金木犀の香りをお茶で手軽に楽しむ♪桂花茶の作り方

古幡真恵

古幡真恵

公開日 :

中国では桂花茶(けいかちゃ)といって、金木犀(きんもくせい)の花を乾燥させたお茶があります。

この桂花茶(けいかちゃ)は、金木犀(きんもくせい)の甘い香りでリラックスされます。

日本では庭木の樹木として人気の金木犀(きんもくせい)ですが、中国ではより生活に根づいた、花茶としても存在感のある樹木なんです。

今回は片手にのる位の金木犀(きんもくせい)の花を使って、緑茶に金木犀(きんもくせい)の香りを移した、簡単な桂花茶(けいかちゃ)の楽しみ方をご紹介します。

 

目次

金木犀(きんもくせい)の花の準備

桂花茶(けいかちゃ)の作り方

桂花茶(けいかちゃ)の入れ方

 

金木犀(きんもくせい)の花の準備

金木犀(きんもくせい)の花

金木犀(きんもくせい)の花を摘みましょう。  花びら以外に、茎などが混じっていたら、丁寧に取り除きます。

金木犀(きんもくせい)の花を摘みましょう。

花びら以外に、茎などが混じっていたら、丁寧に取り除きます。

 

気になる方は、金木犀(きんもくせい)の花を流水で洗い、その後キッチンペーパーの上で水気を切りましょう。

気になる方は、金木犀(きんもくせい)の花を流水で洗い、その後キッチンペーパーの上で水気を切りましょう。

 

お好みのお茶の用意

ご自宅にある緑茶、紅茶、ウーロン茶などをご用意ください。  今回は、どの家庭にもある緑茶を用意しました。  ブレンドする茶葉としておすすめなのは、ダージリンや台湾の凍頂烏龍茶など、発酵度の浅い方が癖がなく、純粋に金木犀(きんもくせい)の花の香りを楽しめると思います。

ご自宅にある緑茶、紅茶、ウーロン茶などをご用意ください。

今回は、どの家庭にもある緑茶を用意しました。

ブレンドする茶葉としておすすめなのは、ダージリンや台湾の凍頂烏龍茶など、発酵度の浅い方が癖がなく、純粋に金木犀(きんもくせい)の花の香りを楽しめると思います。

目次に戻る≫

桂花茶(けいかちゃ)の作り方

いろいろな作り方があるかと思いますが、今回は花が少量でも金木犀(きんもくせい)の香りがよく香るように、生の金木犀(きんもくせい)の花を使いたいと思います。

 

緑茶と金木犀(きんもくせい)の比率

今回作った桂花茶(けいかちゃ)の花とお茶の比率は、「3:1」にしました。  花の香りを存分に楽しめる、分量ではないでしょうか。  ほのかな香りを楽しむならば、「1:3」の割合をおすすめします。  この比率には決まりはありませんので、お好みの分量でブレンドしてくださいね。  このまま密封できる容器や袋に入れ、冷蔵庫で一晩おいて、お茶に金木犀(きんもくせい)の花の香りを移しましょう。

今回作った桂花茶(けいかちゃ)の花とお茶の比率は、「3:1」と金木犀を多くしました。

花の香りを存分に楽しめる、分量ではないでしょうか。

ほのかな香りを楽しむならば、金木犀とお茶を「1:3」の割合をおすすめします。

この比率には決まりはありませんので、お好みの分量でブレンドしてくださいね。

このまま密封できる容器や袋に入れ、冷蔵庫で一晩おいて、お茶に金木犀(きんもくせい)の花の香りを移しましょう。

目次に戻る≫

桂花茶(けいかちゃ)の入れ方

一晩おくと、緑茶が金木犀(きんもくせい)の花の水分を含み、少ししっとりしましたが、お茶の香りを嗅いでみると、金木犀(きんもくせい)の甘い香りがしっかりとお茶に移っていました。  では、さっそくお茶を入れていきましょう!

一晩おくと、緑茶が金木犀(きんもくせい)の花の水分を含み、少ししっとりしましたが、お茶の香りを嗅いでみると、金木犀(きんもくせい)の甘い香りがしっかりとお茶に移っていました。

では、さっそくお茶を入れていきましょう!

 

ポットで沸したお湯を注ぎます。  この時の湯温は、一緒に使用するお茶に適した温度のお湯を注ぎましょう。

ポットで沸したお湯を注ぎます。

この時の湯温は、一緒に使用するお茶に適した温度のお湯を注ぎましょう。

 

今回用意したのは緑茶ですので、蒸らす時間は少なめにしました。

今回用意したのは緑茶ですので、蒸らす時間は少なめにしました。

 

まずは、お茶の香りを楽しみましょう。    金木犀(きんもくせい)の花のいい香り♪    香りは金木犀(きんもくせい)の花の香り、味は緑茶の美味しい桂花茶(けいかちゃ)の完成です!  こんなに簡単なのに、しっかりと金木犀(きんもくせい)の花の香りを楽しむことができるなんて、感動ものです‼    いかがでしたか?  金木犀(きんもくせい)の花の量が少量でも、このように手軽に桂花茶(けいかちゃ)を作ることができます。  皆さんも金木犀(きんもくせい)の花の香りで、秋のほっこりティータイムをお楽しみくださいね♪

まずは、お茶の香りを楽しみましょう。

 

金木犀(きんもくせい)の花のいい香り♪

香りは金木犀(きんもくせい)の花の香り、味は緑茶の美味しい桂花茶(けいかちゃ)の完成です!

こんなに簡単なのに、しっかりと金木犀(きんもくせい)の花の香りを楽しむことができるなんて、感動ものです‼

 

いかがでしたか?

金木犀(きんもくせい)の花の量が少量でも、このように手軽に桂花茶(けいかちゃ)を作ることができます。

皆さんも金木犀(きんもくせい)の花の香りで、秋のほっこりティータイムをお楽しみくださいね♪

 

▼関連記事

目次に戻る≫

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「金木犀の香りをお茶で手軽に楽しむ♪桂花茶の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ