お盆飾り|お花やホオズキ(鬼灯)の飾り方、期間、マナーと処分方法

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

お盆は、夏にご先祖様が家族と一緒に過ごすために帰ってくる4日間とされています。地域によっての違いがありますが7月13日からの4日間と8月13日からの4日間とされ、ご先祖様を偲び感謝の気持ちを込めて、お花やお菓子、果物等を支度して温かい気持ちでお迎えし供養する、古来から伝わる行事です。

今回はお盆に飾るお花の飾り方やマナー、少しオシャレに飾る為の花材選び、鬼灯(ほうずき)を飾る理由等をご紹介致します。

目次

お盆ってどんな行事?

お盆は地域によっても違いますが7月15日を中心として13日~16日の4日間と8月15日を中心として8月13日~16日の4日間、故人を偲び、ご先祖様や精霊が家族のもとに帰って来て一緒に過ごす日とされています。

13日の日に迎え火で故人を招き、16日に送り火でお見送りをします。

お盆は仏教行事としての正式な呼び名は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言い、「お盆」は盂蘭盆会(うらぼんえ)から変化して現在では親しみやすくそう呼ばれる様になったようです。

目次に戻る≫

お盆とホオズキ(鬼灯)の飾り方と処分方法

鬼灯(ほおずき)は、お盆に帰ってくる、ご先祖様や精霊が迷わずに帰って来れるように「鬼灯」の文字からもわかるように灯りとしての道しるべになる様に提灯(ちょうちん)に見立てられ仏壇や盆棚や精霊棚に飾られます。天にいるご先祖様は体を持っていないため、お盆の4日間は鬼灯の空洞の中に身を宿して過ごすと言われています。盆踊りや夏祭りでの提灯も同じ意味合いを持ち、ご先祖様が戻ってくる場所がわかるように道しるべとしての灯りになります。  地域によって風土や風習が違う為、色々な飾られ方や習わしがあると思いますので、今回は一般的な飾り方を3種類ご紹介致します。

ホオズキ(鬼灯)は日本での一番古い記録としては、古事記の中でヤマトノオロチの瞳が赤い事をホオズキを用いて表現されています、古い時代から、誰もが知っている植物として、日常の中で身近にホオズキがあった事を感じる事が出来ますね。それから平安時代には最も古い薬草辞典「本草和名」に薬草としての効能が記録されているようです。その後の現在に至っては、お盆ですっかりお馴染みのホオズキ(鬼灯)ですが、現在の暮らしの中では一番身近なホオズキとの関係ではないでしょうか?ホオズキはふっくらした形と炎の様なオレンジ色から、お盆に帰ってくる、ご先祖様や精霊が迷わずに帰って来れるように「鬼灯」の文字からもわかるように灯りとしての道しるべになる様に提灯(ちょうちん)に見立てられ、仏壇や盆棚、精霊棚に飾られます。ご先祖様は体を持っていないため空洞を探し、お盆の4日間は鬼灯の空洞の中に身を宿して過ごすと言われています。盆踊りや夏祭りでの提灯も同じ意味合いを持ち、道しるべとしての灯(あか)りとして灯(とも)されます。なんとも心優しい灯(あか)りの在り方ですね。

ホオズキの飾り方は地域に纏(まつ)わる風土や風習が違う為、色々な飾られ方があります。今回は一般的な飾り方を4種類ご紹介致します。

▼ホオズキ(鬼灯)の詳しくはこちらへ

飾り方1

飾り方その1 お菓子や果物などと一緒にお皿に置いてお供えする。

お菓子や果物などと一緒にお皿や籠などに置いてお供えする。

飾り方2

飾り方その2 お盆にお供えするお花と一緒に花瓶に飾る

お盆にお供えするお花と一緒に花瓶に飾る。

飾り方3

飾り方その3  麻紐などの紐に均等に結び付けて、仏壇や盆棚や精霊棚に飾る。  仏壇や盆棚の両端に笹を立てて笹に麻紐の端と端を結びつける供え方もあります。

麻紐などの紐に均等に結び付けて、仏壇や盆棚または精霊棚に吊るして飾る。

※仏壇や盆棚の両端に笹を立てて笹に麻紐の端と端を結びつける供え方もあります。

飾り方4

飾り方その4  仏壇や盆棚の端に麻紐などを輪にして取り付けて、鬼灯(ほおずき)の茎と茎の端を引っ掛けるようにして固定する飾り方もあります。

仏壇や盆棚の端に麻紐などを輪にして取り付けて、ホオズキ(鬼灯)の茎と茎の端を引っ掛けるようにして固定する飾り方もあります。

飾り終えた鬼灯の片付け方

お盆が終わり、ご先祖様が身を宿した後の鬼灯は主に4つの片付け方があります。

1.川へ流す。

2.土に埋める。

3.白い紙に包んで、塩でお清め(塩をふる)ってから処分する。

4.お寺でお焚き上げをしていただく。

1や2のやり方は昔ながらの片付けかたですが、現代の暮らしには環境が合わない事が多く、3か4の片付け方が一般的になってきたようです。ご自身の暮らしに合わせ無理なく、鬼灯の役目に感謝して片付ける気持ちが大切です。

▼ご先祖様のお迎えとお見送りには他にも茄子や胡瓜で作った精霊馬も必要になります。詳しくはこちらへ

ホオズキ(鬼灯)ってこんな植物

ホオズキ(鬼灯)は日本では古来親しまれている、ナス科の植物です。草丈は60㎝~80㎝位になり、開花時期は5~7月位にかけてクリーム色の小さな花が咲きます。観賞用と食用があり開花後は少しづつふんわりと膨らんで提灯の様な個性的な形をしています。空洞のガクの中に1つ丸い実がなっています。観賞用は鮮やかなオレンジに変化し、食用は鑑賞用よりもやや鮮やかさがありませんが、優しいオレンジ色をしています。

目次に戻る≫

 

\お盆にお供えするお花についてのマナーはこちらへ/

 

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お盆飾り|お花やホオズキ(鬼灯)の飾り方、期間、マナーと処分方法」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ