アサガオ(朝顔)の育て方|芽切りや摘芯で発芽率が断然アップ!花数が増す!?

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

アサガオは小学校1年生の頃、みなさんもを育てた経験があるかと思いますが「どうしてアサガオなんだろう?」と改めて考えてみると、どうやら様々な魅力があるようです。

例えば…

・種から誰でも育てることができる。

・つるを伸ばし、ぐんぐん生長する。

・子供たちの登校する朝に美しく咲いてくれる。

・花びらで色水が作れる。

・種も採取できるため、次の世代につないでいくことを実感する。

・日本の伝統園芸の一つである。

こうして、改めて考えてみても、アサガオって素敵な花ですね。

懐かしさも手伝って、日本の代表的な夏の花「アサガオ」を育ててみましょう。

目次

アサガオ(朝顔)とは

西洋アサガオ  1年草の朝顔(あさがお)の花の色は青や紫、中にはピンクがかった色や複色などさまざまな品種があります。花の形は円錐形で、ラッパの先端のように開きます。

西洋アサガオ

1年草のアサガオの花の色は青や紫、中にはピンクがかった色や複色などさまざまな品種があります。花の形は円錐形で、ラッパの先端のように開きます。

 

左:朝顔のつぼみ 右:しぼんだ朝顔の花  そして、花が開いたあとは内側に籠るようにして閉じていきます。  現在朝顔の属するヒルガオ科サツマイモ属は、中央から熱帯アメリカが原産地であるといわれています。日本で栽培されているアジア産の朝顔と、それ以外の朝顔では花芽のできる日長感受性に違いがあり、メキシコ原産の朝顔は夜に咲く品種もあるんです。  アジア系統の朝顔は、冬を過ごさなければならないため、種子を残そうとして、日が短くなると花を咲かせる短日性の植物として変化を遂げました。  また、琉球朝顔と呼ばれるノアサガオは、主に関西以南で冬に茎葉が枯れたら地上部を切りマルチングなどをすることで冬越しできる宿根草の品種もあります。

左:アサガオのつぼみ 右:しぼんだアサガオの花

そして、花が開いたあとは内側に籠るようにして閉じていきます。

現在アサガオの属するヒルガオ科サツマイモ属は、中央から熱帯アメリカが原産地であるといわれています。日本で栽培されているアジア産のアサガオと、それ以外のアサガオでは花芽のできる日長感受性に違いがあり、メキシコ原産のアサガオは夜に咲く品種もあるんです。

アジア系統のアサガオは、冬を過ごさなければならないため、種子を残そうとして、日が短くなると花を咲かせる短日性の植物として変化を遂げました。

また、琉球アサガオと呼ばれるノアサガオは、主に関西以南で冬に茎葉が枯れたら地上部を切りマルチングなどをすることで冬越しできる宿根草の品種もあります。

アサガオ(朝顔)の歴史

朝顔は古典園芸植物(伝統園芸植物)の中でも唯一の一年草の植物です。江戸に一大ブームを巻き起こした朝顔は、一年草という特徴から他の古典園芸植物よりも多く品種を作り出しました。愛好家の中で品種を競う「朝顔番付」も関西や関東で盛んに品評会が開催された記録が残っています。  遺伝子の法則も植物の受粉の仕組みも解明されていない中で、朝顔は愛好家たちのもと特殊な栽培技術で数千種類にも及ぶバリエーションが生み出されました。  こんなにも日本人に愛された朝顔ですが、原産地は日本ではありません。奈良時代に中国からもたらされたといわれる朝顔は、当時は薬草(下剤)として持ち込まれました。そのうちに、花が美しいことから観賞用にも栽培されるようになりました。

アサガオは古典園芸植物(伝統園芸植物)の中でも唯一の一年草の植物です。江戸に一大ブームを巻き起こしたアサガオは、一年草という特徴から他の古典園芸植物よりも多く品種を作り出しました。愛好家の中で品種を競う「朝顔番付」も関西や関東で盛んに品評会が開催された記録が残っています。

遺伝子の法則も植物の受粉の仕組みも解明されていない中で、アサガオは愛好家たちのもと特殊な栽培技術で数千種類にも及ぶバリエーションが生み出されました。

こんなにも日本人に愛されたアサガオですが、原産地は日本ではありません。奈良時代に中国からもたらされたといわれるアサガオは、当時は薬草(下剤)として持ち込まれました。そのうちに、花が美しいことから観賞用にも栽培されるようになりました。

目次に戻る≫

アサガオ(朝顔)の種のまき方

小学生の時に育てたアサガオを大人になった今みなさんは自信をもって栽培することができますか?実際に種をまいてみると、アサガオが思うように芽が出ないなんてことはありませんか?

アサガオの種をまく時のタネの向きも重要なポイントですので、この機会におさらいをしてみましょう。

アサガオの種まき

1. 1.5cm程の穴をあけます。(人差し指の第一関節より少し短い位)

1. 1.5cm程の穴をあけます。(人差し指の第一関節より少し短い位)

 

2. 芽切りした部分を上に向けて土に埋めます。

2. 芽切りした部分を上に向けて土に埋めます。

 

3. 土をかぶせて完成です。

3. 土をかぶせて完成です。

アサガオの発芽適温

朝顔は発芽するために最適な温度というものがあります。そのため、充分暖かくなった5月中旬~6月頃に種をまくとい良いでしょう。  朝顔の発芽適温は20~25℃です。霜に当てることは、絶対に避けましょう。

アサガオは発芽するために最適な温度というものがあります。そのため、充分暖かくなった5月中旬~6月頃に種をまくとい良いでしょう。

アサガオの発芽適温は20~25℃です。霜に当てることは、絶対に避けましょう。

目次に戻る≫

アサガオ(朝顔)の摘芯方法

ひたすらつるを伸ばしてアサガオを育てるよりも、より多くのアサガオの花を咲かせる良い方法があります。それが次にご紹介する「摘芯」です。

アサガオの摘芯

朝顔の仕立て方にもいろいろありますが、一般的な仕立て方として「摘芯」という作業があります。  朝顔はつるを伸ばして生長するということを皆さんご存知ですが、そのまま伸びていくと「頂芽優勢」といって、植物の頂点の芽の生長が、わき芽の生長よりも優先されるため、花数もつるの数も増えなくなり、ボリュームの少ない朝顔になってしまいます。そのため、摘芯することでわき芽や花数を増やします。

アサガオの仕立て方にもいろいろありますが、一般的な仕立て方として「摘芯」という作業があります。

アサガオはつるを伸ばして生長するということを皆さんご存知ですが、そのまま伸びていくと「頂芽優勢」といって、植物の頂点の芽の生長が、わき芽の生長よりも優先されるため、花数もつるの数も増えなくなり、ボリュームの少ないアサガオになってしまいます。そのため、摘芯することでわき芽や花数を増やします。

アサガオの摘芯方法

1. 本葉が10枚ほどになったら、新芽をハサミか爪で切り取ります。  2. その下から出てくるわき芽を3本ほど伸ばしましょう。  3. アサガオは生長したわき芽から、さらにわき芽が出てきます。摘芯することで花がたくさんつきますが、早い時期に花をつけすぎるとつるの伸びが悪くなります。ある程度つるの生長度合いを見ながら、わき芽の摘芯をしてあげましょう。

1. 本葉が10枚ほどになったら、新芽をハサミか爪で切り取ります。

2. その下から出てくるわき芽を3本ほど伸ばしましょう。

3. アサガオは生長したわき芽から、さらにわき芽が出てきます。摘芯することで花がたくさんつきますが、早い時期に花をつけすぎるとつるの伸びが悪くなります。ある程度つるの生長度合いを見ながら、わき芽の摘芯をしてあげましょう。

アサガオ(朝顔)の種の収穫

次の年にまくための種を収穫するところまでが、アサガオ栽培の醍醐味(だいごみ)といえるのではないでしょうか。

1粒からこんなにたくさんの種を収穫できるのですから、来年はさらにたくさんのアサガオの花を咲かせることができますね。

アサガオの種の収穫

朝顔の花後の種のふくらみ  朝顔の種は黒くて小さな粒です。花が終わり、何もない緑色の蕾だけが残ります。その内側に種が生成され、熟していくのです。採取のタイミングは緑が茶色に変化し、がくが反り返ったころです。内側から黒い種が見えてくる際に中から種を取り出すことが出来ます。莢から種が飛び出さないように、袋などを被せておくと安心です。  来年のために種を保存するときは、茶封筒に乾燥させた朝顔の種を入れ、さらに防虫効果のある乾燥した唐辛子を入れ、密封袋に入れ冷暗所で保存しましょう。

アサガオの花後の種のふくらみ

アサガオの種は黒くて小さな粒です。花が終わり、何もない緑色の蕾だけが残ります。その内側に種が生成され、熟していくのです。採取のタイミングは緑が茶色に変化し、がくが反り返ったころです。内側から黒い種が見えてくる際に中から種を取り出すことが出来ます。莢から種が飛び出さないように、袋などを被せておくと安心です。

来年のために種を保存するときは、茶封筒に乾燥させたアサガオの種を入れ、さらに防虫効果のある乾燥した唐辛子を入れ、密封袋に入れ冷暗所で保存しましょう。

目次に戻る≫

 

 

\次はアサガオ(朝顔)の日頃の管理についてです!/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「アサガオ(朝顔)の育て方|芽切りや摘芯で発芽率が断然アップ!花数が増す!?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ