【福岡】街が花いっぱいに!福岡市で進行中の一人一花運動を徹底解剖![PR]

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

福岡で一人一花運動に参加するには

華やかに彩られる花壇が沢山あることが分かってきたところで、実際に花壇を支える市民・団体・企業の方々がどのような形で参加しているのかを見ていきましょう。

花づくりに携われる『ボランティア花壇』(福岡市民・団体・企業向け)

ボランティアの方々の手で植えつけられる花壇  市民や団体が主に関わっているボランティア花壇。ボランティア花壇とは、実際に花づくりや花壇づくりを行うことを通して一人一花運動に参加できる制度です。市民の方々が福岡の街中にある歩道や公園などの公共の場所に花壇を作っています。福岡市民であれば誰でも参加できます!参加をご希望の場合は花壇の管理団体に申し出て下さい。花づくりの経験が無くても大丈夫。ボランティア花壇のほとんどが、花づくりの経験がある人が所属する団体が管理しているので、経験者に色々教えてもらうことができます。一人でも、花づくりの経験が無くても始められるので、安心ですね。

ボランティアの方々の手で植えつけられる花壇

ボランティア花壇とは、市民や団体、企業の方々が花づくりや花壇づくりを行うことを通して一人一花運動に参加できる制度です。実際に市民の方々が、歩道や公園などの公共の場所に新しく花壇を作ったり、既に設置されている公共の花壇を綺麗に作り直したりしています。

ボランティア花壇のほとんどは緑のコーディネーターをはじめとした、花壇づくりの経験者が所属する団体が管理しているので、初心者の参加も安心ですよ。

画像提供:福岡市一人一花推進課  ボランティア花壇には、その花壇を管理している団体名が記載されたプレートが立てられています。お気に入りの花壇の花づくりに参加したい場合は、その団体に問い合わせてみましょう。もし、新しい場所に花壇を作りたい場合は、相談窓口があるので相談してみると良いですよ。相談窓口では、新しい場所への花壇づくりで、土壌改良が必要な場合は対応してくれるそうです。  公共の場の花を植えたり花壇の管理を行うことで自分の住む街のまちづくりに参加ができます。福岡に住む地元の方はもちろん、福岡の街を訪れるたくさんの人々にも花壇を見てもらえるので、やりがいが生まれそうですね。なにより、自分が整えた花壇が街中にあると、その場所がもっと好きになりそうですね。  ▼ボランティア花壇について詳しくはこちら  ボランティア花壇とは >>

画像提供:福岡市一人一花推進課

ボランティア花壇には、その花壇を管理している団体名が記載されたプレートが立てられています。特定の場所での花壇づくりに参加したい場合は、その花壇の管理団体に問い合わせてみましょう。

公共の場所に新しく花壇を作りたい場合も相談できます。各地区のおすすめの花壇候補地なども選定されているので、場所を選ぶ参考になりますね。

公共の場所で花壇の管理を行う、ボランティア花壇制度。福岡に住む地元の方はもちろん、福岡の街を訪れるたくさんの人々にも花壇を見てもらえるので、やりがいが生まれそうですね。なにより、自分が整えた花壇が街中にあるとその場所がもっと好きになりそうです。

▼ボランティア花壇について詳しくはこちら

ボランティア花壇とは >>

天神や博多などの都心部に花壇を持つことができる『スポンサー花壇』(企業向け)

天神の中心地にあるスポンサー花壇  今度は主に企業として一人一花運動に参加する制度です。企業の従業員が揃って花壇づくりに取り組む!なんて中々実現が難しいですよね。でも福岡に拠点を置く企業としてなにか力になりたい!と思っている企業の方は少なくないはず。そんな企業には、スポンサー花壇制度があります!  一人一花ならず、「一企業一花壇」とテーマを掲げているスポンサー花壇、協賛金で花壇の維持や管理を行う費用に充てられるという仕組みです。花壇には企業名が載ったプレートが設置されるので、花壇を見た人はどの企業が協賛しているのか確認することができます。  スポンサーには3種類で、通常のスポンサー、ゴールドスポンサー、プレミアムスポンサーがあります!ゴールドスポンサー、プレミアムスポンサーになると、指定の花壇の維持費だけでなく一人一花運動全体の運営に関する協賛ができます。  一人一花運動は、市民の参加だけでなく、企業の協力もあり、運営されているんですね。まさに、福岡市全体で一丸となってまちづくりを行う運動です。  ▼スポンサー花壇について詳しくはこちら  スポンサー花壇とは >>

福岡の中心の天神地区にあるスポンサー花壇

今度は主に企業が、一人一花運動に参加する制度です。企業の従業員が揃って花壇づくりや毎日の管理に取り組むということは、なかなか実現が難しいですよね。でも福岡に拠点を置く企業として、何か力になりたい!と思っている企業は少なくないはず。そんな企業には、スポンサー花壇制度で参加する方法があります。

スポンサー花壇とは、企業が天神や博多エリアに”おもてなしの花壇”を持つことができる仕組みです。具体的には、花壇の維持や管理費に協賛することで、その花壇のオーナーになれるというもの。スポンサー花壇には企業名が載ったプレートが設置されるので、花壇を見た人はどんな企業が協賛しているのか確認することができます。企業のイメージアップにも繋がりますよ。

協賛のメニューは、通常のスポンサー、ゴールドスポンサー、プレミアムスポンサーの3種類があります。ゴールドおよび、プレミアムスポンサーは、花壇の維持費に加えて一人一花運動全体の運営についても協賛する仕組みです。

一人一花運動は市民や団体の参加だけでなく、企業の協力もあって運営されているんですね。まさに、福岡市全体で一丸となってまちづくりを行う運動です。

▼スポンサー花壇について詳しくはこちら

スポンサー花壇とは >>

『パートナー花壇』登録で既存の花壇が一人一花運動の一環に(福岡市民・団体・企業向け)

画像提供:福岡市一人一花推進課  パートナー花壇とは、今まで紹介した花壇づくりとは少し異なります。何が違うのかというと、既に完成している民有地の花壇を、パートナー花壇にできるということ。今まで紹介したボランティア花壇、スポンサー花壇は公共の場所に花壇を作ることが目的でした。パートナー花壇は、公共の場所でなくても、新しく花壇を作らなくても大丈夫。花づくりが好き、街づくりにも参加してみたい、けれどおうちのお庭で手一杯!そんな方にも参加できるかもしれません。

画像提供:福岡市一人一花推進課

パートナー花壇は、今まで紹介した参加方法とは少し異なります。何が違うのかというと、既に完成している民有地(私有地)の花壇を、パートナー花壇にできるということ。

今まで紹介したボランティア花壇とスポンサー花壇は、公共の場所に花壇を増やすことが目的でした。パートナー花壇は、公共の場所でなくても、新しく花壇を作らなくても大丈夫です。自宅の敷地内や、自分の店の敷地内で既に花壇で花を育てていれば、その花壇をパートナー花壇に申請することができます。

花壇づくりが好き、まちづくりにも参加してみたい!けれども、自宅の庭で手一杯!そんな方には、パートナー花壇への参加がおすすめです。

画像提供:福岡市一人一花推進課  条件としては、おおよそ1㎡以上の民有地。そして人通りに面していて多くの人に見てもらえる場所にあることです。この条件をクリアすればプランターやフラワーポットでもパートナー花壇として登録することができます。例えばお店の軒先にある花壇や、家の公道に面している場所の花壇でさえ、パートナー花壇にすることができます。趣味でやっている庭造りや花壇などを使って市政に参加できるなんて凄いですね。  ▼パートナー花壇について詳しくはこちら  パートナー花壇とは >>

画像提供:福岡市一人一花推進課

条件は、おおよそ1㎡以上の民有地(私有地)であること。そして道路に面していて多くの人に見てもらえる場所にあることです。この条件をクリアすれば、プランターでもパートナー花壇として登録することができます。

例えば、店の軒先にある花壇や、家の公道に面している場所の花壇もOK。趣味で行う庭造りや花壇づくりで、市政に参加できるなんてびっくりですね。

▼パートナー花壇について詳しくはこちら

パートナー花壇とは >>

他にも参加の方法はあります!

花や緑に関する知識を活かしての「緑のコーディネーター制度」や、寄付金や募金を通して参加する「一人一花ファンド」など、直接的な花壇づくり以外にも参加する方法があります。花壇づくりや花づくりの取り組みに参加する上での詳しい内容については、こちらをご参照下さい。

個人・団体の方はこちら >> 

企業の方はこちら >>

一人一花運動に関するイベントも開催中

画像提供:福岡市緑のまちづくり協会  一人一花運動として、より花や植物を身近に感じることができるよう、花や植物に関する展示会やワークショップなども開催されています。植物に関する絵画や写真展など見て楽しめるイベントや、実際に寄せ植えづくりやリースづくりを体験することもできます。福岡市植物園やその他様々な場所で開催されているので、お出かけついでに寄ってみるのもいいですね。  花壇づくりに参加するだけが一人一花運動ではありません!花や植物に親しむ機会も、一人一花運動の一環です。様々な方法で植物に親しむイベントが充実しているのも一人一花運動の魅力です。  福岡の花・植物に関するイベントはこちら >>

画像提供:福岡市緑のまちづくり協会

花壇づくりに参加するだけが、一⼈一花運動ではありません!花や植物に親しむ機会も、一⼈一花運動の一環です。植物に関する絵画や写真展、寄せ植えづくりやリースづくりなどのワークショップも開催されています。福岡市植物園のほか、さまざまな場所で行われているので、お出かけついでに寄ってみるのもよいですね。

福岡の花・植物に関するイベントはこちら >>

▼福岡市植物園はこちら

福岡市植物園

  • 最寄駅 : 桜坂駅
  • アクセス : 桜坂駅から1.1km
  • 住所 : 福岡県福岡市中央区小笹5丁目1−1

目次に戻る≫

 

 

\一人一花運動のメリットとは?/

続きを読む

Pages: 1 2 3
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【福岡】街が花いっぱいに!福岡市で進行中の一人一花運動を徹底解剖![PR]」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧