沢山の植物や樹木に出会い、そして絵を描き、「生命力」というものを伝え続けることが私の使命

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

好きなボタニカルスポットやオススメのボタニカルスポットを教えてください。

▼メタセコイア

メタセコイア

自宅での制作がメインなので、どうしても引きこもってしまいがちです。

なので、気分転換に近所の公園にカメラを持って散歩に行ったり、絵を描きに行ったりしてます。その公園には立派なメタセコイアの群衆があり、そこでボーっとする時間が凄く好きです。

 

あとは結構、路上園芸が好きです。外を歩いてると、自然と見てしまっています。路上園芸、結構面白いんですよね。育ててる方の生活や想いが垣間見えるというか。あとは街や公園なんかに生えてる街路樹も常に見てます。歩きながら気になった樹や植物は必ず写真を撮って残してます。絵を描くときのヒントを得たりしてますね。

あとは結構、路上園芸が好きです。外を歩いてると、自然と見てしまっています。路上園芸、結構面白いんですよね。育ててる方の生活や想いが垣間見えるというか。あとは街や公園なんかに生えてる街路樹も常に見てます。歩きながら気になった樹や植物は必ず写真を撮って残してます。絵を描くときのヒントを得たりしてますね。

 

去年の今頃、アメリカ〜カナダまで北上する旅を1ヶ月間しました。  ジョシュアツリー国立公園から始まり、世界一の巨樹ジャイアントセコイアが鎮座しているセコイア国立公園、そしてヨセミテ国立公園に行きました。ジョシュアツリー公園ではキャンプをして満天の星空を見ながら寝転ぶと言う理想を掲げ、行ってみたらまさかの土砂降りの雨で…。

去年の今頃、アメリカ〜カナダまで北上する旅を1ヶ月間しました。

ジョシュアツリー国立公園から始まり、世界一の巨樹ジャイアントセコイアが鎮座しているセコイア国立公園、そしてヨセミテ国立公園に行きました。ジョシュアツリー公園ではキャンプをして満天の星空を見ながら寝転ぶと言う理想を掲げ、行ってみたらまさかの土砂降りの雨で…。

 

雨の中なんとか就寝についたんですが、テントのフライシートを無くしてしまったのもあり、寝ていたらテントが水没して結局車中泊しました(笑) 理想が打ち破られましたが、これが旅の醍醐味なんでしょうね!おかげで凄く楽しかったです。

 

そして、ジャイアントセコイアに会いに行くと言う長年の夢が叶いました。

ジャイアントセコイアに関しては、部屋の壁に写真を貼ったり待ち受けにしたり、そのくらい会いたくて仕方がなかったんです。会った瞬間、感動で涙が出ました。いや、感動の前になぜか笑いました。人って感動を通り越すと、笑うんですね

 

ジャイアントセコイアの樹皮はとてもフカフカで思っていた以上に柔らかくて驚きました。強いて言うなら、手触りは麩菓子を何層か重ねて固めた感じです。(分かりにくい表現ですね)

ジャイアントセコイアの樹皮はとてもフカフカで思っていた以上に柔らかくて驚きました。強いて言うなら、手触りは麩菓子を何層か重ねて固めた感じです。(分かりにくい表現ですね)

 

ヨセミテ公園で見つけた松ぼっくりを旅中に描きました。

ヨセミテ公園で見つけた松ぼっくりを旅中に描きました。

 

 

スタンレー・パーク(バンクーバー)

スタンレー・パーク(バンクーバー)

 

帰国後すぐに、屋久島へ行きました。  初めての屋久島、アメリカの巨樹と違い、日本の巨樹はどこか神々しいというか神秘的なパワーを感じますね。素晴らしい場所でした。屋久島は一度行くと何度でも行きたくなる。そう聞いてましたが、本当何度でも行きたくなる場所でした。

帰国後すぐに、屋久島へ行きました。

初めての屋久島、アメリカの巨樹と違い、日本の巨樹はどこか神々しいというか神秘的なパワーを感じますね。素晴らしい場所でした。屋久島は一度行くと何度でも行きたくなる。そう聞いてましたが、本当何度でも行きたくなる場所でした。

 

そして、今年の年明けにはタイへ行ってきました。  目的は、前から気になっていた場所  「チャトチャック植物市」。

そして、今年の年明けにはタイへ行ってきました。

目的は、前から気になっていた場所

「チャトチャック植物市」。

 

水・木曜日しか開催していないということもあったので、もちろん2日間とも行きました。欲しい植物がありすぎましたが、ここは見てるだけでも十分楽しかったです。タイの路上園芸も面白く、アデニウムやパキポディウムといった塊根植物が普通に街路樹と一緒に育っているんです。

水・木曜日しか開催していないということもあったので、もちろん2日間とも行きました。欲しい植物がありすぎましたが、ここは見てるだけでも十分楽しかったです。タイの路上園芸も面白く、アデニウムやパキポディウムといった塊根植物が普通に街路樹と一緒に育っているんです。

 

歩くたびに見つけては写真を撮っての繰り返しで、中々前に進みませんでした。

歩くたびに見つけては写真を撮っての繰り返しで、中々前に進みませんでした。

いま欲しい植物や花を教えてください。

サボテンのコピアポア属系が気になっています。

サボテンはあまり描いていないので、純粋に絵を描いてみたいという欲求もあるかもしれません。あとはまだまだ出会ってない奇抜な植物にたくさん出会いたいですね。

よく読む本や好きな雑誌を教えてください。

最近は古書店に行って、数十年前のサボテンや多肉植物や蘭の参考書や図鑑などを探して集めています。情報が豊富で読んでて凄く面白いですね。

最後に何かあれば一言お願いします。

普段、植物や作品に対している掲げている熱意や想いなどは全て絵に込めて描いているので、インタビュー記事といった形が凄く新鮮でした。私が描く「植物画」は、植物たちの底知れない逞しさや力強さ、そして生命力に注目しています。自分が経験してきたからこそ気付ける生き物の生命力を、自分というフィルターに通して、表現できているんだと思います。  今後も沢山の植物や樹木に出会い、そして絵を描き、「生命力」というものを伝え続けることが私の使命であり、役目だと思っています。  いつも沢山の方々に支えられ、応援してくださっているので、その声に応えらるよう日々精進していきます。これからの作品も楽しみにしていただけたら幸いです。

普段、植物や作品に対している掲げている熱意や想いなどは全て絵に込めて描いているので、インタビュー記事といった形が凄く新鮮でした。私が描く「植物画」は、植物たちの底知れない逞しさや力強さ、そして生命力に注目しています。自分が経験してきたからこそ気付ける生き物の生命力を、自分というフィルターに通して、表現できているんだと思います。

今後も沢山の植物や樹木に出会い、そして絵を描き、「生命力」というものを伝え続けることが私の使命であり、役目だと思っています。

いつも沢山の方々に支えられ、応援してくださっているので、その声に応えらるよう日々精進していきます。これからの作品も楽しみにしていただけたら幸いです。

 

Saori Ohwadaさん、ありがとうございました!自然を愛する気持ちが、とても伝わってきました。自然好きなSaori Ohwadaさんの絵は、本物の自然のように光っているように見えます。そんな素敵な絵を描かれるSaori Ohwadaさんの活動を、ぜひチェックしてみてくださいね。

HPは、こちらから

HPをチェックする

 

Instagramは、こちらから

Instagramをチェックする

Pages: 1 2

▼関連ワード

「沢山の植物や樹木に出会い、そして絵を描き、「生命力」というものを伝え続けることが私の使命」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ