LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「ふ」からはじまる植物1-20件 / 全108件

ブラックベリー

  • 初夏に黒い実をつける落葉性のツル植物です。生食でも加工するのにも向いています。性質がとても強く、病虫害の心配も少ないことから、無農薬でも簡単に育てることができる果樹です。性質が強い反面、実が柔らかくなってからが食べごろのため、日本では果物としての流通は少ないため、育てないと手に入らない果樹と言えます。

    品種も多品種あります。もともとはトゲがある植物ですが、最近流通している品種はトゲなし品種が一般的なため、誘引なども簡単にできるようになりました。地植えの他、鉢植えでも栽培可能です。

フクジュソウ(福寿草)

  • 北海道から九州までの照葉樹林の林床に自生している草丈15~30cmほどの宿根草です。根茎が短く、やや太い根を持ちます。早春に芽を出して開花しその後葉をのばしますが晩春になると葉が枯れて秋まで休眠します。花色は黄色ですが江戸時代から花の美しさが着目され園芸品種が多数選抜育成され、白、黄褐色、紫褐色、橙紅色などがあり花形も一重~八重、万八重と変化に富みます。鉢植えで栽培されるほか日本庭園の石組に添えられています。

    別名はガンジツソウやガンタンソウといい、正月用に本来の花期よりも促成栽培されて出荷されています。花言葉や花の名前から、お正月の寄せ植えなどに縁起の良い植物としても使用されています。

プルーン

  • プルーンといえばドライフルーツのイメージが強く、黒くてシワシワのヴィジュアルを思い浮かべてしまいますが、実際の果実は楕円形で綺麗な紫色をしています。また表面には白い果粉(ブルーム)がついてマットな質感です。甘酸っぱくなめらかでやわらかい食感に、ドライフルーツのイメージが払拭されます。落葉性の中高木の果樹で春にさくらや梅に似た白い可憐な花を咲かせます。同じ花粉で結実する自家結実性のものと、結実しない自家不結実性のものがあります。日当りと風通しを好み、耐寒性、耐暑性のどちらにも優れていますが、雨に弱い果樹です。またドライフルーツ向きの品種と向かない品種があります。果実の分類としては核果果実です。

フリージア

  • フリージアは、半耐寒性の球茎をもつ秋植えの植物で、アフリカ南部のケープ地方が原産と言われています。スイセンのような細長い葉を10枚ほど出した後に3~4月頃に6~12ほどの花ををつけた穂状花序を水平につけます。和名では「香雪蘭」といいます。オランダで品種改良がすすみ、150以上の園芸品種が存在します。草丈は50cm~80cmほどになり、花色はメジャーな黄色や白のほか、紫やピンク、濃いピンク色、ツートーンカラーの品種など、様々な種類があります。また八重咲きの品種も育成されています。花壇植えや鉢ものだけでなく切り花としても流通しています。原種に近い黄色や白の花は甘く強い香りがあります。やや寒さに弱いので霜に当てないように栽培しましょう。

ブーゲンビリア(ブーゲンビレア)

  • 常緑のつる性低木。盛夏をイメージさせる赤やピンク、オレンジなどの鮮やかで力強い印象により、贈答品としても好まれてきました。日中温度が20~25度以上でつぼみをつけるため、年2回ほど開花。温室ならほぼ1年を通じて花を楽しむことができます。八重咲きや複色、葉に斑の入る品種もあります。熱帯産の植物であるため、やや寒さには弱いものの手間がかからず、手軽に育てることができます。鉢植えなら真冬は室内に移動させましょう。霜の降りない地域なら露地植えで栽培できますが、冬には葉を落とすこともあります。「ブーゲンビレア」とも呼ばれています。

ふうせんかずら(風船葛)

  • フウセンカズラは、ムクロジ科の非耐寒性一年草です。

    開花期は7~9月で、小さな白い花が咲きます。草丈は50cm~3m。巻きひげでからみつきながらぐんぐんと育つので、夏のグリーンカーテンとしても使うことができます。別名は、バルーンバインというのですが、フウセンやバルーンと名がつくとおり、可愛らしい紙風船のような袋状の実をつけます。

ブルーベリー

  • ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の落葉低木果樹で、種類は200~300種あると言われています。木があまり高くならないので、ベランダでも育てやすい果実のひとつです。また、地植えでも場所をあまり取らないことと、虫が付きにくいので無農薬でも栽培しやすいです。

    ブルーベリーは果実だけでなく、かわいらしい花や紅葉も楽しめるので、1年を通して変化も見ることができるのも魅力のひとつ。ブルーベリーは1品種の苗木でも結実しなくはないですが、品種によってはあまりよく結実はしないので、たくさん収穫したいなら2品種植えるとよいでしょう。

ブルーコメット

フラグミペディウム

プルメリア

  • プルメリアは、ハイビスカスと並びハワイの人々に愛されている花です。公園や街路など、多くの場所で見ることができます。ハワイでは、花の中心が黄色い「シンガポール」という品種が通年栽培されていて、レイなどの装飾品に使われています。人をリラックスさせてくれるようないい香りがあります。

フジ(ふじ・藤)

  • 藤は古くから振り袖姿の女性に例えられるように、優雅で柔らかい印象を与える花です。庭園や公園で目にする藤棚のイメージが強く、自宅で育てるのは難しいように感じてしまいますが、実は鉢植えでも楽しめます。根の成長が制限されることから、むしろ鉢植えの方が花つきがよくなるほどです。「ノダフジ(野田藤)」の由来となった大阪市福島区の野田は藤の名所として有名。毎年4月には「のだふじめぐり(ふじ祭り)」が開催されます。樹齢1200年を越え、天然記念物に指定されている埼玉県春日部市の「牛島の藤」もよく知られています。

ブルーキャッツアイ(オタカンサス)

ブルーワンダー

プリムラオブコニカ

フラックス(亜麻)

  • フラックスは、茎から取れる繊維はリネンの原料に、種からは油の原料となる1年草のハーブです。1年草の他に宿根フラックスもあります。フラックスは初夏~夏にかけて美しいブルーの花を咲かせます。色の名前の亜麻色とは、このフラックスからできる繊維の色に由来した呼び名です。フラックスは、人参やジャガイモのコンパニオンプランツや緑肥えとして土壌改良としても活用されています。

123...»

人気の植物ランキング