鉢物のカーネーションの花を長く楽しむおすすめの方法!

清水ヨシミ

清水ヨシミ

公開日 :

 

母の日の定番、カーネーション。 もらって嬉しいけれどどうしたらいいかわからない、長く楽しみたいという方におすすめの方法をご紹介します。

 

目次

カーネーションとは?

お店での選び方

花ガラ摘みが大切!カーネーションの管理ポイント

鉢のままの簡単な飾り方

カーネーションを切り花にして楽しむ

 

カーネーションとは?

まずはカーネーションの基本情報です。

和名…オランダセキチク

科、属名…ナデシコ科、ナデシコ属(ダイアンサス属)

原産地…南ヨーロッパ、西アジア

多年草

花言葉…女性の愛、感覚、感動、純粋な愛情など

目次に戻る≫

お店での選び方

他の花や野菜のように「蕾が多い」「葉が茂っている」ものを選びがちですが、実はそれは要注意なときもあります!咲かない蕾があったり、蒸れてしまうことがあるんです。

大きく膨らんで中身が詰まっていたり開きかけている蕾で、葉の部分に隙間があるものを選ぶか剪定をしましょう。

茎がしっかりしているもの、根元がぐらつかないものを選ぶこともポイントです。

目次に戻る≫

花ガラ摘みがポイントの管理方法

置き場、水やり

ラッピング、保護するためのセロファンなどはできるだけすぐに外します。

日当たり、風通しの良い所に置きましょう。通常は屋外、真夏や冬は良く日の当たる窓辺が最適です。 梅雨など雨が続く場合は軒下などに置きましょう。

水は土が乾いてから、鉢の底から水が出てくるくらいたっぷりあげましょう。蕾~開花中は良く水を吸うので、こまめに観察してあげてくださいね!

花がら摘み

終わった花は取り除くと株が傷まず長く楽しめます。

園芸用のハサミでカットしましょう。

目次に戻る≫

 

鉢のままの簡単な飾り方

そのまま楽しむために、鉢カバーをDIYしてみませんか?

ビニールのバッグに入れてみる

水が漏れないので、このまま置いておけます。

 

用意するものはビニールバッグのみ!お手軽です。

 

下を折りマチを作ります。セロテープなどで止めてもOK!

 

上も折り返すかハサミでカットします。短いと鉢が見えてしまい、長いと葉部分に空気が通らなくなってしまうので、鉢上1cm程度を目安にしましょう。中にそのまま鉢を入れて完成です!

 

カゴに入れてみよう

おうちにあるカゴや布を使ってみましょう。

 

用意するもの…カゴ(今回は帽子を利用しました)、布、鉢皿

 

カゴの内側に布、鉢皿をセットして、鉢を入れます。布を整えて完成!

 

目次に戻る≫

切花にして楽しむ

用意するもの…植物用ハサミ、花瓶※茎の水に浸かる部分が傷んでしまうので、水の量は少なめに。数センチでOK!

 

どこからカットしても大丈夫です。

 

下のほうの葉は取り除きます。

 

他の花や葉と生けてもいいですね

 

様々なアレンジができるカーネーション。

いろいろな場所に飾ってみませんか?

目次に戻る≫

▼関連記事

 

 

▼関連ワード

「鉢物のカーネーションの花を長く楽しむおすすめの方法!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
清水ヨシミ
清水ヨシミ

農家の祖父母、ガーデニングや家庭菜園が趣味の両親の植物一家に育ち、幼い頃から植物に親しむ。学生時代、卒業してすぐは音楽やファッションなどの芸能業界の職に就きましたが、海外での一人暮らしを機に花の仕事を始めました。青山フラワーマーケットや個人の花屋で製作やワークショップの経験を積み、世界に向けて情報を発信したいとの思いからストロボライトに入社。個人では生け花を習い4年目になり、自宅には季節の花や観葉植物を飾ったり、ハーブなどを育てて食べる事も趣味になっています!

おすすめ