ポップコーンの簡単な作り方|爆裂種とうもろこし

戸松敦子

戸松敦子

このライターの記事一覧

公開日 :

ポップコーンの作り方をご紹介!爆裂種のとうもろこしを使って、自宅でポップコーンを作りました。フライパンの中ではじける姿にワクワクしたり、できたてのポップコーンは最高に美味しくて盛り上がりましたよ。大人も子供も楽しめるのでおすすめです。とうもろこしの種類についてもお話しします。

目次

とうもろこしの種類

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

とうもろこしは、大きく分けると6つの種類があります。

スイートコーン

甘味種(かんみしゅ)と呼ばれます。一般的に食用として最も馴染みのある品種です。最近は、生で食べられるものも出回っています。

ポップコーン

爆裂種(ばくれつしゅ)と呼ばれます。お菓子のポップコーンを作るときに使う品種です。粒の皮が硬く、乾燥させるとさらに硬くなります。粒を加熱すると、粒の中の微量な水分が膨張して爆発し、皮が破裂してポップコーンができます。他の種類のとうもろこしの粒は、乾燥させてもそれほど硬くならないのでお菓子のポップコーン作りには向いていません。

デントコーン

馬歯種(ばししゅ)と呼ばれます。コーンスターチの原料になったり、乾燥させて家畜の飼料として利用されます。

フリントコーン

硬粒種(こうりゅうしゅ)と呼ばれます。メキシコ料理のタコス「トルティーヤ」の原料になったり、加工食品、家畜の飼料、工業用の原料に使われます。

ワキシーコーン

もち種(もちしゅ)と呼ばれます。もち質でデンプンを多く含み、若いうちに収穫して蒸すともちもちとした食感があります。

ソフトコーン

軟粒種(なんりゅうしゅ)と呼ばれます。軟らかいデンプンで形成されていて、粉にひきやすい特徴があります。

目次に戻る≫

基本のポップコーンの作り方

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

材料

  • ポップコーン用のとうもろこし(爆裂種) 1本 
  • サラダオイル、オリーブオイルなど    大さじ2

作り方

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

ポップコーン用のとうもろこしから、粒をほぐして取ります。思ったよりもしっかりついていて、手が痛くなってきたので薄手のタオルを濡らしてしぼったものを使って取っていきました。

 

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

粒を取り終わったら、細かいゴミを取り除いておきましょう。1本で2人分くらいのポップコーンができます。

 

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

フライパンを中火で熱してオイルを入れ、ポップコーン用のとうもろこしの粒を一気に入れて蓋をします。フライパンを軽くゆすりながら、焦がさないようにまんべんなく加熱しましょう。ポンポンとはじける音が止まったら火を消します。

 

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

熱いうちに好みの味付けをしていただきましょう。

目次に戻る≫

ポップコーンの味の付け方

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

塩味

基本のポップコーンが熱いうちに塩をふります。

塩バター味

フライパンにバターを適量溶かし、基本のポップコーンに絡め、塩をふります。青のりをプラスしても美味しいです。

バター醤油味

フライパンにバターを適量溶かし、基本のポップコーンに絡め、醤油を回しかけます。

カレー味

基本のポップコーンが熱いうちに、カレー粉、塩、コショウをふります。

目次に戻る≫

ポップコーンを作ろう♪

トウモロコシ ポップコーン 作り方 レシピ

先日、千葉の道の駅に行ったときにポップコーン用のとうもろこしを見つけ、自宅でポップコーンを作ったら楽しいかなと思って買ってみました。市販の簡易アルミフライパンで作るポップコーンは作ったことがありますが、とうもろこしの形をした状態から作るのは初めてでちょっとワクワクしました。スイートコーンとは違って硬いので、粒をほぐして取るのが思ったより難しかったです。だからいつも粒だけの状態で袋に入ってスーパーで売られているのだなと実感しました。

もしかしたら、ポップコーンの材料を知らないお子さんもいるかもしれないので、粒を取る作業から一緒にポップコーンを作ったらとっても楽しそうですね。もちろん、大人でも楽しめますよ。

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

トウモロコシ(とうもろこし)

  • トウモロコシは世界三大穀物の1つで食用、飼料、油、バイオエタノールの材料にもなります。 まっすぐに伸びた太い茎と大きく広がる葉が特徴です。150cmの品種のものから、大きい品種で2mを超える草丈になり、先端にススキの穂に似た雄穂、葉の付け根に雌穂ができます。 トウモロコシのひげは雌しべにあたり、ひとつひとつのトウモロコシの粒からひげが伸びています。雌しべが茶色に色づく頃トウモロコシの粒が充実し収穫時期の合図になります。 日本には、1579年に長崎や四国にポルトガル人から固粒種のフリントコーンが伝えられました。明治初期には、スイートコーン、ハニーバンダム、ピーターコーンなどがアメリカからもたらされ北海道で、試験的な農業作物として作られ、のちに全国に広がりました。

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「ポップコーンの簡単な作り方|爆裂種とうもろこし」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

戸松敦子
戸松敦子

グリーンアドバイザー、ハンギングバスケットマスター、野菜ソムリエ、家庭菜園検定2級。園芸業界で植物全般を幅広く学び経験してきました。LOVEGREEN編集部では主に寄せ植えやリース作り、ボタニカルピープルなどの取材を担当。人が植物と心地良く暮らし、その幸せの連鎖が世界中に広がっていくことを願います。趣味はママさんサッカー。都大会優勝を目指して日々練習しています。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス