秋の七草「オミナエシ(女郎花)」の由来と切り花での楽しみ方

大野茜

大野茜

このライターの記事一覧

公開日 :

秋の七草のひとつにも数えられるオミナエシ(女郎花)、小さな黄色い花が集まった房と枝まで黄色に染まった姿が特徴的です。オミナエシ(女郎花)の名前の由来から切り花の扱い方をご紹介します。長持ちさせる方法、生け方や飾り方のポイントをまとめました。

目次

オミナエシ(女郎花)とは

オミナエシ(女郎花)の学名はPatrinia scabiosaefoliaといい、オミナエシ科オミナエシ属の多年生植物です。中国、日本、東シベリアに広く分布しています。根を乾燥させて煎じたものは生薬となり「敗醤(ハイショウ)」とも言われます。開花時期は6月から10月頃です。

オミナエシ(女郎花)の学名はPatrinia scabiosaefoliaといいます。オミナエシ科オミナエシ属の多年生植物で開花時期は7月から10月頃です。中国、日本、東シベリアに広く分布しています。根を乾燥させて煎じたものは生薬となり「敗醤(ハイショウ)」とも言われます。

目次に戻る≫

オミナエシ(女郎花)の特徴、名前の由来や似ている花

オミナエシ(女郎花)の特徴

オミナエシ(女郎花)は山上憶良が万葉集で詠んだ秋の七草に数えられます。

春に種を撒いて伸びた子株を秋に植えると60cmから100cm程まで生長し、翌年の7月頃に黄色い小さな花を房状に咲かせます。日当たりが良い草地を好むため、川の土手などで見られることが多い植物です。オミナエシ(女郎花)は宿根草なので地上部分が枯れても株自体は残り、数年間は花を採取することができます。

またオミナエシ(女郎花)の花は一斉に咲くので切り花の流通時期としては短い期間になります。元々切り花として流通しているものは山野に自生するものを採取していましたが、環境保全や絶滅危惧種などの観点から保護対象にされつつあります。そのため今は栽培により生産されるようになりました。

オミナエシ(女郎花)の名前の由来

オミナエシ(女郎花)の名前の由来は諸説あります。その中から性別が関係する2つの説をご紹介します。

女性らしさの印象から

1つ目には、オミナエシ(女郎花)は女性らしい印象に例えられたという説です。オミナエシ(女郎花)の近縁種にオトコエシ(男郎花)があり、オミナエシ(女郎花)に比べてひと回り大きく丈夫な花姿をしています。その男性のような力強い姿と対比しオミナエシ(女郎花)は女性らしい印象に例えられ「女郎花」と呼ぶようになりました。

女飯の語源より

2つ目には、女飯(オミナメシ)という言葉が由来しているという説です。その昔、もち米で炊くご飯を男性が食べていたことから白い飯のことを男飯と言ったことに対し、女性は黄色い粟のごはんを食べていたので粟飯を女飯と呼ばれていました。その黄色い粟飯を盛った女飯の見た目とオミナエシ(女郎花)の花が似ていることから「オミナメシ」→「オミナエシ」と言われるようになりました。

オミナエシ(女郎花)と似ている花

オトコエシ(男郎花)

先述の通りオミナエシ(女郎花)と似ている花で、オトコエシ(男郎花)という花があります。オミナエシ(女郎花)よりも背丈が一回り大きく、白い花を咲かせる植物です。見た目はオミナエシ(女郎花)と似ていますが白い花ならオトコエシ(男郎花)と見分けることができます。

セントランサス

同じオミナエシ科の植物で和名を紅カノコソウと言います。別名レッドバレリアンと呼ばれる香りのある花で、ハーブの仲間です。オミナエシのように小さな小花が集合して咲きます。

同じオミナエシ科の植物で和名を紅カノコソウと言います。別名レッドバレリアンと呼ばれる香りのある花で、ハーブの仲間です。オミナエシのように小さな小花が集合して咲きます。花が白いものはホワイトバレリアンです。

セントランサス

  • セントランサスは、別名レッドバレリアン、ホワイトバレリアンと呼ばれるハーブの仲間の多年草です。赤や白の小さな小花が集合したような花が春から秋まで長期間開花し、花には香りがあります。セントランサスは性質が強く、環境に合えばこぼれ種で増殖します。

目次に戻る≫

 

\オミナエシ(女郎花)の切り花を飾ろう/

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋の七草「オミナエシ(女郎花)」の由来と切り花での楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大野茜
大野茜

福岡生まれ福岡育ち。幼い頃よりフラワーアレンジに親しみ、ブライダルフラワーコーディネーターとして切り花装飾の仕事に従事。ブライダルの現場に立つ傍ら国際園芸博覧会の専門スタッフとして赴任。花植物の魅力や文化をより多くの人々に知ってもらえるよう様々な植物の楽しみ方を発信していきます。行く先々で花みどりに真っ先に目が行く体質で、気づけば脳内は緑に溢れています。

このライターの記事一覧

『花』デイリーアクセスランキング

おすすめ