秋の七草「オミナエシ(女郎花)」の由来と切り花での楽しみ方

大野茜

大野茜

このライターの記事一覧

公開日 :

オミナエシ(女郎花)の切り花を長持ちさせる方法

オミナエシ(女郎花)の新鮮な切り花の見分け方

オミナエシ(女郎花)を長持ちさせるためには新鮮なものを選びましょう。新鮮なものを見極めるポイントとしては、枝張りがよく咲きすぎていないことです。枝の広がりが良くしっかりした茎のものを選んで下さい。また、多くの花に共通しますが、満開の花より咲き始めの花を選ぶと良いです。咲き始めの花を選べば開花する様子を楽しむことができ、長持ちに繋がります。ただし自生していたり庭に植えているオミナエシ(女郎花)を自分で切って採取する場合は注意が必要です。蕾のものを選んでしまうと水あげが悪く、うまく花が咲かないこともあります。なるべく咲き始めている花を選んで下さい。

オミナエシ(女郎花)を長持ちさせる方法

オミナエシ(女郎花)は小さな花が房のように集まっているので蒸れに弱いです。風通しの悪い場所や湿度が高い状態で蒸れてしまうと花の変色やカビの発生にも繋がります。風通しの良い涼しい場所で管理して下さい。万が一花の変色やカビが発生した場合は、変色やカビなどが移ってしまわないように悪い部分をすぐに切り取って下さい。そうすることで引き続き他の房の花を楽しむことができます。

目次に戻る≫

オミナエシ(女郎花)の生け方・飾り方

オミナエシ(女郎花)を生ける時の注意点

オミナエシ(女郎花)は先端がいくつも枝分かれしているので、扇のように花房が広がっています。先端の房同士が絡まないように気を付けましょう。また、飾っていると花がぽろぽろ落ちてきます。時間の経過や衝撃で自然に落ちてくるので防ぎようがありませんが、落ちた花を掃除しやすい場所に飾るなど注意が必要です。

オミナエシ(女郎花)の飾り方

枝分かれしている花なので、枝を切って細かく飾ってもいいですし、枝ぶりを見せるように大きく飾るのもいいですね。オミナエシ(女郎花)は枝も黄色がかった色をしているので花だけでなく全体が黄金色に見えるのも魅力的な花です。

枝分かれしている花なので、枝を切って細かく飾ってもいいですし、枝ぶりを見せるように大きく飾るのもいいですね。オミナエシ(女郎花)は枝も黄色がかった色をしているので花だけでなく全体が黄金色に見えるのも魅力的な花です。

オミナエシ(女郎花)と合う花材

秋の七草のひとつに数えられるように、秋を象徴するような花と相性が抜群です。花弁の藍色や葉の濃い緑の発色が良いリンドウと合わせたり、同じく秋の七草のひとつであるススキなどとも合わせれば季節感も楽しめます。

秋の七草のひとつに数えられるように、秋を象徴するような花と相性が抜群です。花弁の藍色や葉の濃い緑の発色が良いリンドウと合わせたり、同じく秋の七草のひとつであるススキなどとも合わせれば季節感も楽しめます。

リンドウ(竜胆)

  • リンドウ(竜胆)は「枕草子」でも記述がある程、日本では古くから親しまれている日本原産の植物です。本州、四国、九州の山野を中心とし自生しています。春に細い葉が新芽を出し、秋の始まりと共に花芽をつけて野山に咲きます。 花色は品種によって、白や赤紫もありますが、青、水色、紫などの寒色が印象的な花を咲かせます。花の直径は3~5cm程で、釣鐘形で先が5つに分かれ、尖った裂片がある花の形をしています。草丈は品種・種類によって差があり、10~100㎝と幅があります。 日当たりを好みますが気温が高すぎる直射日光が苦手なため、寒冷紗などで日よけをする必要があります。曇りの日には花を閉じる習性があります。

薄(ススキ)

  • 薄(ススキ)は、日本の秋を代表するイネ科の多年草です。中秋の名月にも薄(ススキ)を飾るのが習わしとなっている他、秋の七草のひとつである尾花(オバナ)とは薄(ススキ)のことを指します。 薄(ススキ)は、草丈1~2mほどにもなります。晩夏から秋にかけてすっとした細い葉と茎の間から、穂を出します。そのまま、秋の終わりになると種子を風に乗せて周囲に飛ばします。この種子でも増えると同時に地下茎でも増えます。さらに痩せ地でも良く育つため、あまり土壌を選びません。 薄(ススキ)は、日当たりの良い場所を好み群生します。秋になると河原や線路わきの土手など日当たりの良い場所で薄(ススキ)が群になって生えているのを見かけます。秋が終わり、冬になってもそのままドライフラワーのようになるので、その姿を枯れ薄(ススキ)と呼び、季語として使われます。 園芸品種で葉に斑の入ったものや、あまり大きくならない種などもあります。

目次に戻る≫

注意が必要?!オミナエシ(女郎花)の香りについて

独特な香りを持つオミナエシ(女郎花)

オミナエシ(女郎花)と言えばその独特な香りを想像する方も少なくはないと思います。「敗醤(ハイショウ)」という漢字があてられた背景として、オミナエシ(女郎花)が乾燥すると醤油が腐った匂いがすることが由来となったようです。

オミナエシ(女郎花)の香りと付き合う

オミナエシ(女郎花)を長く花瓶などに飾っていると水が臭くなることがあります。水替えを行えば匂いも抑えることができるので、花瓶の水はこまめに替えましょう。また、大量に飾ったり窓の少ない室内に飾ったりすると匂いが籠ってしまい、より一層匂いを強く感じるかもしれません。香りが苦手な人には飾る量や風通しに気を付けた方が良いですね。

香りが独特なので敬遠される場合もありますが、枝まで黄色に色づく鮮やかなオミナエシ(女郎花)、上手に工夫しながら暮らしに取り入れてみてください。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

Pages: 1 2
LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋の七草「オミナエシ(女郎花)」の由来と切り花での楽しみ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大野茜
大野茜

福岡生まれ福岡育ち。幼い頃よりフラワーアレンジに親しみ、ブライダルフラワーコーディネーターとして切り花装飾の仕事に従事。ブライダルの現場に立つ傍ら国際園芸博覧会の専門スタッフとして赴任。花植物の魅力や文化をより多くの人々に知ってもらえるよう様々な植物の楽しみ方を発信していきます。行く先々で花みどりに真っ先に目が行く体質で、気づけば脳内は緑に溢れています。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】〈爽やかなライトグリーンの花〉クリスマスローズ 原種リグリクス 1株(開花予定株 13.5cmポット苗)

販売価格:4,235円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A