新生活グリーン特集

ハンギングバスケットを使った寄せ植えのコツ

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

好きな花を寄せ植えして、壁やフェンスにかけたり、ぶら下げたりして使うハンギングバスケット。

少し特殊な形から、なんとなく難しそうなイメージがありますが、コツさえわかっていればとっても簡単にボリュームたっぷりで華やかな寄せ植えを作ることができます。ハンギングバスケットを使った寄せ植えのコツを紹介します。

目次

ハンギングバスケットとは

ハンギングバスケットの種類

ハンギングバスケットに使う土

ハンギングバスケットの植物の植え方

管理のポイントは「水やり」

ハンギングバスケットに向いている植物

ハンギングバスケットとは

植物を植える鉢の種類で、壁やフェンスにかけたり、ぶら下げたりできます。普通の植木鉢とは違い、基本的に横からや斜め上、斜め下からみるので、横から見たときに綺麗に見えるように植物を植える必要があります。地面に置くわけではないので、限られたスペースを有効に使うことができます。

ハンギングバスケットの種類

ハンギングバスケットにはボウル型の鉢を吊るすタイプと、半円形の鉢を壁にかけるタイプがあります。

吊るすタイプ

吊るすタイプは鉢がボウルのように丸くなっているものが主です。吊るすタイプのハンギングバスケットは、多くのものが鉄などで枠が組まれていて、ヤシのシートを敷き、その中に土を入れ、植物を植えこみます。

吊るすタイプは鉢がボウルのように丸くなっているものが主です。吊るすタイプのハンギングバスケットは、多くのものが鉄などで枠が組まれていて、ヤシのシートを敷き、その中に土を入れ、植物を植えこみます。

掛けるタイプ

壁などにかけるタイプは、吊るすタイプと同じくヤシマットを使うもの、プラスチックなどで出来ていて土を入れて植物を植えるだけのもの、スリットが入っているもの、かごのようになっているようなものなどたくさんの種類があります。半円形のため植えられる植物は比較的少なくなります。

壁などにかけるタイプは、吊るすタイプと同じくヤシマットを使うもの、プラスチックなどで出来ていて土を入れて植物を植えるだけのもの、スリットが入っているもの、かごのようになっているようなものなどたくさんの種類があります。半円形のため植えられる植物は比較的少なくなります。

ハンギングバスケットに使う土

土を入れ、植物を植えて水をたっぷりやると鉢はなかなかの重さになります。ハンギングバスケットは、空中に吊るす、または壁にかけるだけなので、軽い土を使う必要があります。ハンギングバスケット用の土が販売されているので、そちらを使いましょう。

ハンギングバスケットの植物の植え方

ハンギングバスケットに植物を植えるときは、上よりも横から見ることを想定して作るのであまり草丈が高くない植物を植えるのがポイントです。横に這って増える植物を一緒に植えると隙間も埋めてくれます。

背の高さが違う植物を植えるときは、奥に背の高い植物、手前に背の低い植物を植えるようにしましょう。

ハンギングバスケットは、見る方向によって全く印象が変わってくるので、どの方向から見るのかを考えながら植えましょう。

管理のポイントは「水やり」

ハンギングバスケットの管理のポイントは、水やりです。球形の鉢を使っているため、通常よりも土が少なく、すぐに土が乾燥してしまいます。また、吊るしてあったり、横からできるだけ土が見えないようにして植物を植えるので、土が乾燥していても通常よりも気づきにくくなってしまいます。水が必要か、目で見るだけでなく土を触って湿り具合を確認しましょう。

ハンギングバスケットに向いている植物

通年

アイビー・シロタエギク・ハツユキカズラなど

アイビー・シロタエギク・ハツユキカズラなど

▼植物の詳細はこちら

アイビー(ヘデラ)

  • アイビー(ヘデラ)はウコギ科キヅタ属に分類されるツル性植物です。

    葉の模様が様々あり、白い斑が入っているものやグレーやライトグリーンなどのマーブル模様の葉などがあります。

    アイビー(ヘデラ)は性質も非常に強健で屋外で難なく越冬することができます。そのためグランドカバープランツとして使用されることもあります。

    また、地面に植えたアイビー(ヘデラ)は家屋の壁に活着し、外壁を覆いつくしてしまうこともあります。

    アイビー(ヘデラ)は水耕栽培でも育てることが出来るため、いろいろな模様のアイビーを少量ずつビンやビーカーなどに水挿しにするとインテリアにもなります。

    アイビー(ヘデラ)は耐陰性もあるため、出窓のある洗面所などに置くこともできます。

ハツユキカズラ(初雪葛)

  • 不規則に白く染まる若芽が降り始めた雪のような「ハツユキカズラ(初雪蔓)」。日陰や湿った土壌でも苦にしない、育てやすいグランドカバー向けの植物です。もちろん鉢植えやプランターでも大丈夫です。ハツユキカズラは寄せ植えでも活躍する万能派です。 ハツユキカズラの特長であるピンク色の新芽を楽しむためには、肥料と水を切らさずに成長をうながし続けることがポイントです。 耐陰性ですが日光も大好きです。あまり暗すぎる環境では新芽が発色せず、葉の色が緑一色の株になってしまいます。直射日光が得意でないので、さじ加減は必要ですが基本的には大変丈夫です。 常緑性ですが、寒さにあたって紅葉した姿もまた美しいものです。

 

ペチュニア・ベゴニア・アリッサムなど

ペチュニア・ベゴニア・アリッサムなど

▼植物の詳細はこちら

ペチュニア

  • ペチュニアは、夏の寄せ植えの素材としてとても人気のある草花です。ペチュニアは剪定を上手にすると、枝分かれしてたくさんの花を咲かせるので、ハンギングやコンテナ栽培にも適しています。ペチュニアは色幅も豊富で、多花性。一重や八重咲きなど咲き方も様々あり、花の大きさも大輪から小輪とあります。品種数も数百品種あり、毎年新品種が発売されています。開花期間がとても長いので、初心者にもおすすめの素材です。ペチュニアは現地では多年草ですが、寒さの弱いため日本では一年草扱いとなります。ペチュニアの語源はブラジル先住民のPetun(たばこ)が語源になっています。たばこの花に似ていることからこの語源になったと言われています。ペチュニアの葉をたばこに吸わせたという説もあるようです。

ベゴニア

  • ベゴニアは900余りの原種と15000を超える交配種があります。世界中の環境に適応しているため、ベゴニア一属の中でもかなりバリエーションが豊富です。

    多年草で中に木質になる茎をもつ木立ベゴニアの品種もあります。なかでも四季咲きベゴニアはベゴニア・センパフローレンスともいい、ブラジル原産のほぼ周年開花する品種を掛け合わせられた園芸品種群です。花色は白・ピンク・赤などがありハート形の花弁が愛らしく人気があります。緑葉だけでなく銅葉の品種など年々新しい品種がつくられています。葉は肉厚でつやがあり、こぼれ種でもふえるほど丈夫な植物ですが多湿に弱いです。霜が降りる前に室内へ取り込めば越冬させる事が出来ます。

アリッサム(スイートアリッサム)

  • アリッサムは地中海沿岸原産の多年草(一年草)です。「スイートアリッサム」の名前でも親しまれています。小花がたくさん咲き、花束のようにこんもりと生い茂る姿が何とも愛らしい植物です。

    横に広がる性質を持つので、グランドカバーの他、寄せ植えの引き立て役や花壇に植える花として人気があります。高温多湿には弱い植物ですが、乾燥に強く丈夫であるため、園芸初心者には最適の草花です。また、比較的多く出回り、安価で手に入れやすく、生育が良いことも人気の理由の一つです。カスミソウのように控えめ愛らしい花はピンク、白、紫、オレンジと様々な色があり、自分の好みや庭、プランターの雰囲気に合わせて選ぶことができます。最近では日本の夏にも耐えられる「スーパーアリッサム」という園芸種も出回っています。

    アリッサムは本来は多年草ですが、湿気に弱いため、日本では1年草扱いをされていることが多いようです。うまく環境にあえば、多年草化することもあります。

 

インパチェンス・ニチニチソウ・トレニアなど

インパチェンス・ニチニチソウ・トレニアなど

▼植物の詳細はこちら

インパチェンス

  • インパチェンスはアフリカホウセンカとも言われています。暑い国が原産なので、高温多湿を好みます。開花期は、夏真っ盛りの時期に、色とりどりの花を咲かせます。赤、ピンク、オレンジ、白などなど。夏の日光を浴びれば反射して目が痛くなるような色合いばかり。花びらの種類も様々なのが特徴です。一重咲きや八重咲きもあれば、薔薇の様な咲き方をする種類まで多種多様です。インパチェンスという一種で沢山のパターンを楽しめます。草丈は低めなので、花壇の植栽の他、寄せ植え、ハンギングバスケットなど、様々な植え方を楽しめます。

ニチニチソウ(日日草・にちにちそう)

  • 日日草(ニチニチソウ)は、草丈20cm~60cmで花は3~5日の短命で直径3~4cmの白や赤、ピンク色の花を次々に咲かせます。毎年花を咲かせる多年草で暑すぎる場所にも適応しますが、寒さは苦手で日本の寒さに耐えられなくて冬に枯れてしまうこともあります。梅雨の季節も苦手で枯れてしまいます。葉は長細い円形で光沢があるのが特徴です。花びらは1枚が5つに分かれている形で5枚に見えますが、実際はちがいます。

トレニア

  • トレニアは熱帯地域原産なので生育適温が15℃~30℃で暑さに強く、夏から秋の花壇に適した開花期の長い一年草です。生育が旺盛で草丈20~30cmにこんもり茂るような姿になります。花色は白地に桃色や青地に紫などの覆輪が美しく、他に黄色やローズ色もあります。花形はゴマノハグサ科特有の唇形で花色が野生のスミレに似ていることから別名にナツスミレ(夏菫)やハナウリクサ(花瓜草)といわれています。夏の多湿にも強く育てやすいですが極端な乾燥は嫌います。横に広がって生長するので花壇の縁取りやハンギングバスケットに適しています。

 

パンジー・ビオラ・ヒューケラなど

パンジー・ビオラ・ヒューケラなど

▼植物の詳細はこちら

パンジー

  • パンジーは春に咲く一年草。最近ではパンジーの流通は10月ごろから始まるため、上手に育てれば半年以上も開花しています。寄せ植え、花壇など、いろいろな用途で春の園芸には欠かせない草花のひとつです。

    パンジーはビオラと間違われることが多いですが、見た目の大きさで判断出来ます。パンジーは花が小輪から大輪まで。小輪は4cm~5cm、中輪は5cm~7cm、大輪は7cm~10cm。10cm以上のものも存在します。

    現在は品種改良が進み、何百種ものパンジーが存在していて、毎年新品種が出ています。色合いも豊富ですが、咲き方もフリル咲きなど、変わったパンジーも流通するようになりました。

ビオラ

  • ビオラは開花期間がとても長く適切な手入れをすれば、次々と花が咲くので、初心者が大変育てやすい植物です。品種が豊富で、原色に近い黄色、鮮やかなオレンジ、薄い青から濃い紫、赤、白、黒等。単色の他、複色もあり、その数は数えきれません。毎年新品種が作りだされています。花の大きさは大まかに分けて2種類あります。花径は小輪で2~3cm、中輪で3~4cm。パンジーと比べて小ぶりなのがその特徴です。

ヒューケラ(ツボサンゴ)

  • ヒューケラは草丈20cm~50cm程度で葉が重なるように密に茂り、葉色のバリエーションが幅広く、カラーリーフプランツとして寄せ植えや花壇に用いられる近年人気の高い植物です。

    ヒューケラの特徴的な葉は直径3~10cmほどで葉色は赤、シルバー、オレンジ、緑、黄緑、黄、紫、黒や斑入りのものなど変化に富みます。花は原種のツボサンゴをはじめ園芸品種も美しく、すっと立ち上がった花茎から釣鐘型の小花を群れるように咲かせます。ヒューケラは花もちもよく約1カ月咲き続けるので切り花としても楽しめます。

    ヒューケラは耐陰性も強く、半日陰程度であれば問題なく開花します。カラーリーフだけでも楽しめますので、暗くなりがちなシェードガーデンに彩りと明るさを加えられます。

 

プリムラ・ガーデンシクラメン・ハボタンなど

プリムラ・ガーデンシクラメン・ハボタンなど

▼植物の詳細はこちら

プリムラジュリアン

  • プリムラ属は500種以上からなる非常に種類の多い属です。

    プリムラ ジュリアンは、数多くのプリムラとの交配の中で作られた品種です。プリムラ ポリアンサとよく一緒に説明されますが、もともとプリムラジュリアンは、サカタのタネがプリムラ ポリアンサとコーカサス地方原産のプリムラをもとに交配して1970年代にできたプリムラです。両者はほぼ同じですが、ジュリアンの系統の方が株や花、葉がコンパクトです。

    最近では従来の花型のサクラソウに似た花の形の他に、バラ咲きのフリルが可愛い品種もあります。またもともと色数が豊富なプリムラ ジュリアンでしたが、シックな色や微妙な色合いの種も登場して、ますますバリエーションが増えています。

ガーデンシクラメン

  • ガーデンシクラメンとは名前からもわかるように、シクラメンを品種改良した品種です。シクラメンは冬に室内で楽しむ鉢花の代表ですが、一方ガーデンシクラメンは、耐寒性があり寒い冬も屋外で楽しむことができます。寄せ植えなどに使う冬のガーデニング植物の定番として良く用いられます。

    寒さに弱いシクラメンのウィークポイントを克服するため、ミニシクラメンの中から特に耐寒性の強い系統を選抜し、冬に屋外でも育てられるように改良されたものがガーデンシクラメンです。冬から春にかけて次々に花を咲かせ、花の少ない時期のお庭を明るく盛り上げてくれます。花の色はシクラメンとほぼ変わらず赤や白、ピンクなどがあります。花形もバリエーションが豊富で、選ぶ楽しみが広がっています。

ハボタン(葉牡丹)

  • 葉牡丹は冬の殺風景な景色を彩るアブラナ科の植物です。ヨーロッパから輸入された当時は食用として出回っていましたが、現在では観賞用として栽培されるのが一般的です。見た目、形はキャベツを連想させる造りになっています。キャベツから葉牡丹へ品種改良された為、この様な形になっていると言われています。葉は円形状で幾重にも重なっていて、ふちをギザギザや丸でかたどっています。色は外側が緑、内側が白もしくは紫で構成されています。牡丹のようにも見えることから「葉牡丹」と名付けられました。また、葉牡丹の茎はグングンと成長し、種類によっては100㎝を超すものまで。伸びすぎた茎は支柱が必要になります。

 

いかがでしたか?

ハンギングバスケットなら、吊るしたり壁に掛けたりするので狭いスペースでも有効活用できそうですね。

 

▼鉢の種類についてはこちら

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「ハンギングバスケットを使った寄せ植えのコツ」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ