鎌倉に紫陽花(あじさい)を見に行こう!一度は足を運びたいスポット4選

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

画像提供:明月院

梅雨のお花といえば、紫陽花(あじさい)。紫陽花の名所といえば、神奈川県の鎌倉が有名ですよね。とくに鎌倉の由緒あるお寺と紫陽花の織り成す風景は、何度見に行ってもよいものです。

今回は、ぜひ足を運びたい鎌倉の紫陽花の名所をご紹介します。今まさに見ごろを迎えようとしている紫陽花の花。ちょっと足をのばして、素敵な紫陽花のある景色に会いに行きませんか?

目次

アジサイとは?

明月院(めいげついん)

長谷寺(はせでら)

東慶寺(とうけいじ)

北鎌倉古民家ミュージアム

 

アジサイとは?

 植物名  アジサイ(あじさい・紫陽花)
 学名  Hydrangea macrophylla
 英名  Hydrangea
 科名  アジサイ科
 属名  アジサイ属
 原産地  日本

アジサイは、もともとはガクあじさいが日本原産の植物でしたが、西洋にわたり、西洋あじさいとして人気が出て、日本に逆輸入されてきました。最近は、西洋あじさい、ガクあじさいともに、品種、形、色の種類も豊富にあり、次々に新品種がつくりだされています。鉢花、切り花、ドライフラワーとしても人気が高いです。

通常のアジサイの他に、秋色アジサイと呼ばれるアジサイもあります。秋色アジサイとは品種名ではなく、通常のアジサイの開花時期である初夏に咲いた花が、気温の変化などによって、時間をかけてアンティークカラーの色あいに変化した状態のことを「秋色アジサイ」と言います。

最近は、新しく品種改良されてできたアジサイの中には、きれいな秋色に変化するように作られている品種も出てきました。西安(シーアン)やマジカル系など、年々色々な品種が出回っています。

 

明月院(めいげついん)

鎌倉の紫陽花の名所といえば、やっぱり明月院!とても有名なお寺ですのでご存知の方も多いと思います。明月院の紫陽花はそのほぼ95パーセントがヒメアジサイという品種です。明月院の紫陽花は青一色で統一され、「明月院ブルー」と呼ばれ親しまれています。

画像提供:明月院

 

明月院の紫陽花情報

株数 2,500株
駐車場 なし
トイレ・売店など

トイレあり

売店あり(御守等の授与のみ)


▼じつは紫陽花だけでなく、春先にはシダレザクラ・レンギョウ・ボケ・モモ、冬にはスイセン・ツバキ・ロウバイなど四季折々の花を楽しむことのできるスポットです。

画像提供:明月院

 

▼このスポットの情報を詳しく見る!

明月院

  • 最寄駅 : JR横須賀線北鎌倉駅
  • アクセス : JR横須賀線北鎌倉駅より徒歩10分
  • 住所 : 神奈川県鎌倉市山ノ内189

明月院は、平治の乱で戦死し首藤刑部大輔俊道の菩提を弔うため、永暦元年(1160年)、俊道の子、山ノ内經俊により創建された明月庵が起源です。
現在は花の寺として有名で、春先にはシダレザクラ、レンギョウ、ボケ、モモ、冬はスイセン、ツバキ、ロウバイなど四季折々の花が咲きます。特に初夏は、参道から境内に至るまでを覆うアジサイが見事です。

※拝観料
500円(小・中学生300円)

 

長谷寺(はせでら)

長谷寺は明月院につづき、鎌倉のお寺のなかでもとくに有名な紫陽花スポットです。見どころはその品種の多さ。『明月院ブルー』と呼ばれる明月院の紫陽花とは違って、赤~青の様々な色形の紫陽花を楽しむことができます。

画像提供:長谷寺

 

長谷寺の紫陽花情報

品種数 40種以上
株数 約2,500株
駐車場 あり
トイレ・売店など トイレ・売店あり

 

画像提供:長谷寺

 

画像提供:長谷寺

 

あじさいの小路をのぼっていくと、由比ヶ浜を見渡すことのできるポイントに着きます。紫陽花と海を同時に見ることができるなんて、いかにも鎌倉らしい贅沢な風景ですよね。

画像提供:長谷寺

 

▼このスポットの情報を詳しく見る!

長谷寺

  • 最寄駅 : 江ノ電「長谷駅」
  • アクセス : 【電車利用】● JR 横須賀線、鎌倉駅下車 →バス「長谷観音」下車、徒歩5分  または →江ノ電「長谷駅」下車、徒歩5分  ●小田急線、藤沢駅下車 →江ノ電「長谷駅」より徒歩5分 【自動車利用】横浜横須賀道から朝比奈I.C.下車 県道204号にて30分
  • 住所 : 神奈川県鎌倉市長谷 3-11-2

拝観料(個人)
大人300円
小学生100円

 

東慶寺(とうけいじ)

東慶寺はかつて女性の側から離婚できなかった時代に、「駆け込み寺」として女性を救済してくれていたそうです。今では紫陽花のほかにも、梅など四季折々に花を楽しめるお寺となっています。

画像提供:東慶寺

 

▼おすすめのビューポイントは、山門の階段脇(写真)を含む参道。溢れんばかりの紫陽花が迎えてくれます。

画像提供:東慶寺

 

東慶寺の紫陽花情報

品種数 約5種
株数 約350株
駐車場 なし
トイレ・売店など トイレ・売店あり

 

画像提供:東慶寺

 

▼このスポットの情報を詳しく見る!

東慶寺

  • 最寄駅 : JR横須賀線 北鎌倉駅
  • アクセス : JR横須賀線 北鎌倉駅から徒歩4分
  • 住所 : 神奈川県鎌倉市山ノ内1367

東慶寺は今から約720年前、弘安8年(1285)に北条時宗夫人の覚山志道尼が開創いたしました。
封建時代、女性の側から離婚できなかった時代に、当寺に駆け込めば離縁できる女人救済の寺として明治に至るまで600年の永きにわたり、縁切りの寺法を引き継いできました。
現在では、かつての尼寺の風情を残す境地に、四季折々の花々が参拝客をお迎えしています。

拝観料
大人200円
小・中学生100円

 

北鎌倉古民家ミュージアム

鎌倉の紫陽花といえばお寺で見るものと思っていませんか?

北鎌倉古民家ミュージアムは築100年以上にもなるという古民家を利用した展示スペースで、常設展や企画展で様々な展示を楽しめるスポットです。屋外には、あじさいの回廊があり、梅雨どきにはたくさんの種類の紫陽花の花を見ることができます。

画像提供:北鎌倉古民家ミュージアム

 

北鎌倉古民家ミュージアムの紫陽花情報

 品種数  約100種
 株数  約300株
 駐車場  なし
トイレ・売店など  館内にあり 

 

▼紫陽花の時期には展示もあじさい展となります。珍しいタイプの紫陽花の名所かもしれません。

画像提供:北鎌倉古民家ミュージアム

 

▼このスポットの情報を詳しく見る!

北鎌倉古民家ミュージアム

  • 最寄駅 : JR北鎌倉駅
  • アクセス : JR北鎌倉駅より徒歩2分
  • 住所 : 神奈川県鎌倉市山ノ内392-1

北鎌倉古民家ミュージアムは築100年以上になる古民家を利用した展示スペースです。

入館料:一般  500円
中高生 300円
小学生 200円

 

いかがでしたか?

梅雨の鎌倉には、独特の風情があると思います。この季節、紫陽花を見に鎌倉へお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

▼アジサイの育て方や飾り方はこちら!

アジサイ(あじさい・紫陽花)

  • アジサイは、もともとはガクアジサイが日本原産の植物でしたが、西洋にわたり西洋アジサイとして人気が出て日本に逆輸入されてきました。

    最近は西洋アジサイ、ガクアジサイともに、品種、形、色の種類も豊富にあり、次々に新品種が登場しています。アジサイは翌年に花を咲かせるために剪定にコツがありますが、基本的には育て方は簡単です。一度植え付ければ、長い間花を楽しめる寿命の長い植物で年々花数が増えて見事になります。

    最近ではアジサイは鉢花、切り花の他、ドライフラワーとしてもとても人気があります。

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「鎌倉に紫陽花(あじさい)を見に行こう!一度は足を運びたいスポット4選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ