ラナンキュラス・ゴールドコイン

試しに抜いてみたところ……。こんな風に芽がでていました。今回は3日で発根。そんなことからも強さがうかがえます。

花が咲くグランドカバープランツだと、日当たりが良い場所向きの草花が多いなかで、明るめの日陰が好きな花のかわいい植物は貴重です。ご覧の通り強いので、あまり広がってほしくないなら、適度に整理する必要があるかもしれません。また、茎が立ち上がるので踏みつけるような場所は不向きです。

 

ラナンキュラス・ゴールドコイン

昨年、ワイルドストロベリーのグランドカバーの隙間をあけて、ゴールドコインを植えてみたところ、今年は次から次へとたくさんの花が開花中です。これは強い。ワイルドストロベリーとうまく共存してくれるとよいなと思っています。

 

過去のgarden noteはこちらからどうぞ

 

▼編集部のおすすめ

ラナンキュラス・ゴールドコイン

  • ラナンキュラス・ゴールドコインはキンポウゲ科の宿根草。ハイキンポウゲの園芸品種です。4月~5月に小さな黄色い花が開花します。 環境に合うと野生化するほど性質は丈夫で、手入れをしなくてもランナーを出しながら広がっていきます。好む環境が半日陰~明るめの日陰なので、日陰の庭のグランドカバーとしても利用できます。花の開花時はキラキラと輝くように咲き誇り、地面が黄色のカーペットのような状態になります。 ラナンキュラス・ゴールドコインは、一般的な球根のラナンキュラスとは別種で宿根草です。また、ゴールドコインと言う名のキク科の宿根草とも違う植物です。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「日陰の庭のグランドカバー!ラナンキュラス・ゴールドコイン」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス