黒花ポピー・ブラックマジック|シックな花色が魅力の春の花

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

黒花ポピー・ブラックマジック

トゥデイズプランツ、今回ご紹介するのは「黒花ポピー・ブラックマジック」。

黒花ポピー・ブラックマジックは、3月~5月につやのある黒い花を咲かせる耐寒性一年草。花苗として見かけるようになったのは最近です。

黒花ポピー

アイスランドポピーやシャーレーポピーと比べると草丈は低め。花のサイズも小さめです。開花時期はアイスランドポピーと同じ春、草姿や花の雰囲気はシャーレーポピーに似ています。

ブラックマジックの特徴といえば、花びらの内側の光沢。太陽に当たると、花びらが黒光りをしてキラキラ輝きます。か弱そうな細い茎をしていますが、性質は強健。環境に合った場所に植えれば育て方は簡単です。直根性なので植え付ける時に根をほぐさず植え付けるのがポイントです。

 

黒花ポピー

うつむくというよりは、うなだれるという表現がぴったりなつぼみが、開花間際になると起き上がり、開くと太陽を向く動きのある草花です。ひとつひとつの花の開花期間は平均2~3日と短いですが、次から次と開花します。

黒いシックな花は、庭や花壇にアクセントとして使うとおもしろい素材です。茎が細く、そよそよと風に揺れるように咲く姿はナチュラルな雰囲気も演出してくれます。

 

黒花ポピー 種 さや

ポピー類は、花が終わったあとのサヤも素敵な形をしています。黒花ポピー・ブラックマジックのサヤは、ボタンのような形。このサヤの中に細かい種がたくさん入っています。種を採りたい方はサヤが茶色くなるまでそのままに、種を採る必要がない方はサヤつきの茎を剪定した方がたくさんの花を楽しめます。

 

花あしらい

黒花ポピーのサヤ、プリムラ、クリスマスローズ、ムスカリ、クローバー

早めに切ったサヤは切り花にもなり、小さな花あしらいのアクセントに。

春はシックな色やニュアンスカラーの草花が豊富に流通する時期です。園芸店で素敵な出会いがありますように。

 

▼編集部のおすすめ

黒花ポピー・ブラックマジック

  • 黒花ポピー・ブラックマジックは、3月~5月に光沢のある黒い花を咲かせる耐寒性一年草です。流通が始まったのは最近で、まだ流通量は少なめです。 アイスランドポピーやシャーレーポピーと比べると、草丈は低めで花のサイズも小さめです。ひとつひとつの花の開花期間は平均2~3日と短いですが、次から次へとたくさんの花が開花します。 性質は強く、環境に合った場所に植えれば育て方は簡単です。つぼみの時はうなだれたような姿をしていますが、開花間際になるとつぼみが起き上がり、開花すると太陽を向きます。次から次へと開花する小さな黒い花は、庭や花壇にアクセントとして使うとおもしろい素材です。茎が細く、そよそよと風に揺れるように咲く姿はナチュラルな雰囲気も演出してくれます。

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「黒花ポピー・ブラックマジック|シックな花色が魅力の春の花」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー、ライター。 2022年6月、日東書院本社より「植物のきもち ~がんばりすぎないガーデニング」出版。 ギフトや装花などのフラワーコーディネート、自身でコーディネートした作品の撮影、雑誌や会員情報誌への提案など幅広く活動中。現在は植物に関する記事の執筆にも携わる。庭仕事はライフワーク。映画「余命1ヶ月の花嫁」ブーケ製作。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス