手作り虫よけスプレーを有効に活用する3つのポイント

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

家庭菜園を始めたら、最初にぶち当たる困難…。それは、害虫です。

「虫が食べるくらい安心なお野菜」とはいいますが、できれば野菜に虫はついてほしくない…。

お家にある材料で作ってみた「米酢・ニンニク・唐辛子で作る虫よけスプレー」を上手に活用して、害虫から野菜を守る秘訣をご紹介します。

目次

虫除けスプレーなしで育てるとどうなる?

手作り虫よけスプレーを有効に活用する3つのポイント

 

虫除けスプレーなしで育てるとどうなる?

虫よけスプレー、ニーム、木酢液のいずれもスプレーしていなかったミントをご覧ください。  3日前の段階では、このように美しいミントを収穫することができたのに…

虫よけスプレー、ニーム、木酢液のいずれもスプレーしていなかったミントをご覧ください。

3日前の段階では、このように美しいミントを収穫することができたのに…

 

土日のたった2日で、こんなに虫くいに…。なんと無残な姿でしょうか…。  大量に害虫が発生する以外にも、幼虫でも老齢幼虫など体長の大きいものが1匹ついているだけで、葉の被害は甚大なものになります。

土日のたった2日で、こんなに虫くいに…。なんと無残な姿でしょうか…。

大量に害虫が発生する以外にも、幼虫でも老齢幼虫など体長の大きいものが1匹ついているだけで、葉の被害は甚大なものになります。

ただ虫除けスプレーをかけていても、完全には忌避できない

手作り虫よけスプレーを作物にかけて害虫を忌避していても、気温が上がり虫たちの活動が活発になるにつれ、完全には忌避できず虫に食べられてしまうものです。  ベランダ菜園~sana gardenのお野菜もこんなふうに食べられて、虫くいの跡が…。このように食べられてしまっては、残念ですがただスプレーをかけるだけでは害虫を忌避できません。  しかし、ただ黙って害虫に食べられたままにしては私たちの負け、害虫の思うつぼです。しっかり対策を立て、害虫を撲滅しましょう!

手作り虫よけスプレーを作物にかけて害虫を忌避していても、気温が上がり虫たちの活動が活発になるにつれ、完全には忌避できず虫に食べられてしまうものです。

ベランダ菜園~sana gardenのお野菜もこんなふうに食べられて、虫くいの跡が…。このように食べられてしまっては、残念ですがただスプレーをかけるだけでは害虫を忌避できません。

しかし、ただ黙って害虫に食べられたままにしては私たちの負け、害虫の思うつぼです。しっかり対策を立て、害虫を撲滅しましょう!

目次に戻る≫

手作り虫よけスプレーを有効に活用する3つのポイント

まだ手作り虫除けスプレーを作っていない方は、この機会にぜひ作りましょう!

野菜だけでなく、屋外のガーデニングの花々や庭木の虫除けとしても効果的です。酢とニンニクの香りが強いので、室内には不向きです。

▼手作り虫除けの作り方はコチラ

 

虫除けスプレーの用意

いつもは交互に使用する虫よけスプレー・木酢液などの忌避剤を用意します。

材料

・米酢・ニンニク・トウガラシの虫よけスプレー(1~3cc)  ・木酢液またはニーム(1~3cc)  ・水(350ml)  ・スプレーボトル  いつもより1~3倍の濃度で希釈 つまり、単独で使用するのではなく混ぜ合わせて使用します。しかも、いつもの分量の1~3倍の量で全て混ぜ合わせて希釈します。

・米酢・ニンニク・トウガラシの虫よけスプレー(1~3cc)

・木酢液またはニーム(1~3cc)

・水(350ml)

・スプレーボトル

いつもより1~3倍の濃度で希釈

つまり、単独で使用するのではなく混ぜ合わせて使用します。しかも、いつもの分量の1~3倍の量で全て混ぜ合わせて希釈します。

ポイント1〜虫除けスプレーのかける頻度は?

1度虫除けスプレーをかけるだけでずっと効果が長持ちするものではありません。雨で流れますし、虫が嫌がる匂いもとんでしまいます。そのため、1週間に2〜3回程度を目安にスプレーしてあげると良いでしょう。

手作り虫除けスプレーも、木酢液やニームにしても虫を寄せ付けないだけでなく、葉にも栄養を与える優れた液体です。葉の生育も良くなりますので、一石二鳥ですね。

ポイント2〜虫除けスプレーのかけ方で効果が違う

ただ葉の表面にサッと吹きかけるだけでは、なんの効果も出ないと思って間違いありません。  吹きかける時は葉の表裏にたっぷりと!  葉がビシャビシャになるくらいに吹きかけます。ムラがないようにまんべんなくスプレーを吹きかけるということが効果の良し悪しにつながります。

ただ葉の表面にサッと吹きかけるだけでは、なんの効果も出ないと思って間違いありません。

吹きかける時は葉の表裏にたっぷりと!

葉がビシャビシャになるくらいに吹きかけます。ムラがないようにまんべんなくスプレーを吹きかけるということが効果の良し悪しにつながります。

ポイント3〜虫除けスプレーをかけた後が大事

先ほど希釈した虫除けスプレーを野菜に吹きかけますが、みなさんはいつもただスプレーを吹きかけたままにしていませんか?

先ほど希釈した虫除けスプレーを野菜に吹きかけますが、みなさんはいつもただスプレーを吹きかけたままにしていませんか?

 

スプレーをかけた後が一番重要なんです!  スプレーをかけた後、害虫は悶え苦しみ土の上や葉の上に姿を現します。  逃がさず駆除  この時しっかり害虫を見つけて駆除しなければ、葉を食害され続け丸裸にされてしまいます。害虫を1匹も逃すことなく全て育てている野菜から取り除きましょう。  以上のことに注意して、虫除けスプレーを活用すると害虫の被害がグンと減りますよ。  寒さが和らぐ3月から、冬支度がはじまる11月ごろまで害虫は始終作物を狙っています。虫除けスプレーを日頃から使用して、きれいな野菜を育てましょう。

スプレーをかけた後が一番重要なんです!

スプレーをかけた後、害虫は悶え苦しみ土の上や葉の上に姿を現します。

逃がさず駆除

この時しっかり害虫を見つけて駆除しなければ、葉を食害され続け丸裸にされてしまいます。害虫を1匹も逃すことなく全て育てている野菜から取り除きましょう。

以上のことに注意して、虫除けスプレーを活用すると害虫の被害がグンと減りますよ。

寒さが和らぐ3月から、冬支度がはじまる11月ごろまで害虫は始終作物を狙っています。虫除けスプレーを日頃から使用して、きれいな野菜を育てましょう。

▼編集部のおすすめ

 

目次に戻る≫

▼関連ワード

「手作り虫よけスプレーを有効に活用する3つのポイント」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ